サザナミインコがかわいい!運命の出会いと不思議ちゃんインコの魅力

サザナミインコの飼い主さんの寄稿です

ぴよちゃんは14年間ずっと私のそばにいてくれたサザナミインコです。

その間、2回の入院、1回の手術、10数回の通院をしましたが、それ以外のほとんどの時間を健やかに生きてくれました。

自分で育てた小鳥は初めてだった未熟な飼い主の私には、本当に「よくできた子ども」だったぴよちゃん。

かけがえのない大切な家族であり、煩わしい日常の中で落ち込みそうになった時に自分を保つ「万能精神安定剤」のような存在でもありました。

サザナミインコがかわいい!運命の出会いと不思議ちゃんインコの魅力

サザナミインコがかわいい

私は以前から小鳥を買いたいと思っていました。

でもその度に自分の生活スタイルや仕事の状況を考えてお迎えを見送っていたのですが、

今なら…今の自分なら、小鳥をお迎え出来るのではないか?

確信めいたモノがストンと自分の中に落ちてきたあの日から、私の愛鳥探しの旅が始まりました。

そんな折、運命の出会いがあったのです。

なに?このかわいい生き物は!

黒いクリクリのつぶらなおメメ。

うつむき加減のずんぐりとした体型。

初めて見たサザナミインコのかわいい姿に私は衝撃を受けました。

サザナミインコがかわいい!ひとめ惚れしたその日からサザナミインコ探しの旅が始まった

サザナミインコがかわいい

サザナミインコに出会う少し前、私は愛読している料理研究家の行正り香さんの本に度々登場するペットのコザクラインコに惹かれていたのです。

コザクラインコについて調べているうちに…偶然にも出会ってしまったのです、サザナミインコに!

見た瞬間に目が釘付けになり、完全に心奪われてしまい、

この子をお迎えしたい!

その日から私のサザナミインコを探す旅が始まりました。

当時はレアだったサザナミインコを探し続けて…

サザナミインコがかわいい

サザナミインコのお迎えを決めたものの、その当時(15年ほど前)大きなペットショップをいくつ回っても、サザナミインコをおいているショップはありませんでした。

某有名なインコ専門店に問い合わせてみたところ

今、お渡し出来るサザナミインコはいません。予約は受け付けているが、入荷後に一人餌まで預かるサービスはしていないので、雛の状態でのお渡しになります。

…と言われ、フルタイム勤務の私はサザナミインコのお迎えを諦めるしかありませんでした。

サザナミインコがかわいい

ところが数ヶ月が過ぎた頃、サザナミインコを自家繁殖しているショップを見つけたのです。

当時そのショップにはすぐにお迎えできる雛はいませんでしたが、ほどなくして雛が生まれたとのお知らせがホームページにアップされ始め、ついにお目当てだったノーマルグリーンのサザナミインコ雛の販売のお知らせが…!

すぐ問い合わせをしたところ

一人餌になったばかりのノーマルグリーンの子がいますよ。

…と言われ、週末に必ず伺うので押さえておいて欲しい!とその場でお願いしました。

サザナミインコをお迎えできないかもと何度か諦めかけていたのに、それでも探し続けたサザナミインコにやっと会える!こんな幸運があるなんて!




サザナミインコとの忘れられない初対面!おっとりのんびり雛がかわいすぎた!

サザナミインコがかわいい

週末に友人に車を出してもらい、はやる気持ちをを押さえながら、私は1時間以上かかるそのショップに向かいました。

対応してくれたショップのお姉さんはとても優しく感じのよい人で「では、連れてきますね」と奥に行き、戻ってきたその手には小さなプラケースが…そしてその中にはモゾモゾ動いている小さいグリーンのモフモフが!

やっと会えた!と思うと同時に

かわいすぎる~!!!

初めて生で目にしたサザナミインコの雛は、ネット画像で見るより はるかに何倍もかわいかったのです。

その愛らしさに完全にノックアウトされている私に、お姉さんは

手に乗せてみますか?
えっ?(まだ契約してないのにいいのかな?お迎えするつもりではいるけれど…)いいんですか?
ええ、おとなしいから大丈夫ですよ。
サザナミインコがかわいい

