本サイトには広告が含まれます
PR

ペットショップの売れ残りインコはどうなる?お店の裏側と店員の本音

ペットショップの売れ残りインコはどうなる?お店の裏側と店員の本音

ペットショップ店員の寄稿

ペットショップの売れ残りのインコはどうなるの!?

…と気になる方は多いのではないでしょうか。

ペットショップで約10年間インコの販売を行ってき私が、その裏側を紹介します。

ペットショップで売れ残ったインコは「殺処分される」「動物園の餌にされる」…等の噂がされているのを、ネット上で目にすることがあります。

ですが、安心してください。売れ残ったインコは殺処分されません。

インコには「売れ残り」なし!中雛・成鳥こそ需要がある

そもそもインコが売れ残ることがほとんどありません。

犬・猫の場合は生後2〜3ヶ月を過ぎて大きくなってくると飼い主が見つかりづらいですが、インコの場合は雛を卒業した中雛や成鳥こそ需要があります。

挿し餌をする時間がない、 おしゃべりを覚えさせたい、 繁殖させたい …これらの理由や需要があるので、鳥は中雛・成鳥になってからも売れていきます。

だからペットショップの鳥にはそもそも「売れ残った」「どうしよう」などの概念がありません。

家を留守にしがちな飼い主の場合、インコの雛に1日4回もの挿し餌をするのは難しいことから

挿し餌が終わった中雛を探している。

そんなお客さまが多いのです。

性別が分かりやすい生後半年以降のインコを望むお客さんは多い

繁殖が目的なので雌が欲しい、お喋りさせたいから雄がいい…などでは、性別の判断がつきやすい生後半年以降のインコを希望されます。

私のペットショップではインコ雛は5羽ずつ入荷していましたが、生後半年を迎える前に新しいお迎え先が見つかることがほとんどでした。

中雛・成鳥の需要も高い一方で「自分で挿し餌をして育てたい」そんなお客さまが多いからです。

こういう事情からインコは売れ残ることはほとんどなく、成鳥でもお迎え先が見つかるので、殺処分されることはまずありません。

ペットショップで病気になってしまったインコはどうなる?

ペットショップには多くのインコがいますが、中には体調が悪くなったり、病気になってしまうインコもいます。

インコが病気になってしまった場合はお店と提携している動物病院に連れていき治療をしてもらいます。

薬をもらえばスタッフ全員で情報を共有して対応に当たります。

インコが元気になったら再度病院に連れていき、 健康診断を受けた後に獣医師の販売許可がおりたら店頭に並ぶ…という流れになります。

体調不良歴のあるインコを販売するときは、 過去にどんな状態になってどんな薬を処方していたか…をお客さまにお伝えし、納得していただいた上での契約となります。

ペットショップで売れ残った(なかなかお迎え先が決まらない)インコはどうなる?

