柴又女子大生放火殺人事件は今!?未解決事件の詳細と考察

事件
 

柴又女子大生放火殺人事件の詳細と考察

1996.9.9 柴又女子大生放火殺人事件は白昼の犯行だった!

小林J子さん(当時21歳)は「男はつらいよ」の舞台の柴又に住む上智大生で、アメリカに留学することが決まっていた。

彼女の命が、出立の2日前に絶たれてしまった・・・それが柴又女子大生放火殺人事件である。

>>大島てる

その日彼女は独りで留守番し、旅立つ準備をしていた。

午後3:50頃にパートに出かける母親に声をかけたのが、母親が見た彼女の最後の姿となった。

犯人はJ子さんが一人になったタイミングで彼女の家に押し入り 刃物で襲い、家に火を放って逃走した。

午後3:50に母親がカギを締めずに出かけ、午後4:30に小林家は炎上。

午後4:39に異変に気付いた隣家が119番通報。

午後6:00に鎮火し、消防署員が2階の6畳間でJ子さんを発見。

J子さんは2階の両親の寝室に寝かされ、着衣に乱れはなかったが 両手を粘着テープで縛られ、両足はストッキングで縛られ、布団をかけられた状態だったという。首には刺し傷があった。

凶器は8センチ×3センチほどの小型ナイフだが、現場からは見つからなかった。

J子さんの喉からはすすが検出されなかったことから 犯人は彼女を殺害後に放火したとみられている。
 
 
スポンサーリンク



 
 

柴又女子大生放火殺人事件の犯行動機は金銭目的でも暴行でもない!?

家が消失することで、犯人の遺留品も焼失したり、水で流されてしまっている。

ただ、現金やトラベラーズチェックやクレジットカードは盗まれていなかったために、金銭目的ではなかったことははっきりしていた。

またJ子さんが性的暴行を受けていなかったため、暴行が目的での犯行でもなかったことはうかがえたのだ。

また、火事が起こったのが午後4時すぎの、人目に付きやすい時間帯だったことから、犯人はJ子さんが一人で在宅していることを知っている人物である可能性が高いと思われた。

ということは、はじめからJ子さんを狙った犯行であると考えられる。

J子さんを刃物で襲った後に手足を縛っているのは 彼女が万一蘇生することを犯人が恐れたためではないかという解釈もできる。

布団をかけていたのは罪悪感の表れとも取れるが、犯行後に罪悪感を感じるのは、犯人が彼女をよく知っていた可能性も考えられる。

柴又女子大生放火殺人事件の犯行動機は怨恨ではない!?

警察は小林J子さんの交友関係を徹底的に洗い出した。

事情聴取を受けたJ子さんの友人・知人はのべ1000人以上いたが、その中に彼女に恨みを持つ人物は見当たらなかった。

J子さんは真面目で快活な人だったことから、他人から恨みを買うような節がなかったという。

ということは、犯行動機は怨恨ではなく、愛情ではなかったか!?

愛と憎しみは表裏一体なので、一方的に好意を寄せた第三者の思いが憎しみや殺意に変わることはあり得る話である。

例えばストーカーなどは、その典型だろう。

もし犯人が小林J子さんに一方的に好意を寄せるストーカーであれば、留学を阻止するために彼女に手をかけてしまうということも考えられなくもない。

もしそれがストーカー殺人であったならば、いくら彼女の交友関係を洗っても無駄かもしれない。
 
 
スポンサーリンク



 
 

柴又女子大生放火殺人事件の有力な証拠は「からげ結び」

物証が乏しい中でも、犯人は事件解決につながるヒントを残していた。

それはJ子さんの足を縛っていたストッキングの結び方だ。

「からげ結び」という特殊な結び方で、J子さんは足を縛られていたのだ。

からげ結びというのは和服の着付けや、造園業、土木業で用いられる特殊な結び方である。

殺害現場でその結び方が使われていたことから、それらの分野に関わりがある人物が犯人だと思われる。

また、現場に残されたマッチ箱の残留物から家族以外のDNAが発見されている。

犯行に使われた粘着テープには数種類の犬の毛が付着していることから、犯人は複数の犬と接する環境にあったのではないかと推測されている。

犯人は粘着テープを持参していることから、計画的犯行の可能性も大いに考えられる。

さらに 現場付近では不審な男が目撃されている。

元捜査関係者
事件の3日くらい前に、中年男性が被害者宅の近くの家に入り込んで追い返されるトラブルが発生していた。この男性は別の家の前で、ライターをいじる姿も目撃されている。

また事件当日、出火したと思われる午後4時半頃、激しく雨が降る中を傘もささないで、被害者宅近くから柴又駅方面へ走り去った20代後半から30代全般の男性を見たという情報もあった

これらの情報が捜査本部に寄せられたが、これらの人物も未だ特定できていない。

捜査は暗礁に乗り上げ、いたずらに時は過ぎゆき、いつのまにか時効成立期限が間近に迫っていた。

父親の執念の時効廃止。警視庁は捜査特別報奨金制度対象事件に指定

小林J子さんの父親、小林賢二さんは 娘の事件が時効になることを許さなかった。

彼は他の犯罪被害者遺族と連絡を取り、2009年に「宙の会(そらのかい)」を立ち上げ、その代表幹事に就任し、凶悪事件の時効撤廃を求める署名活動に乗り出したのだった。

彼らの努力が実り、2010.4.27 殺人の時効を廃止する法案が国会で可決され、異例の即日施行となった。

時効はストップした!けれどこれで娘の無念が晴れたわけではない。

柴又女子大生放火殺人事件には800万円の懸賞金がかけられ、犯人逮捕に結びつく情報提供を求めている。

 
 
スポンサーリンク


        [via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼     



名取市 殺人 昆布谷治