本サイトには広告が含まれます
PR

【ペット散骨を海でやる】故人の海洋散骨との違いと注意点

【ペット散骨を海でやる】故人の海洋散骨との違いと注意点

ペットの散骨

「海洋散骨ガイドライン」に則って海でペットの散骨をすることは可能です。

大切な家族であるペットが亡くなった場合、供養をどうするか悩むところですが、最近はペットも火葬が主流となったため、供養方法の選択肢が増えました。

その中でも注目されているのがペット散骨を海で行う海洋散骨です。故人と同様の散骨セレモニーを行ったり、散骨証明書を発行してもらえます。

ペット火葬後にすぐに散骨しなくても、しばらくは遺骨を自宅に置いて手元供養を続け、飼い主さんが亡くなった時に、故人とペットの遺骨をいっしょに海に散骨する人もたくさんいます。

ペットの海洋散骨とは?海洋葬のセレモニーの内容は?

ペットの散骨

海洋散骨とは、火葬後に粉骨(遺骨をパウダー化したもの)を海に撒く供養の方法です。

「自然に還してあげたい」「散歩で通った海に連れていってあげたい」「大好きだった祖母と一緒に供養してあげたい」などの飼い主の希望が叶えられます。

散骨はお墓を準備する必要がなく、後継者がいらないメリットがあるので、ペットの海洋散骨を選択される方が増えています。

ペットの散骨

ペットの散骨の方法には  ペット散骨を専門で行う散骨業者の海洋葬  故人とペット両方の散骨を取り扱う散骨業者の海洋葬 この2つがあります。

ペット専門の散骨はペット霊園やペット葬儀社が行っているケースがほとんどですが、ペットと飼い主と一緒に散骨したい場合は、そういったプランを提供している海洋散骨業者を選択します。

ペットの散骨は故人の散骨と違って埋葬許可証が必要ありません。

また、セレモニーの進め方や散骨証明書の発行は散骨業者によって異なるので、事前にしっかりと確認しましょう。

「個別散骨」のセレモニーの場合、縁者が集まり、沖合の散骨ポイントをクルーザーで周遊しながら散骨・献花・献水し、乗船した家族でペットや個人を偲び、思い出を語り合うスタイルが多いです。

ペットの遺骨を供養する時の意外と高いハードル

ペットの散骨

動物の供養方法に法律的な制約はありませんが、

仏教の理念から、一般的な霊園の多くは、ペットと人間が一緒にお墓に入ることを禁止しています。人間と動物を同じように扱う事に難色を示す人がたくさんいるからです。

「私が亡くなったら〇〇ちゃん(ペット)のお骨も一緒に納骨して」と言う人がいますが、それができるのは「ペット納骨OK」を明確に提示している霊園と納骨堂だけ。例えばこういうところ

【神戸】ペットと一緒に眠れる桜樹木葬「海と桜のメモリアル樹木葬」

ワンちゃんネコちゃんと一緒に眠れる桜樹木葬です。故人様のご遺骨の半分を海洋散骨で葬送し、半分を歴史と尊厳ある寺院にて桜樹木葬で永代供養させていただきます(桜樹木葬のみの永代供養も承ります)
 
桜樹木葬20年と桜樹木葬30年の2つのプランがあります。20年、30年後はすべて桜の木の根元に合祀し永代供養させていただきます。
 

通常の納骨では、人と動物の共葬はできません。規約違反が発覚すれば、墓地の撤去を命じられたり、永代供養を断られるケースもあります。
404 NOT FOUND | オレンジログ
黄昏世代のライフエンディングメディア