インコが売れ残ることはほとんどないと書きましたが、中にはなかなかお迎え先が決まらないインコもいました。

そういうインコの行方は次の5通りのどれかになります。
値下げして販売される
スタッフがお迎えする
店の看板インコになる
他店に移動する
里親を探す

値下げして販売される

ある程度成長しているインコは次の雛が入荷したタイミングで、定価よりも安く販売されることがあります。

私の経験上では 大抵のインコがこのタイミングで契約が決まっていました。

スタッフがお迎えする

先に誤解が生じないように書いておきますが「売れ残ったインコをスタッフが引き取らなければならない」…との企業ルールは存在しません。

怪我をしていたり食が細かったり体調を崩したことで売れ残ったインコは一時的に売り場を離れ、バックルームで隔離されてお世話されています。

スタッフに遊んでもらう機会が増えるので、休憩中も誰かしらの手や肩に乗っている状態ですから、たいていのインコは人間大好きになっていきます。

そんなふうに遊んでいるとインコに情が湧いてきてしまい、スタッフがそのままお迎えする…という流れはよくあるパターンです。

実は私が今まで飼育してきたインコもバックルーム出身でした。

店の看板インコになる

これは稀なケースなのですが、売れ残ったインコが店の看板インコとして活躍するケースがあります。

販売したあとに鳥アレルギーが判明して鳥を飼うことができなくなったお客さまの元からペットショップに出戻ったインコが過去にいました。

店にいる頃から人懐っこくてアイドル的存在だったため、その後はペットショップの店頭で看板インコとして活躍してくれました。

他店に移動する

ペットショップがチェーン店の場合、インコが他店に移動されることもあります。

私が勤務していた店舗では途中で生体販売が終了しましたが、このとき売れ残っていたインコたちは、他の店に移動して販売されました。

里親を探す

どうしても家族が見つからないインコは、里親になってくれる飼い主を探します。

ただし里親に出すときには、「タダでもらえるなら」との軽い気持ちで飼う人に譲らない見極めが必要です。

最期までインコをお世話してくれるお客さまなのか?をスタッフ同士で念入りに確認したうえで、里親になってくれるお客さまを決めていました。

インコがペットショップで売れ残ってしまっても殺処分されることはなく、そもそも売れ残るインコがほとんどいないのが現状ですので、

もし売れ残っていたインコが姿を消した場合は
新しい家族が見つかった
体調不良などでバックルームに下げられている
他店に移動した
…などのケースが考えられます。

これらは私が勤務していたペットショップでの話ですので他店ではまた状況は違うかもしれませんが、売れ残ったインコがどうなるのか気になっていた方には安心していただける話だったと思います。

コロナ禍のペットブームで飼育放棄!捨て鳥・捨てインコ激増問題にもの申す

ここからはyamakiの追記

コロナ禍のステイホームを機にペットを飼う家庭が増えて「にわかインコブーム」が起こりました。

インコのことを理解している人が飼うなら愛鳥家仲間が増えて喜ばしいことですが…にわかインコブームに乗せられて「かわいい!」だけで飼い始めたものの、結局はインコを飼いきれずに飼育放棄してしまうケースもたくさん起こっています。

鳥を「映え」目的の道具として手に入れ 使い捨てる飼い主が急増し…

犬猫だけに限らず鳥も同じで、捨て鳥・捨てインコが激増する事態となっています。

埼玉県戸田市にあるNPO法人小鳥レスキュー会の保護施設、500羽を超えるセキセイインコをはじめ、文鳥やアヒルなどの計約700羽が、代表理事の上中牧子さんやボランティアの手によって第二の人生を歩み始めている。

「ケガをして救助した野鳥やブリーダー崩壊で保護した鳥もいますが、多くは飼い主に捨てられた鳥たちです」と上中さんは言う。新型コロナによる自粛生活で家にいる時間が長くなって小鳥を迎えたものの、すぐに手放す飼い主も少なくない。

コロナ禍に入って保護する鳥の数は増えています。飼育放棄の理由は、仕事を失って生活に余裕がなくなったから、離婚して引っ越した先がペットの飼育禁止だから、飼ってはみたけどイメージと違ったからなど。イメージと違うというのは、手に乗るはずなのに乗らない、インコなのにしゃべらないといったことです。猫を飼ったから小鳥はいらなくなったという人もいました。」

美声で歌うオカメインコのSNS投稿動画に惹かれてオカメインコを飼ったものの、“歌わないからSNSで使えない”と文句を言う人もいました」 鳥を“映え目的”の道具として手に入れ、使い捨てる飼い主が急増しているのだ。

小鳥が多く捨てられる理由として、犬や猫に比べて販売価格が安い点も挙げられると上中さんは指摘する。「ペットショップでは子どものお小遣いでも購入できる、数千円という金額で文鳥やセキセイインコが売られています。気軽に買えますが、病気になったときの医療費は決して安くありません。 実際に“治療に8万円かかると動物病院で言われたから、健康な小鳥を購入しなおす”と言って、当施設に病気の小鳥を連れてきた飼い主もいました」

小鳥とはいえ、近年は15年近く生きるセキセイインコもめずらしくなく、オカメインコの寿命は犬や猫よりも長く、20~30年だ。コロナ禍でのライフスタイルの変化やSNSの影響など、人間の都合だけで安易に飼い始めたりしないで、鳥たちの理想的な家族に自分がなれるか、よく考えたい。
引用元:週刊女性プライム

「イメージと違う」とか映えばえ目的とか…冷血飼い主のバケの皮がはがれる前に、鳥の方がそれを見透かしているんですよ。

だから飼い主になつかない → バカ飼い主は「イメージと違う」と言って鳥を捨てる。

飼い主がインコを見限るよりも先に、インコの方が飼い主を見限っているんでしょうね(バカ飼い主より鳥の方が賢いからねw)

動物を捨てるのは犯罪!ってわかってて捨ててるんか!?

