本サイトには広告が含まれます
PR

ペットロスきつい!もう飼わない…の決意が保護犬との出会いで一変

ペットロスとは? 勘違いしている人が多いですがペットロスとは「ペットの死を悲しむこと」ではありません。飼い主が悲しいのは当たり前。精神的・肉体的不調から社会生活がまともに送れなくなる状態がペットロス症候群。治療を必要とする心の病です。

ペットロスきつい!もう飼わない…の決意が保護犬との出会いで一変

ペットロスもう飼わない

20代女性 私のペットは雑種のオス、コロ。高齢になるにつれて認知症を患い、お医者さんにも「認知症の進行を止める事は難しい」と言われていました。

日が経つにつれ認知症がひどくなり「トイレの数が異様に多くなる」「深夜になるとぐるぐるとその場を回り続け、時には大声で遠吠えをする(睡眠障害)」「食欲不信」「家族を認識出来ない」「まともに歩く事が出来ず、転んでしまうので服を着せないと出血を伴う擦り傷まみれになる」などの症状が出るようになりました。

その後に心臓病を患っている事も判明して通院を続けましたが、病状が良くなることはなく、17歳で虹の橋を渡りました。

愛犬が亡くなってしまった頃、仕事でも悩みを抱えていた状態だった私は、急に涙が出る、眠れない、無気力になるなど、心身共に疲れて切っていました。

愛犬の事が頭から離れず、仕事中に過呼吸やめまいが起こるようになったので、メンタルクリニックを受診しました。

ペットロスもう飼わない

精神科と心療内科の違い
精神科と心療内科は共にメンタルヘルスを扱う診療科ですが、実際には違いはほとんどありません。精神科はうつ病、パニック障害、統合失調症、自閉症スペクトラム障害など、心療内科は摂食障害、緊張性頭痛、過敏性腸症候群などを得意としていますが、精神科での摂食障害の治療や、心療内科でうつ病が日常に行われています。

患者さんにとって精神科よりも心療内科という名前のほうが受診しやすいため、精神科医が精神科だけでなく心療内科を標榜したり、うつ病などの患者さんが受診しやすいように心療内科医が心療内科だけでなく精神科を標榜することがあると聞きます。

精神症状が主体なら精神科、身体症状が主体なら心療内科への受診が望ましいと思いますが、どちらを受診してあまり変わらないと思います。通院のしやすさ、医師の経歴や人柄、治療方針などで医療機関を選ぶことが望ましいと考えます。
引用元:精神科と心療内科の違い

ペットロスもう飼わない

私は近所の医療機関(精神科)を利用しました。長年連れ添った愛犬の死と、仕事での悩みが重なって精神的にまいっていたため、精神安定剤を処方してもらい、医師からのアドバイスは

少しでも気分を安定させて良い方向に持っていけるように なるべく休日には出かけたり、趣味があればそれに打ち込んでみてください。日光を浴びて、自分が安らげると思う事を少しずつしていきましょう。

医療の力を借りるようになってから、少しずつ気持ちが回復していったように感じます。

ペットロスの解消や心身的なストレスの解消が上手くいかないようであればアニマルセラピーもお勧めします。ペットを失ってしまうことで心身がまいってしまう方や上手く立ち直れない方は多いんですよ。

…と言われましたが、何せ精神的なダメージがひどかったので

なぜこんなに立ち直れないのだろう?アニマルセラピーとか、今はまだ無理かもしれないな。それより、動物とはもう関わらない方が傷つかなくていいのでは?

…などと考えていたところ、それを見透かしたように精神科の先生は

動物を避けるのではなく、ペットロスを乗り越えて また新たに進んでいくことも大切なんですよ。

そう言われましたが、先生は私の悩みに対して否定的な意見は一切しない人で、私の気持ちをできるだけ肯定して元気付けようとしていただけていたのがわかりました。

コロは私自身が物心がついた頃に初めてお迎えしたペットだったこともあって、よけいにペットロスがひどかったのだと思いますが、

こんな別れをしなければいけないのであれば、動物を今後飼わない方が 自分には良いのかもしれない。

…と落ち込みがひどかったので、私が愛犬のペットロスを乗り越えるまで1年かかりました。

ペットロスもう飼わない

1年後のある日、友人から「捨て犬を保護した」との連絡があり、見に行くことになりました。

当時の私はペットロスの心の傷がだいぶ癒えており、そのことを友人も知っていたから、声をかけてくれたのです。犬を見に行く⇒お迎えするかもしれない…そんな心づもりで保護犬に会いに行きました。

またいつかお別れをする日は来てしまうけれど、それ以上にペットと共に暮らすことは大切な思い出やすばらしい経験を増やせることだ。

…と思えるくらいまで、その時の私はメンタルが回復していましたから、

私はこの子をちゃんと幸せに出来るのだろうか!?

