ペットショップ店員の本音!こんなお客さんにはインコを売りたくない!

これはペットショップのスタッフさんの寄稿です

ペットショップには、インコを購入するために多くのお客さんが来店されますが、中には

ペットショップ店員の本音

正直…この人にはインコを売りたくないな。

…という人がいるのも事実です

今回はそんなペットショップ店員の本音をランキングにしてみました。

ペットショップ店員の本音!こんなお客さんにはインコを売りたくない

ペットショップ店員の本音

第1位:インコ飼育に必要なものを買ってくれないお客さん
第2位:インコを誕生日プレゼントにするお客さん
第3位:そもそもインコに無関心なお客さん
第4位:インコを飼うことを家族に反対されているお客さん
第5位:人の話を聞かない・聞こうともしないお客さん

第1位:インコ飼育に必要なものを買ってくれないお客さん

ペットショップ店員の本音

インコを買うときは、インコの値段に加えて必要な用品を揃えるのにお金がかかります。

初期費用は1万〜2万円。インコは値段が安いから、すべて揃えてもあまりコストがかからないよな。

…と思っているお客さんも多く、いざ飼うインコが決まってインコの飼育用品のご案内を始めると

予算がないので、それは要りません。

…と断られることもよくありました。

特に雛のインコをお迎えする場合は保温するためのヒーターは必須アイテムですが、値段が高いために予算の都合で断られてしまうことが多くありました。この手のお客さんには、

エアコンで温度調整したり、ネットの方がお店で買うより安く買えるので必ず用意してくださいね!

…と温度管理をしっかりするように念入りにお伝えすることしかできず、あとはもうその人を信じるしかありません。

予算のことを気にする人は、この先インコが病気になったときに「診察料が高いから」という理由で病院に連れて行かないのではないか。

…という不安もよぎりますが、なすすべはありません。

第2位:インコを誕生日プレゼントにするお客さん

ペットショップ店員の本音

意外と多いのが、友達へのプレゼントとしてインコを買っていくお客さんです。

私はペットショップで働くまで そもそも「動物をプレゼントにする」発想がありませんでした。

子どもへのプレゼントとして、自分も一緒にお世話をする前提で親御さんが買うのならわかるのですが

友達にサプライズでプレゼントしたくて~♪

…というお客さんには「売りたくないな」と思ってしまいます。

インコの契約をするときは飼育方法や注意点をお伝えしたうえで、なにか不安に思う点はないか?をお聞きして お客さんが安心して飼い始めることができるように説明します。

しかしプレゼントとして買いに来るお客さんは、これからインコを飼うことになる友達が一緒に来店しているわけではなく、きちんと説明してくれるのかも不安に感じました。

インコをプレゼントにするなら、将来の飼い主と一緒に来店してほしいですね。

第3位:そもそもインコに無関心なお客さん

ペットショップ店員の本音

大抵のお客さんはインコを飼うとき、色や見た目だけでなく、その子がどんな性格なのかなど、数羽いるインコたちを見比べて時間をかけて慎重に1羽を選びます。

しかし中にはこれから迎えるインコに無関心なお客さんもいます。

私が接客をしてきた中でいちばん驚いたのは

どれでもいいので、インコください。

…と声をかけられたことです。

どの子を選んでもきちんとお世話をしてくれるのなら良いのですが、正直なところ、こういうお客さんが今後インコに愛情を持ってお世話してくれるのかは疑問であり、不安です。

私たちペットショップスタッフが一生懸命育てて、やっと手乗りになってくれたインコを「どれでもいい」と選ばれてしまうのは悲しく「売りたくない」と思ってしまいます。

第4位:インコを飼うことを家族に反対されているお客さん

ペットショップ店員の本音

家族にインコの飼育に反対している人がいるのにインコを買いにくるお客さんが一定数いるのも、ペットショップあるあるです。

「飼い始めたら反対していた人がいちばんかわいがっている」という話もよく耳にはしますが、実際には飼ってみないとわかりません。

生き物の命を預かるのですから、家族全員がインコの飼育に賛成した状態で来店してほしいと思います。

インコを雛から飼うのであれば 大きく育つまで挿し餌やお世話などで時間がかかりますし、餌を蒔き散らしたりて周囲を汚したり、放鳥すれば糞をして部屋を汚したりもします。

インコを飼うことに反対している人が、これらの問題を受け入れてくれるでしょうか?おそらくこれは喧嘩の火種となってしまいますよね。

まずはペットショップに来る前に家族できちんと話し合って、賛同を得てからインコをお迎えしてほしいと思います。

第5位:人の話を聞かない・聞こうともしないお客さん

ペットショップ店員の本音

インコを飼うつもりで来店しているお客さんには インコの飼い方を知らない人がほとんどです。

それでも契約時にしっかり説明を聞いて、飼育方法を理解してくれる人なら良いのですが、「時間がないから」と 話を聞いてくれない人も中にはいます。

それでもスタッフは最低限必要なことはお客さんに必ず伝えていますが、その後に問題が発生したときに

そんなことペットショップでは言われなかった!

