大阪市港区 ママ友に小5長女への暴行を依頼した母親を逮捕!

小5長女 母親が暴行

8/23 わが子への暴行をママ友に依頼!?


 
大阪市港区の自宅マンションで友人の女(40歳)に頼んで 小学5年生の長女(11歳)の顔をたたかせたとして、母親(40)がこの友人とともに暴行容疑で逮捕されました。

逮捕されたのは母親の木村有紀(40歳・大阪市港区南市岡・無職)、友人の榎本詩津代(しずよ)(40歳・大阪市港区南市岡・アルバイト)

榎本詩津代容疑者の子どもと被害者の長女は同級生同士ということです。


 
木村有紀容疑者はその様子をスマートフォンで動画撮影していました。

木村有紀容疑者のスマートフォンには、榎本詩津代容疑者が長女を10回近く平手でたたく様子が写っています。

両手でボクシングの左右フックのように平手打ちを連発していたということです。

長女の普段の態度を知らせる目的で、木村有紀容疑者が夫(39歳)に動画を送信し、夫が同署に相談し発覚しました。

2人は容疑を認めています。

警察によると木村有紀容疑者と榎本詩津代容疑者は共謀し、8月22日午前11時ごろ、自宅マンションの一室で長女の顔を平手で複数回たたき、押し倒した疑いをもたれています。

木村有紀容疑者
長女が言うことを聞かないので暴行を頼んだ。
榎本詩津代容疑者
たたいたってと言われた。目つきが気に入らんかった。

署は、木村有紀容疑者の子どもたちを保護するとともに、両容疑者が各家庭で子どもたちに日常的な暴行を加えていなかったか調べています。

 
 
スポンサーリンク


 



大阪市港区 ママ友に小5長女への暴行を依頼した母親を逮捕