世田谷一家四人殺害事件【上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件 】

2000年12月31日午前11時頃、宮澤みきおさん(当時44歳・世田谷区上祖師谷)の住宅で 一家四人が殺害されているとの110番通報があった。

世田谷一家四人殺害事件via:警視庁HP
 
 
宮澤みきおさんの家は、妻・泰子さん(41歳) 長女・にいなちゃん(8歳) 長男・礼君(6歳)の4人家族だった。

宮澤みきおさん宅のある一角は隣接する都立祖師谷公園の拡張予定地で、周りは整備工事が進んですでに転居した家が多く、宮澤さん宅など3軒が残っているだけだった。

その中の1軒が宮澤泰子さんの母親の家で、母親が事件の第一発見者となっている。

2000年12月31日午前11時前、母親は宮澤さん宅に何度も電話をしたが誰も出ないため、留守のはずはないのに…と不審に思い訪ねてみると、一家四人が変わり果てた姿になっているのを発見。

司法解剖による死因は、宮澤夫妻と長女の三人は刺殺で、長男は窒息死だった。

犯行時間は12月30日午後11時半過ぎとみられたが、これは同時刻に近所の人が宮澤さん宅からの大きな音を聞いていたことからも推定されている。

現場検証では、2階の台所で血のついた二本の柳場包丁が見つかった。

1本は宮澤さんのもの。

もう1本は新品で刃が折れており、これは犯人が持ち込んだものとみられ、犯行中に破損したため、宮澤さんの包丁を使って凶行に及んだと推測された。

そして室内や廊下には、テニスシューズの靴あとが残っていた。

部屋の壁や手すり、冷蔵庫には、血のついた手で触った無数のあとがあった。

2階の居間には、血液型A型の汗がついたトレーナーの上着がたたんであり、その上に黒の帽子とマフラーが置いてあった。

宮澤さん一家にはA型の人はいないので、それらは犯人のものと断定された。

トレーナーには血がついていなかったので、犯人が犯行前に脱いでたたんだものだと思われた。

綿製、Lサイズ、身長175~180センチのもので、有名男優がテレビドラマで着ていたものと同じものである。

世田谷一家4人殺害事件

トレーナーは、発売から事件当日までに全国で130着、うち都内では八王子、聖蹟桜ヶ丘、荻窪、青戸で合計10着しか販売されていない。

うち1着は購入者が判明しているが、その他9着はわかっていない。

>>詳しくはこちら(警視庁HP)

A型の血の手形も見つかり、犯人は右手に傷を負っているものと思われた。
 
 
スポンサーリンク


世田谷一家四人殺害事件で最大の謎は犯行の動機である。

犯人が物色した形跡は、夫婦が普段生活している2階部分に集中していた。

財布には小銭だけが残っていて、紙幣は犯人が抜き取ったものと思われたので、初動捜査のときは物取りの線も浮上した。

しかし預金通帳やキャッシュカードなどは手つかず。

なぜか仕事関係の書類が床や風呂場に散乱していたという。

夫のみきおさんは外資系コンサルタント会社勤務。

妻の泰子さんは自宅1階で週2回、学習塾を開いていた。

夫婦とも仕事を持っていたので、犯人は仕事上の書類を奪う目的があったのではないかという見方もされた。

さらに幼い子供たちまで皆殺しにした残虐さから、一家に対して強烈な怨恨や憎悪があったのではないかという見方もされた。

一家を知る友人知人たちは、夫婦とも温厚な人柄で、誰かの恨みを買うとは思えないと証言しているが、逆恨みということもある。

年末ぎりぎりの犯行だったため、犯人は年内、または20世紀のうちに決着をつけたいと切迫した思いで凶行に挑んだのではないかという見方もされた。

犯人像は、◆身長175センチ以上 ◆胴回り約83センチ ◆靴のサイズ28センチ ◆10代半ば~30代の男 ◆右利き ◆血液型がA型 ◆指紋に前科・前歴なし
 
犯人は公園に面した浴室の窓から侵入している。

中2階の子供部屋で寝ていた長男を絞殺し、異変に気づいたみきおさんを持参した柳場包丁で刺殺。

その後に泰子さんと長女を 宮澤家にあった包丁を使って刺殺していて、この2人は死後にも刺されていたことが判明している。

そして仕事関係の書類を撒き散らした。

犯人は犯行後に冷蔵庫を漁り、ペットボトルの麦茶を飲み、アイスを食べ、パソコンをいじったりしていた。

犯人はパソコンでいくつかのサイトを見ていたが、劇団四季のチケットを予約しようとしていた形跡まであったという。

4人を殺した後に平然とアイスとかを食べていられる・・・犯人はいったい何者なんだろう?

そして奇妙なことに、事件から100日ほどたってから、宮澤さん宅から50メートルほどのところに石地蔵が置かれた。

これを誰が置いたのかも未だに不明である。

成城署捜査本部が公表した犯人像のプロファイリング
■性別:男  ■年齢:1965~1985年生まれ  ■血液型:A型  ■体格:身長は175センチ前後。胴回り83センチ前後(犯行当時は細身)

■職業:印刷工業者の可能性がある。遺留品から粉末の3種の蛍光染料が検出された。

■性格:残忍で大胆。図太い。文化の異なる外国人の可能性もある。精神的に不安定な若者。自宅で鳥を飼育していた可能性がある。

■犯人の血液中のミトコンドリアDNAを人類学的に分類したところ、母系はアドリア海沿岸に住む欧州人、父系は日本を含むアジア人。すなわちハーフの可能性がある。

■フランスのギ・ラロッシュ社製の香水「ドラッカーノワール」の愛用者。

■血液鑑定から抗精神病薬、覚醒剤などの薬物反応はなし。またアルコール、タバコの嗜好者ではないことも判明。

■漢字を識別できる言語能力がある。

■パソコンを未熟ながら操作する知識がある。

■土地勘があり、現場近辺の居住者、スケートボード愛好者の可能性がある。

■生活環境は外泊に無関心な家庭か、単身居住者。事件当時、経済的に困窮していた。

■本人か周囲に渡航歴がある。
via:真犯人に告ぐ!

 
 

2017年8月現在、世田谷一家4人殺害事件には、2000万円の懸賞金がかけられている。
(捜査特別報奨金上限額 300万円+上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件の捜査に協力する会 懸賞金上限額 1,700万円)

警視庁は現在もこの未解決事件の情報提供を呼びかけています。

この事件に関する正確で詳細な情報は、警視庁ホームページを確認してください。

 
 
スポンサーリンク


 



世田谷一家殺人事件