当サイトにはアフィリエイト広告が含まれます
PR

セキセイインコの卵管脱緊急手術で発情抑制を決意した体験談

セキセイインコの飼い主の寄稿です

私のセキセイインコ(すずめ)は
現在5歳のメスです。

インコを飼うのが初めてで
知識も準備も足りておらず、

基本的には自由に過ごさせ、
甘やかして育てていました。

セキセイインコの卵管脱緊急手術で発情抑制を決意した体験談

セキセイインコの発情抑制

画像はイメージです

最初の異変は、
すずめが1歳になった頃。

見たことのない表情と
ポーズで固まっていたのです。

シャチホコポーズと呼ばれるそれは
インコの発情のサインで、
すずめは初産卵で6個を産みました。

その後もすずめは年間通して
発情と産卵を繰り返しました。

セキセイインコが1歳でシャチホコポーズ!過剰産卵を繰り返すようになって

セキセイインコの発情抑制

次第に産む卵の数が
10個前後に増えていき、

心配になった私は
動物病院に相談しました。

過発情・過剰産卵の予防として
獣医からアドバイスされたことは、
発情対象を近づけないこと
適度なストレスを与えること
…でした。

セキセイインコの発情抑制

セキセイインコの発情対象は
人であったり物であったり
色々です。

私のセキセイインコの発情対象は
私だったので、

発情の兆候がみられたら
家族にお世話を変わってもらうことにしました。

これは発情の兆候がみられてからの対処でも遅くない
と獣医から言われましたが、

すずめは気性が荒くて
私以外の人間には攻撃的なので、
我が家ではその方法では
うまくいきませんでした。

セキセイインコの発情抑制

適度なストレスとは、具体的には
食事制限、ケージ内の模様替えや
移動でした。

安心して産卵できる、
落ち着く環境を作らないことで
発情が抑えられるというので

自分の力だけでできる
こちらの対策を
進めることにしました。

セキセイインコの発情抑制

食事制限については
それまで全くしておらず、

インコの体重も
把握していませんでした。

発情させないためには
少し空腹くらいでいるのがいい
とのこと。

セキセイインコの発情抑制

すずめは平均より重めの
42グラムだったので、

獣医の指導の元、
セキセイインコの平均体重である
30グラム代まで体重を落とすことを
目標にしました。

餌を餌箱に入れたままにせず、
朝と夕方に時間を決めて
与えることから始め、

毎朝の体重測定や
ケージ内の模様替えも
同時に行いました。

長生きを選ぶか自由を選ぶか?究極の選択を迫られたが…

セキセイインコの発情抑制

セキセイインコの飼育法を
変えてみたものの、

すぐには体重も変わらなければ
発情も抑制できず、

獣医からぴしゃりと言われました。

長生きしてもらうことを取るか、自由に生きてもらうことを取るかは飼い主次第。

セキセイインコの発情抑制

このときはまだ
過発情・過剰産卵を抑えるために

ストレスのある生活を送らせることに
私の中には罪悪感と迷いがありました。

獣医はそれを見抜いていたのだと
思います。




セキセイインコの卵管脱を目の当たりにして卒倒し…【閲覧注意】

セキセイインコの発情抑制

インコにストレスを与えることに対する
罪悪感をなかなかぬぐえなかった私は

どうしても強硬な対策は取れず、
中途半端なことを続けていました。

そんな私の意識が大きく変わったのは、
すずめが卵管脱になってしまってからでした。

ケージ周りの環境を変えたことで
発情期がやってくるペースは
ほんの少し落ちたものの、

過発情と過剰産卵が続いたことで
卵管に炎症が残っていたことから

すずめのおしりから卵管が
飛び出てきてしまったのです。

深夜に飛び出た卵管を見て卒倒してしまい…

セキセイインコの発情抑制

卵管脱になっても、すずめ自身に
衰弱している様子では見られませんでした。

しかし臓器が出てきたのを見て卒倒した私は
初めてリアルに「すずめが死んでしまう!」
と思いました。

それがよりにもよって
深夜の出来事。

当然かかりつけの動物病院も
閉まっていたため、

必死で夜間診療をしている
動物病院を探しました。

どこを当たっても「鳥の専門医がいない」
と言われたのですが、

ある動物病院1軒だけが
診てくれると言ってくれたので

そこで飛び込みで緊急手術を
してもらうことになりました。

卵管脱で深夜の緊急手術に立ち会って

セキセイインコの発情抑制

深夜に先生一人の対応だったため、
私が助手として手術に立ち会って
セキセイインコを保定せざるを得ませんでした。

あの時、自分の手の震えを抑えるのに
必死だったことをありありと思い出します。

私の手の中で処置をされるすずめを見ながら

もう絶対に、すずめをこんな目に遭わせたくない!!