コロナ禍の捨て鳥・捨てインコがひとつの社会問題として週刊誌に取り上げられるレベルにまで発展している。つまり鳥を外に放って捨てている人が多いのでしょう。

ロストだと思って保護している迷いインコが、運よく良い人に救ってもらって幸せな第二の鳥人生を送っている「捨てインコ」の可能性も多分にあるでしょう。

ずいぶん昔、私が大型犬を飼っていたときには「この家の住人は犬好きだ」と思われたのか?玄関先に子犬を捨てられたこともありました。

鳥を鳥かごごと遺棄するケースもかなり多いです。いつの時代もこういう馬鹿者が一定数いる。生き物をゴミ捨て場に捨てるとかさ、ヒトの皮をかぶった悪魔だよ。

犬やねこを捨てたりすれば、罪になるのですか?
動物の愛護及び管理に関する法律違反となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。また、犬やねこ等の愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者は5年以下の懲役又は500万円以下の罰金に、虐待した者は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。(注意) 虐待とは、傷害に至らない程度の暴行を加える、給餌若しくは給水をやめる、適正を欠く飼養密度で飼養し衰弱させる、排泄物の堆積した施設等で飼養すること等を言います。
引用元:大阪府警

犬猫だけではなく鳥も含めたすべてのペット(愛玩動物)に関する規定の「動物愛護管理法」は度々改正を重ね、年々厳罰化が進んでいます。

コロナ禍のペットブームの裏側で激増している捨て鳥・捨てインコは許されざる行為!動物を捨てることは犯罪です。

ご縁があってお迎えしたペットは必ず最期まで責任をもってお世話してあげましょう。

命を粗末に扱うと、天罰が下るよ(爆)

ペットショップ店員の本音!こんなお客にはインコを売りたくない

ペットショップスタッフの寄稿

ペットショップにはインコを購入するために多くのお客さんが来店されますが、中には「この人にはインコを売りたくないな」…そんな人がいます。

第1位:インコ飼育に必要なものを買ってくれないお客さん

インコ飼育には必要な用品を揃えるのにお金がかかりますが

初期費用は1万〜2万円。インコは値段が安いから、すべて揃えてもあまりコストがかからないよな。

…と思っているお客さんも多く、いざ飼うインコが決まって飼育用品のご案内を始めると

予算がないので、それは要りません。

…と断られることもよくあります。

特にインコのヒナをお迎えする場合は保温ヒーターは必須アイテムですが、値段が高いために予算の都合で断られてしまうことが多くあります。

予算のことを気にする人は、この先インコが病気になったときに「診察料が高いから」という理由で病院に連れて行かないのではないか。

…との不安もよぎりますが、なすすべはありません。

第2位:インコを誕生日プレゼントにするお客さん

意外と多いのが、友達へのプレゼントとしてインコを買っていくお客さんです。

私はペットショップで働くまで「動物をプレゼントにする」発想がありませんでした。

子どもへのプレゼントとして、自分も一緒にお世話をする前提で親御さんが買うのならわかるのですが

友達にサプライズでプレゼントしたくて~♪

…というお客さんには売りたくないです。

インコの売買契約をするときは飼育方法や注意点をお伝えしたうえで、なにか不安に思う点はないか?を尋ね、安心して飼育が始められるように説明します。

しかしインコをプレゼントとして買いに来るお客さんは、新しい飼い主(友達)一緒に来店していません。とても不安に感じます。

第3位:そもそもインコに無関心で意味不明なお客さん

ほとんどのお客さんはインコを飼うとき、色や見た目だけでなく、その子がどんな性格なのかなど、数羽いるインコたちを見比べて時間をかけて慎重に1羽を選びます。

しかし中にはこれから迎えるインコに無関心なお客さんもいます。

私が接客したた中でいちばん驚いたのは

どれでもいいので、インコください。

…と声をかけられたことです。

正直なところ、こういうお客さんがインコに愛情を持ってお世話してくれるのか?疑問であり、不安です。

第4位:インコを飼うことを家族に反対されているお客さん

インコ飼育に反対している家族がいるのにインコを買いにくるお客さんも一定数います。

インコが餌を蒔き散らして周囲を汚したり、放鳥すれば糞をして部屋を汚すことも。

インコ飼育に反対する人が、これらの問題を受け入れてくれるのか?おそらくこれは喧嘩の火種となるでしょう。

第5位:人の話を聞かない・聞こうともしないお客さん

インコを飼うつもりで来店しているお客さんには、インコの飼い方を知らない人がほとんどです。

それでも契約時にしっかり説明を聞いて、飼育方法を理解してくれなら良いですが、話を聞いてくれない人も中にはいます。

それでもスタッフは最低限必要なことはお客さんに必ず伝えていますが、その後に問題が発生したときに

そんなことペットショップでは言われなかった!

