【大牟田4人連続殺害事件】我が一家全員死刑!

大牟田4人連続殺害事件 北村
 
2004年9月、福岡県大牟田市の暴力団組長の北村實雄(60歳) その妻・北村真美(45歳) 長男・北村孝(23歳) 次男・北村孝紘(きたむらたかひろ・20歳)の一家が、借金返済のために高見小夜子さん(58歳・貸金業)の殺害を計画。

その過程で、高見小夜子さんだけでなく、長男・高見龍幸さん(18歳) 次男・高見穣吏さん(たかみじょうじ・15歳) 原純一さん(17歳・高見龍幸さんの友人でたまたま居合わせた)の合計4人を殺害した。

暴力一家の場当たり的殺人である。

躊躇なく4人を殺害し、遺体を市内の諏訪川に沈める残忍極まりない犯行が明るみに出ると彼らは「史上最凶一家」と呼ばれ、後に4人全員に死刑判決が確定した。
 
 
大牟田4人殺害事件 北村

via:https://matome.naver.jp/

極道一家・北村家

北村孝紘(次男)は、2004年9月、福岡県大牟田市で、父・母・兄とともに知人家族とその友人ら、あわせて4人を殺害した事件の実行犯とされている男である。

事件を首謀した北村孝紘の父親・北村實雄は大牟田市の暴力団「北村組」の組長だった。

北村組は福岡に本拠を置く指定暴力団の下部団体で、構成員は10人未満の小規模な組である。

母・北村真美はその組のあねごとして資金面の管理を担当し、長男・孝と次男・孝紘の兄弟も暴力団員という暴力団一家だった。

2人の兄弟は幼い頃から体格がよく、中学卒業後は上京して、それぞれの相撲部屋に入門していた。

ところが北村孝は序ノ口二十六枚目で部屋を脱走して廃業。

北村孝紘は序二段百八枚目で怪我を理由に引退している。

廃業・引退後、大牟田市に戻ってきた二人は暴走族などを経て、自ら望んで暴力団員となった。

長男・孝には傷害致死の前科もあった。
 
 
事件当時の北村組は6800万円ほどの借金を抱えていた。

そんな首が回らなくなった北村實雄・真美夫妻がたどり着いた打開策がヤミ金業者の殺害だった。

殺害された高見小夜子さん(当時58歳)は北村真美の友人で、ヤミ金融を営んでいた。

金を貸していた高見小夜子さんは、北村真美を通じて借金の取り立てや雑務を依頼していた。

友人とはいえ、北村真美は高見小夜子さんの上から目線の物言いや態度が気に入らなかった。

そこで高見さんに架空の土地取引話をもちかけて、自宅の2600万円以上の現金を置くように仕向けた上で彼女を殺害し、金も奪うという計画を立てた。
 
 
スポンサーリンク



 
 

