連続企業爆破事件

片岡利明 益永利明 連続企業爆破事件

連続企業爆破事件(れんぞくきぎょうばくはじけん)とは東アジア反日武装戦線が旧財閥系企業、大手ゼネコン社屋・施設などに爆弾を設置し爆破した事件。

1974年8月から1975年5月にかけて、東アジア反日武装戦線は日本国家をアジア侵略の元凶とみなし、アジア侵略に加担しているとされた企業に対し断続的に爆破事件を起こした。

via:wikipedia

 


 
1974年8月30日、午後0時45分頃、東京・丸の内の三菱重工本社ビルで、玄関入り口のフラワーボックス脇に置かれていた2個の包みが突然爆発し、死者8人と400人もの重軽傷者が出た。

爆弾は、トラベルウォッチを時限装置に使った手製のダイナマイト爆弾だった。

その直後に「東アジア反日武装戦線・狼」の名で出された犯行声明から、事件は過激派グループによる爆弾テロだと判明した。

この事件後も「狼」グループは、後に参画してきた「大地の牙」「さそり」グループとともに、10月14日に東京・西新橋の三井物産本館ビルを爆破させ、重軽傷者12人を出した。

この事件は1974~75年に連続発生した11ヵ所に及ぶ企業爆破の発端であり、犯人は3つのテログループに分かれた10人だった。
 
 
1975年5月19日、警視庁は

「東アジア反日武装戦線・狼」のメンバーとして大道寺将司(27歳) 片岡利明(27歳) 大道寺あや子(26歳) 佐々木規夫(26歳) 荒井まり子(25歳) 

「大地の牙」として斎藤和(27歳) 浴田由紀子(24歳) 

「さそり」グループの 黒川芳正(28歳) の8人を一斉逮捕。

「さそり」の宇賀神寿一(23歳) 桐島聡(22歳) を指名手配した。
 
 
斎藤和は逮捕直後に隠し持っていた青酸カリで自殺した

同時逮捕の8人のうち6人が毒薬を持っていたことが後に判明した。

佐々木規夫は1975年8月4日のクアラルンプール米大使館人質占拠事件で、
大道寺あや子浴田由紀子は1977年9月28日の日航機ダッカ空港ハイジャック事件で日本赤軍に獄中から奪還され、国外脱出した。
 


 
大道寺将司片岡利明(現在は益永利明)には死刑が確定。

片岡利明死刑囚は東京拘置所に収監されているが、大道寺将司元死刑囚は2017年5月24日に病死した。享年68歳。

黒川芳正には無期懲役が確定。

荒井まり子には懲役8年が確定。

1982年7月逮捕の宇賀神寿一には懲役18年が確定。

1995年3月に、逃亡していた浴田由紀子がルーマニア潜伏中に身柄を拘束され日本に移送となり再逮捕、2004年5月に懲役20年が確定した。
  
  
スポンサーリンク


 



北海道庁爆破事件 大森勝久