本サイトには広告が含まれます
PR

【ペットの遺骨どうする?】インコの自宅供養の最後は一緒に海洋散骨

【ペットの遺骨どうする?】インコの自宅供養の最後は一緒に海洋散骨

手元供養最後

私たちが依頼したペット火葬業者には、遺骨を共同墓地に埋葬するプランや、納骨堂で四十九日安置してから墓地に埋葬するプランがありました。

そのときに分骨もできるので、飼い主さんが遺骨を一部持ち帰って、手元供養するのも可能とのことでした。

我が家では全ての遺骨を手元供養するとはじめから決めていたため、返骨後にペット用仏具を購入して、部屋の片隅にメモリアルコーナーを作り、咲ちゃんを偲んでいます。

メモリアルコーナーはペットロスの悲しみを少しずつ消していってくれる魔法のツールです。

私がこの世を去った時には、咲ちゃんや他のインコたちの遺骨といっしょに海洋散骨にしてもらうつもりなので、その日まで大切に手元で供養を続けるつもりです。

初めからそう決めていたので、我が家のインコたちの供養の選択肢は手元供養一択でした。

手元供養最後

うちの子と離れてしまうのは寂しい。

そう感じている飼い主さんは気持ちが落ち着くまでは無理をせず、自宅でいっしょに過ごす手元供養がおすすめです。

ペットの遺骨アクセサリーを身につけて、いつもうちの子と一緒にいる一体感を感じながら、不安定な気持ちを落ち着かせている方もたくさんいます。

ソウルジュエリー【遺骨アクセサリー】
「ソウルジュエリー【遺骨アクセサリー】」の記事一覧です。
ロスの悲しみは簡単に癒えるものではないです。ペットロス克服のお薬は「時間」しかありませんが、手元供養がペットロス克服の一助になることは間違いありません。

ペットの手元供養をするなら早めの粉骨(遺骨のパウダー化)がおすすめ

手元供養最後

ペットを亡くした飼い主の中には「ペットとずっと一緒にいたい」「同じお墓で眠りたい」と希望する方が多くいます。

最近はペットと一緒に入れるお墓や納骨堂もありますが、まだまだ数が少なかったり、樹木葬霊園などは倍率が高かったりするのが実情です。

海洋散骨を望んでいる方なら、飼い主とペットの遺骨を一緒に海にまくことが可能なので、ペットの遺骨を自宅で手元供養して「自分が亡くなった時には一緒に散骨してほしい」と家族に願いを託す人もたくさんいます。

私もこの方法 を家族に頼んでいます。うちの子たちと一緒に海に還って眠りたいのです。

人間が入るお墓にペットの遺骨を納骨できるのは「ペットもOK」を明確に表明している霊園・樹木葬霊園・納骨堂だけです。無断で人間のお墓にペットの遺骨を納骨すると、契約違反で永代使用権を取り消されたり、その霊園から墓を撤去される場合があります。また仏教思想の影響から、ペットと人の共葬に抵抗がある人も多いのです。自分の希望や思い込みだけでペットと一緒のお墓に入ることはできませんので、注意が必要です。

手元供養最後

「自然葬」は粉骨が条件となるケースが多いです。海洋散骨を行うには法令上、遺骨を細かいパウダー状にする必要があります。「樹木葬」でも「粉骨」を指示する霊園が多いです。

粉骨して遺骨をパウダー状にすれば「カビない」わけではないですが、そのまま粗い状態にしておくよりはカビが生えづらいと思われます。もちろん遺骨の保管にはシリカゲルや珪藻土の乾燥材を使ってください。

遺骨は骨壺に入っていて外に取り出すことはないにしても、見た目が「遺骨」そのものよりも、パウダー状にした方が、見ため的にも悲しみが半減する効果はあるでしょう。

自分が先立った後のことは遺族に託すしかありません。それに対してきちんと準備を整えておけば、ペットの遺骨をゴミに出されるなど、ぞんざいに扱われる可能性は低くなるでしょう。

そのためにも、ペットの遺骨は早い段階で粉骨しておくことをおすすめします。

遺骨をパウダー化(粉骨)しておけば、散骨・樹木葬・墓じまいやその後の合祀墓への埋葬などの選択肢が増えます。これは故人もペットも同じです。

.

粉骨する理由・メリット

 海洋散骨を考えている(直径2㎜以下に粉砕が必要)
骨壺を小さくしたい
遺骨を手元に置くので目立たないようにしたい
分骨したい
遺骨アクセサリーに封入したい
納骨先から粉骨するように言われた(樹木葬・合祀墓など)
海外に遺骨を送るのに粉骨が必要な場合がある

遺骨の粉骨サービス 遺骨のパウダー化は精神的な負担だけでなく多大な時間と労力が必要です。粉骨専門業者に任せることをおすすめします。

【おこつ供養舎 楽天市場店】粉骨サービス 【故人もペットもOK】

ご自宅で保管されていた御遺骨限定のサービスです。
6~7寸コース・4~5寸コース・~3寸コース・ペットの散骨コース(4~5寸)があります。
 
通常は、御遺骨(全量)をそのまま粉骨します。
海外で散骨をされる場合などは海外持ち出し用の粉骨(通常よりもやや粗めの粉骨)をして、水溶性紙に英文で御遺骨であることを記載して梱包します。
御遺骨の一部を粉骨したい、一部だけ粉骨せずに残してほしい等のご希望にも対応いたします。