2004年9月16日~18日、3日で4人殺害

 
犯行は母親から持ちかけられた二人の息子たちによって行われた。

2004年9月16日午後10時40分頃、北村孝・孝紘兄弟が、両親には伝えずに独断で高見小夜子さんの自宅に踏み込んだ。

北村兄弟は最初から手段を選ばずに、金品を奪うつもりで乗り込んだ。

そのとき家にいたのは高見小夜子さんの次男の穣吏さん(当時15歳)一人だけ。

高見穣吏さんは孝・孝紘兄弟とは幼い頃からの顔見知りである。

パソコンに向かっていた高見穣吏さんは、後ろから北村孝紘にタオルで首を絞められ、仮死状態になった。

その後、孝と孝紘は高見小夜子さんの寝室を物色し、指輪などの貴金属類の入った小型金庫(時価合計約400万円相当)を強奪し、山分けした。

高見穣吏さんが死んだと勘違いした北村兄弟は、穣吏さんを車のトランクに詰め込み、市内を流れる諏訪川へ向かった。

しかし高見穣吏さんは息を吹き返し、到着した馬沖橋でトランクから上半身を起こし「勘弁してください」と命乞いをしたという。

ところが北村孝紘は躊躇することなく高見穣吏さんを殴りつけ、北村孝が穣吏さんの首にロープをまきつけ、兄弟で両端を引っ張って、再び意識を失わせた。

その後 穣吏さんの首と両手首にコンクリートブロックの重石をつけて川に投げ込み、殺害した。
 
 
ちょうどその頃、高見小夜子さんと北村真美は、大牟田市内の公園に停めた車内にいた。

その日の午後に高見小夜子さんは北村真美から、居場所がわからなくなった債務者探しを口実に呼び出されていた。

北村真美は自分の手で高見小夜子さんを殺害するために彼女を呼び出していたのだが、本人を前にするとためらい、とうとう世間話をするだけて終わってしまった。

そんなこんなしているうちに、9月17日午前6時頃になり、高見小夜子さんは学校に行くはずの穣吏さんを起こそうと電話を入れたが 息子が出ない。

そこで長男の高見龍幸さん(当時18歳・大学1年)に弟を探すように伝えると、小夜子さんは真美の車で北村組の事務所があるアパートに行き、仮眠をとることにした。

先走って土地売買の代金2600万円の強奪に失敗した兄弟は両親に顛末を話して侘びを入れ、協議の結果、家族4人で高見小夜子さん一家を殺害して金を奪う計画を立てた。

そこで北村孝と孝紘は、すりつぶした睡眠薬を混入した弁当を真美に渡し、小夜子さんに食べさせて眠らせることにした。
 
 
9月18日午前0時過ぎ、北村一家4人は寝入っている高見小夜子さんを車に乗せ、ひと気のない河口へ連れて行き、そこで後ろからワイヤー錠で首を絞め、窒息死させた。

手をかけたのは北村孝紘だったという。

高見家の2人殺害を隠蔽するため、北村實雄は高見家に一人残された龍幸さんの殺害を指示した。

午前1時50分頃、實雄・孝・孝紘の3人は高見家に向かったところ、たまたま車で帰宅してきた龍幸さんに出くわした。

龍幸さんの車には友人の原純一さん(当時17歳・定時制高校2年)が同乗していた。

孝紘は實雄に「どうする?」と相談すると、父親は「2人とも殺せ」と言って息子に拳銃を手渡した。

無関係な第三者(原純一さん)を巻き込むことはその場で決まったのだという。

行方不明になった穣吏さんを一緒に探すという口実で、龍幸さんの車に北村孝と孝紘が乗り込んだが、「龍幸の運転は怖い」と理由をつけて、北村孝が運転し、孝紘が助手席に乗り込んだ。

やがてひと気のない河口の岸壁につくと、北村孝紘が助手席のシートを倒して後部座席に座る高見龍幸さんの足を挟み、動けないようにした。

原純一さんは座る側のドアはチャイルドロックをかけられたため、逃げ出すことができない。

北村孝紘はまず原純一さんの頭を撃ち、次に高見龍幸さんの頭にも発砲し、最終的に二人の頭と胸を3発ずつ撃ち抜いた。

ぐったりして動かない二人を乗せた車で移動中に原純一さんが蘇生してうめき声を上げた。

實雄と北村兄弟は合流して相談したあと、孝紘は命じられるままにアイスピックで原さんの胸を突き、とどめを刺した。

行き当たりばったりの殺人劇だったが、4人を殺すのにためらいはまったくなかった。

やがて北村一家は合流先で高見小夜子さんと龍幸さんの遺体を龍幸さんの車のトランクに詰め込むと、高見穣吏さんを捨てた諏訪川へ向かった。

そして午前三時過ぎ、車のナンバープレートをはずし、車ごと川底に沈めた。
 
 
スポンサーリンク



 
 

逮捕

3日間で4人が殺害されたが、この凶悪な犯行が北村一家によるものだということはすぐに露呈した。

9月21日午前10時頃に、高見穣吏さんの遺体が川に浮かんだのだ。

原純一さんの捜索願は早い段階で出されていたので、21日に北村真美が参考人として大牟田署に呼ばれて事情聴取を受けた。

北村真美の事情聴取が2日目に差し掛かったとき、北村實雄が女房に会わせろ!と大牟田署に押しかけてきた。

そして大牟田署内で隠し持っていた拳銃で自分の頭を撃ちぬき、自殺を図ったのである。

その後、3遺体が発見されると北村一家は芋づる式に逮捕され、この事件は「極道一家による連続殺人」として世間を震撼させた。

11月には北村孝が福岡地検の庁舎から逃走し、約3時間後に身柄を確保される騒ぎがあった。

また12月には北村孝紘が全面自供した翌日、留置場でトイレットペーパーを飲み込んで自殺を図っていた。

こうした経緯から、北村の4人は何をしでかすかわからないとんでもない一家という認識が終始もたれていた。
 
 

4人とも求刑死刑→死刑確定

そして北村一家は強盗殺人罪などで4人全員に死刑が求刑された。

2006年10月17日、福岡地裁で北村真美と北村孝紘に死刑判決。

2007年2月27日、實雄と孝にも死刑判決が下り、家族4人全員死刑判決というレアな事例となった。

2審の高裁でも控訴棄却により全員に死刑判決が下り、上告するも棄却され、北村一家4人の死刑がここに確定した。

北村真美は戦後日本14番目の女性死刑囚である。

2017年8月現在、北村真美(2017年で58歳)と北村孝紘(33歳)は福岡拘置所に、北村實雄(73歳)は広島拘置所に、北村孝(36歳)は大阪拘置所にそれぞれ収監されている。

次男・北村孝紘は支援者と獄中結婚をしたため、改姓し、現在は井上孝紘となっている。

映画「我が一家全員死刑」 ※R15+指定作品

北村孝紘による獄中手記「我が一家全員死刑」を原作に、この事件をモチーフとした映画「全員死刑」が2017年秋に公開予定。
 
>>予告編【動画】
 
監督は小林勇貴、プロデューサーは西村喜廣、主演は間宮祥太朗
 
 
 
スポンサーリンク


        [via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼     



市川一家4人殺人事件 関光彦