当サイトにはアフィリエイト広告が含まれます
PR

ペットショップ店員の本音!こんなお客さんにはインコを売りたくない!

ペットショップスタッフの寄稿です

ペットショップには、インコを購入するために多くのお客さんが来店されますが、中には「この人にはインコを売りたくないな」…そんな人がいます。

ペットショップ店員の本音!こんなお客さんにはインコを売りたくない

ペットショップ店員の本音

第1位:インコ飼育に必要なものを買ってくれないお客さん

ペットショップ店員の本音

インコ飼育には必要な用品を
揃えるのにお金がかかりますが

初期費用は1万〜2万円。インコは値段が安いから、すべて揃えてもあまりコストがかからないよな。

…と思っているお客さんも多く、
いざ飼うインコが決まって
飼育用品のご案内を始めると

予算がないので、それは要りません。

…と断られることもよくあります。

特にインコのヒナをお迎えする場合は
保温ヒーターは必須アイテムですが、

値段が高いために予算の都合で
断られてしまうことが多くあります。

予算のことを気にする人は、この先インコが病気になったときに「診察料が高いから」という理由で病院に連れて行かないのではないか。

…との不安もよぎりますが、
なすすべはありません。

第2位:インコを誕生日プレゼントにするお客さん

ペットショップ店員の本音

意外と多いのが、
友達へのプレゼントとして
インコを買っていくお客さんです。

私はペットショップで働くまで
「動物をプレゼントにする」発想が
ありませんでした。

子どもへのプレゼントとして、
自分も一緒にお世話をする前提で
親御さんが買うのならわかるのですが

友達にサプライズでプレゼントしたくて~♪

…というお客さんには売りたくないです。

インコの売買契約をするときは
飼育方法や注意点をお伝えしたうえで、
なにか不安に思う点はないか?を尋ね
安心して飼育が始められるように説明します。

しかしインコをプレゼントとして
買いに来るお客さんは、
新しい飼い主(友達)一緒に来店していません。
とても不安に感じます。

第3位:そもそもインコに無関心で意味不明なお客さん

ペットショップ店員の本音

ほとんどのお客さんはインコを飼うとき、
色や見た目だけでなく、

その子がどんな性格なのかなど、
数羽いるインコたちを見比べて
時間をかけて慎重に1羽を選びます。

しかし中には
これから迎えるインコに
無関心なお客さんもいます。

私が接客したた中でいちばん驚いたのは

どれでもいいので、インコください。

…と声をかけられたことです。

正直なところ、こういうお客さんが
インコに愛情を持ってお世話してくれるのか?
疑問であり、不安です。

第4位:インコを飼うことを家族に反対されているお客さん

ペットショップ店員の本音

インコ飼育に反対している家族がいるのに
インコを買いにくるお客さんも一定数います。

インコが餌を蒔き散らして周囲を汚したり、
放鳥すれば糞をして部屋を汚すことも。

インコ飼育に反対する人が、
これらの問題を受け入れてくれるのか?

おそらくこれは喧嘩の火種となるでしょう。

第5位:人の話を聞かない・聞こうともしないお客さん

ペットショップ店員の本音

インコを飼うつもりで
来店しているお客さんには
インコの飼い方を知らない人がほとんどです。

それでも契約時にしっかり説明を聞いて、
飼育方法を理解してくれなら良いですが、
話を聞いてくれない人も中にはいます。

それでもスタッフは
最低限必要なことは
お客さんに必ず伝えていますが、

その後に問題が発生したときに

そんなことペットショップでは言われなかった!

…とクレームをつけられて
困ることもあります。




ペットショップ店員の本音!こんなお客さんにインコを飼ってほしい

ペットショップ店員の本音

第1位:インコの飼育経験があるお客さん

ペットショップ店員の本音

初めてインコを飼う人でも
大切に育ててくれる方は多いですが、

インコの飼育経験がある人に飼ってもらえると
こちらも安心して販売することができます。

SNSなどでお喋りをしたり
踊ったりするインコを見て、

「かわいいから」と衝動的に
インコを買いに来るお客さんは多いです。

そういう人は飼育方法も知らずに飼いはじめ、
インコが思う通りにならないと
「イメージしていた生活よりも大変!」
をやっと理解して、挙句の果てに飼育放棄
…が巷では増加しています。

ペットショップの売れ残りはどうなる?捨て鳥?捨てインコ?殺処分?
ペットショップの売れ残りの鳥はどうなるのか?さらにコロナ禍のにわかペットブームから飼育放棄された捨て鳥・捨てインコが急増している問題についてひとこと。「それ、犯罪だよ」

飼育経験者はインコのかわいい一面だけでなく、
お世話をするうえで大変なことも経験しているので

「飼ってみたらイメージと違った!」
と無責任に手放す可能性は限りなく低いです。

第2位:インコの飼育方法を事前に勉強してきているお客さん

ペットショップ店員の本音

「飼育方法は勉強してきました!」
というお客さんに出会うとホッとします。

私の接客経験の中で最も印象深いのは
小学生の女の子が母親と一緒に
インコを買いに来店したときのことです。

その女の子はずっとインコを飼いたくて
飼育本を読んで勉強してきたそうです。

挿し餌を作るときの温度まで完璧に理解していて、
ここまでインコの飼い方をマスターしている
小学生に出会うのも初めてでした。

このようなお客さんにお迎えしてもらえると
「良かった!」と思います。

第3位:インコを大好きなお客さん

ペットショップ店員の本音

何度もペットショップに足を運んでいたり、
インコとの接し方も上手なことがうかがえて

「本当にインコが好きなんだろうな」
と見てわかるお客さんには
ぜひインコをお迎えしてほしいと思います。

もちろん好きなだけでは飼育はできませんが、
このようなお客さんは飼育用品の準備はもちろん、
飼育環境が整っている状態で来店することが多いです。

インコが可愛がってもらえそうな
お客さんの元へ行くことが決まると、
ホッと安心します。

第4位:インコ飼育について質問してくるお客さん

ペットショップ店員の本音

インコの契約が決まり、疑問点を質問してくるお客さんは

ちゃんと今後のインコがいる生活をイメージできているのだな。

…と思い、安心します。

初めてインコを飼うのに
「なにか不安な点やわからない点などありますか?」と聞いても
「大丈夫です」としか言わないお客さんは
「本当に大丈夫なのだろうか!?」と心配になります。

第5位:インコにお金をかけることを惜しまないお客さん

ペットショップ店員の本音

店員たるもの、
お店の売り上げを上げて
会社の利益に貢献することが求められます。

契約時にどれだけ
用品を売ることができるか?を重視して
接客することが求められます。

もちろん必要ないものを
勧めることはありませんが、
あると便利なグッズは
ひと通りご案内します。

たとえば通院時に必要となるキャリーケースや
水浴び用の容器など。

必要最低限のものだけを
買うお客さんが多いのですが、
中には私が勧めるものを
すべて買ってくれる方もいて

インコにお金をかけるのを惜しまない
お客さんに飼ってもらえたインコは、
幸せに暮らしていけるだろうなと
安心できます。




インコ本のおすすめ 
インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。
 


ペットの室内の悩みに最適な空気清浄機 

インコ飼育
オレンジログ