ペットのお骨のパウダー加工【ディアペット 楽天市場店】

ペットのお骨をパウダー状にするサービスです。小さな骨壷に納めたり、お庭や自然の中に散骨する際にもご利用ください。
 
粉骨して、しっかりと密封できるパックや容器に入れ、酸素に触れないようにすることで、カビを防げます。

【水に溶ける紙袋】水溶性紙 海洋散骨 樹木葬用

わずか数秒ほどで水に溶ける和紙の紙袋です。
散骨用の水溶紙袋、海洋散骨、海洋散骨葬、樹木葬用として使用できます。
土の中の水分でも溶けますので、大地や海に優しく還ります。

海洋散骨

ミキワの海洋散骨【東京湾のみ】安さで選ぶならココがイチオシ!

個別散骨プラン、代理散骨プラン、ペット代理散骨プランがあります。散骨海域は東京湾のみです。
 
粉骨料金は散骨料金込み。土日祝同一料金。東京23区または半径20㎞圏内であれば、遺骨を無料出張引き取りいたします。
 
メモリアルクルーズプランで散骨場所にお参りできます。他社で散骨した方でも散骨ポイントがわかればご利用いただけます。
 

【みんなの海洋散骨】全国海域に対応した人気の優良海洋散骨業者

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。地方の海洋散骨もお問い合わせください。
 
貸切乗船散骨はもちろん、お客様が乗船せず散骨を委託する散骨代行プラン、複数組の乗り合わせでリーズナブルな合同乗船プランも人気です。
 

海洋散骨 シーセレモニー :貸切乗船散骨とペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。
 

ペットと一緒に眠る場所

ペットと一緒に眠れる桜樹木葬「海と桜のメモリアル樹木葬」見学会(神戸)

ワンちゃんネコちゃんと一緒に眠れる桜樹木葬です。故人様のご遺骨の半分を海洋散骨で葬送し、半分を歴史と尊厳ある寺院にて桜樹木葬で永代供養させていただきます(桜樹木葬のみの永代供養も承ります)
 
桜樹木葬20年と桜樹木葬30年の2つのプランがあります。20年、30年後はすべて桜の木の根元に合祀し永代供養させていただきます。
 

【ペットと一緒】【ペット専用】のお墓さがし【お墓のサブスクあり】

ペットと飼い主がいっしょのお墓に入ることは法律上は問題ありません。しかし仏教思想の観点からすると、人と動物が同じお墓に入ることに難色を示したり お断りの寺院が多いです。NG行為がバレれば規約違反でお墓の撤去や永代供養を断られるケースがあります。

しかし最近は「ペットも大切な家族の一員」の考えが世間に浸透しているため「ペットと一緒」OKとしている寺院や墓地が増えてきています。増えてきたとはいっても実際に探すのはなかなか大変。最近人気の樹木葬霊園(自然葬)は当選倍率が高かったり 人気の霊園は高額だったりとハードルが高いのが現実です。そこでペットと一緒のお墓で眠りたい方に、低価格で永代供養付きの【のうこつぼ】がおすすめです。

のうこつぼには【お墓のサブスク】があります。転勤族でどこにお墓を設けたらいいか悩んでいる方や、いつも近くに遺骨を置いておきたい方には、手軽に引っ越しできるのうこつぼはおすすめできます。のうこつぼのサブスクは月額3,980円(税込)いつでも入ったり出たりが自由で、墓じまいも要りません。

メモリアルプランター
ペットのプランター葬(土葬)は土と微生物の量が少ないのでなかなか骨になりません。遺体が土に還るまで早くて10年、20~30年かかることもざらにあります。
「メモリアルプランター」として販売されているものは土葬用ではなく、火葬した遺骨や遺灰を埋める「樹木葬」の一種です。
樹木葬キット(ペット用)

亡きペットの遺骨・遺灰から1本の樹木(新たな命)を育てるメモリアルグッズです。
 
樹木の成長と共に遺骨は土に還り「シンボルツリー」と呼ぶにふさわしい樹木が誕生します。
 
マンションにお住まいの方は観葉植物の鉢やプランターで育成が可能です。
 
※遺骨・遺灰を入れる樹木葬キットです。
 

ペット骨壺 はなおり:樹木葬用 遺骨入れ /土に還るペット骨壺

土に還るペット骨壺「はなおり」は、土の中で分解される素材を使った樹木葬用のペット骨壺です。骨壺は3.5寸相当のサイズで、体重5kgまでの遺骨を納められます。それ以上は粉骨にして納めるようにおすすめします。
 
気持ちの整理がつくまでは、室内において置くこともできます。時がたち、気持ちの整理がつき、自然に還したいという気持ちになった時、このまま地中に埋めて、花や樹木を植え樹木葬を行うことができます。
 
バイオマスプラスチックを使用し、自然に還る生分解性プラスチックの認証を取得しています。
 

【水に溶ける紙袋】水溶性紙 海洋散骨 樹木葬用

わずか数秒ほどで水に溶ける和紙の紙袋です。
 
散骨用の水溶紙袋、海洋散骨、海洋散骨葬、樹木葬用として使用できます。
 
土の中の水分でも溶けますので、大地や海に優しく還ります。

ペットのメモリアル