…とクレームをつけられて困ることもあります。

ペットショップ店員の本音!こんなお客さんにインコを飼ってほしい

第1位:インコの飼育経験があるお客さん

初めてインコを飼う人でも大切に育ててくれる方は多いですが、インコの飼育経験がある人に飼ってもらえると、こちらも安心して販売することができます。

SNSなどでお喋りをしたり踊ったりするインコを見て、「かわいいから」と衝動的にインコを買いに来るお客さんは多いです。

そういう人は飼育方法も知らずに飼いはじめ、インコが思う通りにならないと「イメージしていた生活よりも大変!」をやっと理解して、挙句の果てに飼育放棄…が巷では増加しています。

飼育経験者はインコのかわいい一面だけでなく、お世話をするうえで大変なことも経験しているので「飼ってみたらイメージと違った!」と無責任に手放す可能性は限りなく低いです。

第2位:インコの飼育方法を事前に勉強してきているお客さん

「飼育方法は勉強してきました!」というお客さんに出会うとホッとします。

私の接客経験の中で最も印象深いのは、小学生の女の子が母親と一緒にインコを買いに来店したときのことです。

その女の子はずっとインコを飼いたくて飼育本を読んで勉強してきたそうです。挿し餌を作るときの温度まで完璧に理解していて、ここまでインコの飼い方をマスターしている小学生に出会うのも初めてでした。

このようなお客さんにお迎えしてもらえると「良かった!」と思います。

第3位:インコを大好きなお客さん

何度もペットショップに足を運んでいたり、インコとの接し方も上手なことがうかがえて「本当にインコが好きなんだろうな」と見てわかるお客さんにはぜひインコをお迎えしてほしいと思います。

もちろん好きなだけでは飼育はできませんが、このようなお客さんは飼育用品の準備はもちろん、飼育環境が整っている状態で来店することが多いです。

インコが可愛がってもらえそうなお客さんの元へ行くことが決まると、ホッと安心します。

第4位:インコ飼育について質問してくるお客さん

インコの契約が決まり、疑問点を質問してくるお客さんは

ちゃんと今後のインコがいる生活をイメージできているのだな。

…と思い、安心します。

初めてインコを飼うのに「なにか不安な点やわからない点などありますか?」と聞いても「大丈夫です」としか言わないお客さんは、「本当に大丈夫なのだろうか!?」と心配になります。

第5位:インコにお金をかけることを惜しまないお客さん

社員たるもの、お店の売り上げを上げて会社の利益に貢献することが求められます。

契約時にどれだけ用品を売ることができるか?を重視して接客することが求められます。

もちろん必要ないものを勧めることはありませんが、あると便利なグッズはひと通りご案内します。たとえば通院時に必要となるキャリーケースや水浴び用の容器など。

必要最低限のものだけを買うお客さんが多いのですが、中には私が勧めるものをすべて買ってくれる方もいて、インコにお金をかけるのを惜しまないお客さんに飼ってもらえたインコは、幸せに暮らしていけるだろうなと安心できます。

ハッピーインコライフ
▶インコ飼育本のおすすめ

鳥のお医者さんの「発情」の教科書

インコ・オウム、文鳥など、飼い鳥の発情について最新の情報を記載した初の書籍。鳥の専門医によるわかりやすい解説で、産卵や発情に伴う攻撃性上昇など、飼い主さんを悩ませる発情の問題を詳しく・具体的に深掘りします。
 
1章 鳥の体・性の話 
2章 発情期を理解しよう 
3章 発情抑制につながる暮らし方 
4章 ホルモン療法薬による発情抑制 
5章 発情に関連する病気
 
巻末付録:20鳥種別!発情抑制対策・お役立ちシート ご自宅の鳥さんの発情対策の具体的な数字がわかる!目安体重、1日の食事量、日長のタイプ、オス・メス別の発情行動の特徴などを20鳥種ごとに分けて記載。

インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。