…と何度も自問自答した後に、家族の同意を得て 保護犬をお迎えする決心をしました。

その保護犬のお世話をするうちにペットロスで不安定だった心が完全復活したことに気づき、改めて命の大切さや愛犬と共に過ごす時間の豊かさを理解できたように思います。

「心の堤防」が決壊すると混乱状態が2倍・3倍になる

ペットロスもう飼わない

人間関係や仕事、はたまた家庭の問題で混乱している時、ペットの存在が心の拠り所になるとお思いの方が多いのではないでしょうか。どんなに辛い時でも、ペットは無条件にあなたを受け入れてくれるからです。こうした「心の堤防」のような存在であるペットを亡くした時に、追い打ちをかけて人間関係や仕事で辛いことが起きた場合、どのようなことが起こってしまうでしょうか。ただでさえペットの死で悲しみに暮れているのに、「心の堤防」がなくなったことで、より深刻な混乱状態に陥ってしまうかもしれないのです。

また、一般的に精神的な病と身体の間には深い関係があるため、身体的な病気に発展してしまう場合もあります。実際に、大切な人の死を期に心臓病の発病やがんの悪化等が起こったケースが報告されていますし、歌手のジュディ・オングさんは愛犬の死によって幻覚や時間感覚の喪失といった精神的な症状から、血圧・コレステロール・尿酸といった様々な数値の悪化にまで影響が及んだそうです
引用元:pedge

ペットロスが苦しすぎるならペットの気持ち鑑定がおすすめ

ペットロスもう飼わない

ペット霊視は本物【ペット霊はそばにいる】ペットロスの克服法
ペットロスを1日も早く乗り越えるためのペット霊視のすすめと霊視の注意点について

ペット霊視の鑑定師

ペット霊視の実力&人気№1:優瓜(ゆうり)先生

ペット霊視と守護霊対話の優瓜(ゆうり)です。私が得意とするのは、お相手様の気持ちやご縁、そこから紡がれる未来の可能性を見ることです。また前世や人生の意味、魂のつながりなどの霊的な深い情報、お空に旅立ったペットちゃんについてのご相談も得意とします。
 
電話鑑定・チャット鑑定。電話が苦手な方はメール鑑定がおすすめです。
優瓜先生は犬猫はもちろん、インコや文鳥など 鳥のペット鑑定実績も多いです。

愛猫にとって幸せな日々だったわかったのでホッとしました。まだ涙が出る毎日ですが、優瓜先生の霊視が心の支えになりました。お気に入りだったウェットフードとおやつを食べたがっているとのことでお供えしたのですが「食べてね」と声を掛けたら、ロウソクの炎がゆらゆら揺れながら大きく縦にボーっと伸びてびっくりしましたが怖くありませんでした。きっと喜んでくれたのでしょう。

「仏壇にいい匂いがするものをお供えしてと言ってるけど?これは何だろう?柔軟剤のにおいみたいな…」との優瓜先生の言葉に笑いました。うちの子は取り入れた洗濯物にダイブするのが好きだったのです。これを聞いたので49日まで仏壇の部屋に洗濯物を取り入れることにしました。あの子が生まれ変わるかもしれない頃に、また優瓜先生の鑑定をお願います。

インコのメール鑑定を優瓜先生お願いしましたが「羽根を身に着けて」とのメッセージに驚きました。羽を使ったアクセサリーを作っている最中だったんです。同じ思いでいてくれることがわかり、涙が出ました。

寝たきりで1年間辛い日々を送っていた愛犬の本音も教えてもらえて涙が出ました。優瓜先生が「わんちゃんが甘い水を欲しがってるんだけど?」とおっしゃられてびっくり。寝たきりの間、リンゴの絞り汁を飲ませていたのです。リンゴを買ってきてすぐにお供えしました。苦しい気持ちがすっきりしてきて、本当に良かったです。
via:優瓜先生の口コミ

春清(かすが)先生

私は生まれ持った霊感の能力を用いて、お相手やペットさんがあなたに何を求め、どのように思っているかなど、インスピレーションでお伝えするのを得意としています。片思いの人や、交際中のお相手の本音、職場の上司、同僚、部下の人達のあなたへの評価、ペットさんの気になる言動に込められた気持ちなど、透視や霊聴によって受け取りお伝えします。過去のある時点で、あの時相手はどのように考えていたのかということもお伝えすることが可能です。また他に、転職、転居、リフォーム工事、旅行の時期など、開運につながる時期や吉方位などについてもご相談に応じます。
 
