鳥取の砂丘らっきょう通販!シャリシャリ歯切れ最高色白らっきょう漬け

鳥取砂丘。日本海沿岸に、南北2キロメートル、東西16キロメートル、日本最大の砂丘が続いています。
 


 
日本海から吹く風が強いため、農作物が育たない荒れ地だった鳥取砂丘でしたが、らっきょうの栽培に成功したことで、現在はその一大生産地として有名になりました。

らっきょうは炎天下の8月に植え付けられ、10月に赤紫の花が咲き誇り、日本海の寒風を受けながら実を結び、翌年の梅雨時期に収穫されます。


 
砂丘は地表面の温度が真夏60℃以上、冬は0℃以下になるそうですが、そんな過酷な条件が、かえって砂丘ラッキョウをおいしくしているのだそうです。


 
鳥取砂丘のらっきょうは色白でうりざね顔の美人で、歯ざわりがシャリシャリとして、とてもおいしいことに定評があります。

ラッキョウは収穫されるとひと月ほど塩漬けにされます。その後に塩抜きをし、甘酢調味料に漬け込まれて2週間くらいで食べごろです。

血液サラサラ効果が期待できる健康効果が高いらっきょう。毎日5~6粒食べたいものです♪