また、ペットの遺骨は故人の場合と違って、

ペットの遺骨を子孫に引き継いで代々供養するケースは少ない。よって、いずれはどこかで折り合いをつけて、遺骨を手放す必要がある

ペットの遺骨を手元供養する場合は、この点 をしっかりおさえておく必要があります。

ペットの散骨

海洋散骨は人と同様にペットでもできますが、それは「節度を持って適切に行う」場合のみ。そして考え方が違う人たくさんがいることを理解して行う必要があります。

海洋散骨業者には飼い主とペットを一緒に散骨するプランもありますが、遺族がこれを了承しない場合があります。

海に散骨する行為自体に反対する人もいれば、ペットと一緒はいかがなものか?ともの申す人もいるでしょう。

その点は事前に確認し、トラブルにならないように注意してください。

遺骨を全部散骨する必要はない!分骨するのも自由

ペットの散骨
海洋散骨では遺骨を全部撒かなければならないわけではありません。遺骨の一部を少量取り分けて、手元供養することも可能です。

手元供養することで、亡くなった後もいつもペットを身近に感じることができます。

自宅に置けるてのひらサイズのミニ骨壺とペット用祭壇(仏壇)でメモリアルコーナーを作れば、毎日ペットに手を合わせたり、祷りを捧げることができます。

このような  写真が入ったオリジナルの位牌を作る方もいます。

ペットの散骨

【ペットの手元供養グッズ】位牌・メモリアルボックス・おりんの口コミ
クリスタルペットメモリアル(位牌) メモリアルボックス(仏壇) 山口久乗のおりんの口コミ。インコのメモリアルグッズも紹介

身に着ける手元供養の方法もあります。遺骨をペンダントや指輪などに入れれば、いつも一緒にお出かけできます。

ソウルジュエリー【遺骨アクセサリー】
「ソウルジュエリー【遺骨アクセサリー】」の記事一覧です。

近年はデザインや素材なども様々なバリエーションがあり、おしゃれかつ日常使いしやすいものも多くあるのでおすすめです。

遺骨アクセサリーの手元供養なら、最後はお焚き上げに出して、供養と処分を同時にできるのもメリットです。
【みんなのお焚き上げ】捨てるに捨てられないものを供養してすっきりお別れ

故人の遺品だけでなく、ご自身でも思い入れがあって捨てるに捨てられないものの処分には、お焚き上げという名の「供養」がいちばん心やすまります。モノに感謝しながらすっきりとお別れできます。
 
ワンストップでモノの供養ができます。お焚き上げ供養料、神社への配送料、お焚き上げ証明書発行料などすべての費用込みの良心価格。
お焚き上げキットをネット購入して、ラベルを貼ってポストに投函するか、宅配便で発送するだけでOK!
 
創建天慶3年(940年)の歴史ある結城諏訪神社でお祓い・お焚き上げします。お焚き上げ供養証明書も発行します。
お守り、お札、写真、アルバム、人形、ぬいぐるみの処分に利用されていますが、どんなものでもOK!燃えないものの供養もできます。
 

ペットの散骨を自分で「正しく」行うには

ペットの散骨

ペットの散骨をする際には粉末状に加工して行うのが一般的です。

しっかりと微細な粉末状にしないと、人間の骨と間違われたり、事件性を疑われて警察沙汰になったりして大騒ぎになる場合があります。

粉骨しないと散骨はできない

粉骨は自分で行うことも可能ですが、2㎜以下のパウダーにするのは体力的にきついもの。それに大切なペットの遺骨をすりつぶすことに精神的な苦痛や負担が伴います。

粉骨作業は業者を依頼することをおすすめします。

海洋散骨業者の中には粉骨費用が海洋散骨サービス費用込みになっているところもありますし、粉骨作業のみを単独で請け負う業者もあります。

散骨に難色を示す遺族もいる

ペットの散骨

宗教上の思想や慣習から、動物を人間と同じように扱うことに嫌悪を感じる人がいるのが現実です。そういった場合は、ペットと故人の散骨を明確に分けて行いましょう。

ペット散骨は故人の散骨と区別して船をチャーターする「個別散骨」にすることも、合同散骨または代行散骨(ペットのみ)にすることもできます。業者に問い合わせてみましょう。

遺族が人とペットの共葬に難色を示さないのなら、亡き飼い主とペットの遺骨を一緒に散骨するプランを選んでもいいでしょう。

これを遺言書に残したり、散骨業者に生前予約を入れておく人もいますが、自分亡き後に散骨が実行されるかどうかは遺族次第。事前に「散骨OK」との遺族の了承を得ておくことをおすすめします。

近隣住民の目はシビア!見つかったら風評被害で提訴もありうる

ペットの散骨

故人でもペットでも「散骨」を快く思わない近隣住民は多いので、他人の目は想像以上に厳しいものです。

海岸線や海水浴場などでこっそり散骨したり、海でなくても山林や愛犬の散歩コースなどに自分で勝手に散骨しているのがバレたら、風評被害で訴えられる可能性もゼロではありません。

