雑木林で4人の変死体!福岡県 大野城いこいの森水辺公園

大野城いこいの森水辺公園で、男女4人の変死体


 
7月23日午前7時45分頃、福岡県大野城市の大野城いこいの森水辺公園で、男女4人の変死体が見つかりました。


 
公園駐車場に止まっていた車内で成人男性と女児、男児の計3人。

男性は車の運転席で、女児と男児は後部座席で見つかりました。

さらに付近の雑木林では成人女性の変死体も見つかっています。

※変死体…自然死でなく、死因を究明する必要がある死体

福岡県警春日署によると、この4人は家族とみられています。

午前7時15分ごろ、同居する男性の祖父(74)歳から「家族がいない。家の駐車場を映した防犯カメラを見たら、午前1時半ごろに家を出たようだ」と110番があり、警察が行方を捜していました。
 

4人の身元が判明

発見されたのは、福岡県春日市須玖南の女性(28歳)と男性(23歳)

長女の浦田希愛(のあ)ちゃん(4歳)と隆翔(りゅうと)ちゃん(1歳)


via:NHKニュース

父親は運転席に、二人の子どもは後部座席にいて、争った形跡はないそうです。

女性は付近で首つりしていたため、県警は無理心中の可能性もあるとみて捜査を進めています。

なぜか子供二人の名前だけで、両親の名前が伏せられています。

死因は?

長男の胸に刺し傷があり、失血死です。

また長女の首には絞められた痕があり、窒息死です。

父親も窒息死、母親も首つりなので窒息死です。

4遺体は福岡県春日市須玖南在住の家族だった

福岡県春日市須玖南在住の8人家族。

遺書らしきものが出てきたという情報がありますが、公表されていません。

両親の名前が伏せられているが遺族の希望なのか、何らかの疾患によるものなのかも未公表のままです。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク


 



大野城いこいの森水辺公園 変死体