…とクレームをつけられて困ったことがありました。

インコを飼育する方にはまとまった時間を確保して来店し、飼育方法や注意点をしっかり聞いてほしいと思います。




ペットショップ店員の本音!こんなお客さんにインコを飼ってほしい

ペットショップ店員の本音

第1位:インコの飼育経験があるお客さん
第2位:インコの飼育方法を事前に勉強してきているお客さん
第3位:インコを大好きなお客さん
第4位:インコ飼育について質問してくるお客さん
第5位:インコにお金をかけることを惜しまないお客さん

第1位:インコの飼育経験があるお客さん

ペットショップ店員の本音

初めてインコを飼う人でも大切に育ててくれるお客さんは多いと思いますが、今までにインコを飼育した経験がある人に飼ってもらえるとこちらも安心して販売することができます。

SNSなどでお喋りをしたり踊ったりするインコを見て、かわいいからと衝動的にインコを買いに来るお客さんは多いです。

そういう人は飼育方法も知らずに飼いはじめ、インコが喋らなかったり鳴き声がうるさかったりすると「イメージしていた生活よりも大変!」をようやく理解して飼育放棄…が増えていると問題になっています。

コロナ禍のペットブームで飼育放棄!捨て鳥・捨てインコは激増している

一方で飼育経験者はインコのかわいい一面だけでなく、お世話をするうえで大変なことも経験して熟知しています。

「飼ってみたらイメージと違った!」と手放す可能性は限りなく低いので、インコの飼育経験者に売ることができたら良いなと思っています。

第2位:インコの飼育方法を事前に勉強してきているお客さん

ペットショップ店員の本音

インコを買いに来るお客さんには「飼育方法を知らないので教えてください」という方がほとんどです。

そんな中で「飼育方法は勉強してきました!」というお客さんに出会うと、こんな人にインコをお迎えしてほしい!と思います。

私が今まで接客をしてきた中でもっとも印象深かったのは 小学生の女の子が母親と一緒にインコを買いに来店したときのことです。

その女の子はずっとインコを飼いたくて飼育本を読んで勉強してきたそうです。

私に飼育方法を説明してくれたのですが、挿し餌を作るときの温度まで完璧に理解していて、ここまでインコの飼い方をマスターしている小学生に出会うのも初めてでした。

インコをお迎えしたあともショップに定期的に来店し、インコをかわいがっている様子を聞かせてくれました。

このように、自分たちが育てたインコをお迎えした人からインコが幸せに暮らしているお話を聞かせてもらえるのは、ペットショップ店員のやりがいのひとつです。

このようなお客さんにお迎えしてもらえると「良かった!」と思います。

第3位:インコを大好きなお客さん

ペットショップ店員の本音

何度もペットショップに足を運んでいたり、インコとの接し方も上手なことがうかがえて「本当にインコが好きなんだろうな」と見てわかるお客さんには ぜひインコをお迎えしてほしいと思います。

もちろんインコが好きなだけでは飼育はできませんが、このようなお客さんはインコの飼育方法や飼育用品の準備はもちろん、飼育環境が整っている状態で来店することが多いです。

私たちスタッフが愛情を持って育ててきたインコたちなので、可愛がってもらえそうなお客さんの元へ行くことが決まると、ホッと安心します。

第4位:インコ飼育について質問してくるお客さん

ペットショップ店員の本音

インコの契約が決まり飼育方法や注意点を説明するときに疑問点を質問してくるお客さんは

ちゃんと今後のインコがいる生活をイメージできているのだな。

…と思い、安心します。

初めてインコを飼うのに「なにか不安な点やわからない点などありますか?」と聞いても「大丈夫です」としか言わないお客さんは「本当に大丈夫なのだろうか!?」と心配になります。

もちろん「自分で勉強しているから大丈夫」もあるかもしれせんが、ペットショップ店員としては些細なことでもなんでも聞いてほしいと思います。

第5位:インコにお金をかけることを惜しまないお客さん

ペットショップ店員の本音

ペットショップ店員たるもの、やはりお店の売り上げを上げて 会社の利益に貢献することが大切です。

特にインコの価格は安いため、契約時にどれだけ用品を売ることができるか?を重視して接客することが求められます。

もちろんインコ飼育に必要ないものを勧めることはありませんが、あると便利なグッズはひと通りご案内します。

例えば、病院に連れていくときに必要となるキャリーケースや水浴び用の容器など「こんなものもあると便利ですよ」と用品のご案内をさせてもらいます。

必要最低限のものだけを買われるお客さんが多いのですが、中には私が勧めるものをすべて買ってくれる方もいました。

インコの飼育にお金をかけるのを惜しまないお客さんは、インコに適した飼育環境作りはもちろん、体調不良になったときにはすぐに病院に連れて行ってくれる可能性が高いです。

こういうお客さんに飼ってもらえたインコは、幸せに暮らしていけるだろうなと思います。

.

 

ペットショップ店員の本音

これからインコを飼おうと考えている人は、

インコを買う初期費用や病院へ連れていく予算は十分用意しているか
インコを買いに行く日の時間は確保できているか
家族にインコ飼育を反対している人はいないか

…などをペットショップに行く前に最低限チェックしてほしいです。

ペットショップ店員としては

この人なら、私たちが大切にお世話してきたインコを任せて大丈夫!

…と安心できる状態で 新しい家族にお渡ししたいと思っています。




子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。