ペットの気持ち鑑定の実績も多くオールマイティな人気鑑定師です。
 
電話とメールの鑑定に対応しています。
 

年末に亡くなったペットの鳥さんについて春清先生に鑑定していただきました。母が保温をしてくれたことや、あの子が私の肩に乗るのが好きなこと、妹が遊び相手であったこと…全てお伝えしていないのに先生はお見通しで驚きでした。本当に、あの子の気持ちを聞いて伝えていただいてるのだなと思いました。

春清先生に亡くなったインコの事で視てもらいました。もう1年前でしたが、早すぎた突然の別れに中々消化出来ず、苦しい日々でした。何度も先生のメ-ルを読み返し涙し、やっと受け入れられそうです。先生とあの子の会話に励まされ、あの子らしいところもあり、あの子がよく私の事見ていたなと嬉しかったです。

春清先生にうちのペットのインコのことをメール鑑定していただきました。うちの子自身の事はもちろん当たってたのですが、それに加えて私達人間の事も全て当たっていて驚きました。質問にも書かなかったのだから、本当にうちの子からしか読み取れない内容なのに…。

春清先生に愛犬についてメール鑑定していただいた者です。あまりに内容が濃く、しかもはっきりしており、本当に視えている方だと驚きました。「規則正しい生活の中…」とありましたが、まさにその通り過ぎて言葉が出ませんでした。朝と夜2回、きっかり定時にご飯をもらえていたのは確かです。私へのメッセージの中にある「ずっとずっと大好きだよ」は、毎日あの子の写真に言い続けていたメッセージとまったく同じで、またビックリです。悲しみから救ってもらいました。読み終わってから放心状態となってしまいました。

春清先生に愛犬の気持ちを視て頂きました。何が気に入らなくてイライラしているんだろう…ずっと考えていました。まさか名前だなんて(笑)母から譲り受けた子だったので、改名は考えていなかったのですが。名前を途中で変えて本人は理解できるのか?そんな思いで、本人が望む名前を教わって呼んでみたらまさかの反応!!凄い喜んだ顔でとんできて、しつこいくらい舐めまくり、ヒステリーが治り穏やかに。こんな事あるの!?と主人と大笑いしました。
引用元:春清(かすが)先生の口コミ

のあか先生

ペットと呼ばれるご家族さまのお声、お心、大切な亡き方からのメッセージ、前世(過去世)、来世(未来世)のご縁の繋がり、胸が締め付けられるような恋愛(恋人、夫婦、複雑恋愛etc) 視えてきたままに聞こえてきたままにお伝えさせていただきます。鑑定させていただくことに得手、不得手はございません。わたしのもつものすべてで精一杯視させていただきます。
 
『あえて得意ジャンルを謳わない』という強みを持つ、占い師を占ってきた実力派鑑定師です。
電話鑑定・メール鑑定・チャット鑑定に対応しています。
 

とても愛していたペットのインコが急に亡くなり、毎日が辛い日々でしたが、のあか先生に今のあの子の事聞き、なんとか立直り、最近鳥の専門店に出かけたりして希望が出て来ました。あの子からのメッセージをヒントに探します。

亡くなった父の気持ちをどうしてもしりたくて、故人対話の項目があったのあか先生にお願いしました。何年も、いえそれ以前からほとんど会話することなく本音を聞くこともなく過ごしてきたので、亡くなってから気づいたことによりとても心が苦しくいましたが、鑑定結果を読んで涙がとまりませんでした。すぐに気持ちの切り替えとは難しいですが、伝えて頂いた言葉を心にとめ進んでいきたいなと思いました。故人のことで立ち止まっている方がいるならのあか先生をオススメしたいです。

亡くなった大切な子達の今の現状を知れて良かったです。今月に亡くなった愛犬がまだそばにいてくれて私には声は聞こえないですが、のあか先生を通じて気持ちを伝えてきてくれたこと、世界一あなたのことを愛していることは一生変わらないし、幸せな人生をありがとうって今は思えるようになりました。先月に亡くなった愛犬のこともみてもらい、先生に話してもいないのに亡くなる状況のこともピタリとあてて本当にすごいと思いましたし、私を選んで来てくれたことが本当にすごく嬉しかったです。

亡くなった愛犬についてのあか先生鑑定して頂きました。あまり頂けないような新鮮なメッセージを頂き少し驚きましたが、逆に想像していなかったお言葉を頂いた事で視てらっしゃるんだろうなぁと感じることが出来ました。動物に接してらっしゃる先生ならではと言うべきか…。嬉しい驚きでした。四十九日過ぎ落ち着きましたら是非又お願いしたいと思います。

引用元:のあか先生の口コミ

.