…と強く思いました。




セキセイインコの発情抑制に食事制限を厳しく行うことを固く決意!

セキセイインコの発情抑制

もう絶対にすずめを発情させない!
と心に誓った私は、
改めて今後について考えました。

そして今までやり方が甘かった食事制限を
より厳しくすることにしました。

方法としては、
朝と夕方に時間を決めて
餌をあげるというのはそのままに、

量を5グラムきっちりと
計量することにしました。

朝、シードを計ってケージに入れ、
ある程度食べたら餌箱を取り出し、

殻を取り除き、
残りを夕方に与えます。

セキセイインコの発情抑制

気の強いすずめは
厳しい食事制限に対して
大暴れして抗議していましたが、

私は心を鬼にして
この方針を徹底すると
決めていました。

するとほどなくして食事制限の効果が見え始め、
42gあった体重が36グラムまで落とせたのです。

セキセイインコの発情抑制

もともとが大柄なインコなので
平均体重まで落としただけでも
十分な発情抑制にはなったようです。

完全に発情抑制できているわけでは
ないのかもしれませんが、

その後は産卵の回数も個数も
明らかに激減しました。




愛鳥を守る「覚悟」に到達するまでに反省すべきこと

セキセイインコの発情抑制

これまでの経験からの
私の反省点は3つあります。

予め鳥の専門医がいる病院を調べていなかったこと
夜間診療をしている病院を調べていなかったこと
「愛鳥の命を守る」覚悟が足りなかったこと

インコのように
身体の小さな生き物は、
本当にちょっとしたことでも
簡単に命を落としてしまうので
素早い判断と素早い対応が必要です。

セキセイインコの発情抑制

すずめは体力があったので
頑張ってくれましたが、

あの時は命を落としていても
おかしくない状況でした。

卵管脱は脱出して時間がたって来院すると卵管脱は戻せても死亡する場合はあります。しかしいつから脱出したか正確にわからないのも実情です。
引用元:オダガワ動物病院

愛鳥の命を守る「覚悟」を決めなければ始まらない

セキセイインコの発情抑制

緊急時に素早く動けるよう、
最低限でも動物病院の情報は
事前に持っていなければいけなかった
…と猛省しました。

「インコの命を守る覚悟が足りなかった」
…これが最も軽率だったことです。

セキセイインコの発情抑制

産卵は自然のことだから、そんなに重大なことにはならないだろう

…とどこかで簡単に考えたいと
思い込んでいた甘さが、
自分の中にはあったのです。

人間だって一度の出産で
命を落とすことがあります。

それは鳥だって同じことで、

不要な産卵を繰り返すことが、どれだけセキセイインコの身体に負担をかけるのか…

これをもっと真剣に
考えるべきでした。

毎日の体重測定を欠かさず適性体重のキープを目指す

セキセイインコの発情抑制

毎日の体重測定で適正体重をキープし、健康を管理する。

これはインコを飼ったその日から、
当たり前にしていなければ
いけないことでした。

少しの変化に
気がつくためにも、

飼い主として
最低限の責任と義務です。

そういった意識が最初から私にもあれば、
すずめにあんなにつらい経験をさせずに
済んだのだと後悔しています。

やると決めた健康管理はきっちり継続する

セキセイインコの発情抑制

愛情はたっぷりとそそぎながら、
長生きしてもらうための健康管理は
常に「厳しく」行う必要があります。

セキセイインコを甘やかすことは飼い主の独りよがりであり、自分本位でしかない

そう自覚させられた出来事でした。

今は愛鳥が少しでも長生きしてくれるように
強く願い続けながら
日々のお世話を楽しんでいます。




インコ本のおすすめ 
インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。
 


ペットの室内の悩みに最適な空気清浄機 

インコ飼育
オレンジログ