もうお迎えするつもりだからいいかな…

両手で包むように抱っこしてあげて下さいね。

そう言いながら、お姉さんはサザナミインコの雛を私の手の中にそっと置いてくれました。

サザナミインコがかわいい

驚いたことに、初対面の私の手の中に収まった小さいサザナミインコの雛は、そのまま動きません。

そしてそこがずっと自分の居場所でもあったかのように、私の手の中でゆっくり呼吸していることを示すように背中をわずかに上下させるだけです。

よかったら、そのまま抱っこしていて下さいね。

…と言われ、お姉さんはそのままお迎えについての話を始めました。

その途中に常連さんらしき人が来たので

私は大丈夫なので、どうぞ対応して下さい。

…と説明に中断もあったりしながら 結局30分近くお話をしましたが、その間もサザナミインコの雛はずっと私の手の中でじっとしていました。

私はそんな雛の姿に驚きつつとても愛しく感じたことを、昨日のことのように思い出します。

15年以上経った今でも、あの時のぴよちゃんの重さと温かさを、私の手は鮮明に覚えています。

これからもずーっと忘れることのない、ぴよちゃんとの初対面の幸せな思い出のひとこまです。




サザナミインコのお迎え後も驚きの連続!不思議ちゃんインコの魅力にとりつかれて

サザナミインコがかわいい

サザナミインコとの初対面からお迎えまで1週間、ぴよちゃんをショップでお世話してもらうことになりました。

しっかり一人餌になってから我が家にお迎えすることにしたからです。

移動の車中でもりもり餌を食べるサザナミインコの大物ぶりにびっくり!

サザナミインコがかわいい

お迎え当日に小さい箱に入れられ、車で揺られているぴよちゃんは、怖がってじっとしているかと思いきや…。

そっと箱の隙間から中を覗くと、箱の中でガサガサと動き回り、シードをもりもり食べている!

まずここで大物ぶりの片鱗を見せつけてくれました。

我が家に到着して、ペットショップでいただいてきた それまで過ごしていたプラケースにすぐ移してあげたのですが、ぴよちゃんは見たことのない新しい環境や環境の変化にビビることもなく、何もなかったかのように普通にご飯を食べていました。

ずいぶん後になって知ったのですが、鳥飼いさんは我が家に小鳥をお迎えした時、まず箱の蓋を開けて雛が自分で出てくるのをひたすら待つものだとか…。

サザナミインコをお迎えして驚いたことはたくさんありますが、お迎え初日の大物ぶりは私の中では「ぴよちゃんビックリランキング」のトップ3に入るものでした。

サザナミインコのウワサの溜めフンにしばし絶句(笑)

サザナミインコがかわいい

これも後で知ったことですが、初めての放鳥はインコが新しい場所に慣れた2~3日後くらいに様子を見ながら…というのが好ましいのだそうです。

そんなこととは知らず、お迎えした翌朝に早速放鳥しようと思った私がぴよちゃんを両手で包んでケースから出した途端、手のひらに何か温かいものが…

そしてそこにはキレイな白と草色の大きな物体が…

サザナミインコの溜めフンが大きいことは聞いていたけど…まさかここまでとは!!

…としばし絶句。

サザナミインコがかわいい

その後にケージデビューしてからしばらくは、私の手のひらに乗ってケージから出ていたぴよちゃんは、私の手が動きを止めるタイミングを見計らい、毎回大きな「プー」を私の手のひらにしていました。

ぴよちゃんは成鳥になってからは溜めフンを朝・晩2回していましたが、若鳥の頃は朝1回だけでした。

しかもフンをする時は「う〜ん!」という感じでお尻を下にさげていたすのです。

その様子のかわいいことといったら!

不思議ちゃんインコ「サザナミインコ」の生態がどれをとってもかわいすぎる!

サザナミインコがかわいい

ぴよちゃんは ある時は突然ピタッと動きを止めて天井を見つめていたり。

またある時は無言でケージの天井にぶら下がって固まっていたり。

まるで何かの特訓でもあるかのように必死な顔つきでブランコに乗っていたり。

子どもの頃に見たセキセイインコと大きさはさほど変わらないのに、何もかもがまるで違うサザナミインコの魅力に、私はどっぷりハマっていきました。

そして小さなインコのぴよちゃんがやってきた私の部屋は、とても明るいパワーで満ちているように感じました。

サザナミインコがかわいい

サザナミインコの魅力は、

前のめりにうなだれているような、ちょっと哀愁も感じさせるその姿勢。
のっそりとした動き
「クイクイ」という独特な鳴き声
大きなクリクリのおメメ
思わず微笑んでしまう不思議な動作

…など数え出すとキリがありませんが、最大の魅力は、共に暮らす=愛情を注いでお世話する飼い主にたくさんの幸せをくれることでしょう。

そんな不思議ちゃんインコのぴよちゃんをお迎えしてから「どんなに仕事で遅くなっても、朝晩2回の放鳥は欠かさない!」というルールの下、私の日常は慌ただしくもとても充実したものになりました。




YouTubeからピックアップしたサザナミインコの鳴き声とドラえもんの歌【おまけ】




子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。