過去にそういう事例があったことから、散骨禁止条例を設けている自治体があるのですから、甘く見てはいけません。

散骨禁止海域を設定している自治体もありますので、法やルールを遵守しつつ、一個人が自分の手で適切な散骨をするのはかなり難しいです。

ペットでも故人でも安全・適切な散骨をするには、海洋散骨業者にお任せするしかありません。

ペットの散骨プランがある海洋散骨業者

ミキワの海洋散骨【東京湾のみ】安さで選ぶならココがイチオシ!

個別散骨プラン、代理散骨プラン、ペット代理散骨プランがあります。散骨海域は東京湾のみです。
 
粉骨料金は散骨料金込み。土日祝同一料金。東京23区または半径20㎞圏内であれば、遺骨を無料出張引き取りいたします。
 
メモリアルクルーズプランで散骨場所にお参りできます。他社で散骨した方でも散骨ポイントがわかればご利用いただけます。
 

海洋散骨 シーセレモニー :貸切乗船散骨とペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。
 

【ペットと一緒】【ペット専用】のお墓さがし【お墓のサブスクあり】

ペットと飼い主がいっしょのお墓に入ることは法律上は問題ありません。しかし仏教思想の観点からすると、人と動物が同じお墓に入ることに難色を示したり お断りの寺院が多いです。NG行為がバレれば規約違反でお墓の撤去や永代供養を断られるケースがあります。

しかし最近は「ペットも大切な家族の一員」の考えが世間に浸透しているため「ペットと一緒」OKとしている寺院や墓地が増えてきています。増えてきたとはいっても実際に探すのはなかなか大変。最近人気の樹木葬霊園(自然葬)は当選倍率が高かったり 人気の霊園は高額だったりとハードルが高いのが現実です。そこでペットと一緒のお墓で眠りたい方に、低価格で永代供養付きの【のうこつぼ】がおすすめです。

のうこつぼには【お墓のサブスク】があります。転勤族でどこにお墓を設けたらいいか悩んでいる方や、いつも近くに遺骨を置いておきたい方には、手軽に引っ越しできるのうこつぼはおすすめできます。のうこつぼのサブスクは月額3,980円(税込)いつでも入ったり出たりが自由で、墓じまいも要りません。

メモリアルプランター
ペットのプランター葬(土葬)は土と微生物の量が少ないのでなかなか骨になりません。遺体が土に還るまで早くて10年、20~30年かかることもざらにあります。
「メモリアルプランター」として販売されているものは土葬用ではなく、火葬した遺骨や遺灰を埋める「樹木葬」の一種です。
樹木葬キット(ペット用)

亡きペットの遺骨・遺灰から1本の樹木(新たな命)を育てるメモリアルグッズです。
 
樹木の成長と共に遺骨は土に還り「シンボルツリー」と呼ぶにふさわしい樹木が誕生します。
 
マンションにお住まいの方は観葉植物の鉢やプランターで育成が可能です。
 
※遺骨・遺灰を入れる樹木葬キットです。
 

ペット骨壺 はなおり:樹木葬用 遺骨入れ /土に還るペット骨壺

土に還るペット骨壺「はなおり」は、土の中で分解される素材を使った樹木葬用のペット骨壺です。骨壺は3.5寸相当のサイズで、体重5kgまでの遺骨を納められます。それ以上は粉骨にして納めるようにおすすめします。
 
気持ちの整理がつくまでは、室内において置くこともできます。時がたち、気持ちの整理がつき、自然に還したいという気持ちになった時、このまま地中に埋めて、花や樹木を植え樹木葬を行うことができます。
 
バイオマスプラスチックを使用し、自然に還る生分解性プラスチックの認証を取得しています。
 

【水に溶ける紙袋】水溶性紙 海洋散骨 樹木葬用

わずか数秒ほどで水に溶ける和紙の紙袋です。
 
散骨用の水溶紙袋、海洋散骨、海洋散骨葬、樹木葬用として使用できます。
 
土の中の水分でも溶けますので、大地や海に優しく還ります。

ペットのメモリアル