本サイトには広告が含まれます
PR

インコの病気のサイン!不調を隠す鳥の演技の見抜き方と意外な行動

インコの病気のサイン!不調を隠す鳥の演技の見抜き方と意外な行動

インコに限らず、鳥類にはケガや病気を本能的に隠そうとする習性があります。鳥自身がそれを隠そうとするのですから、病気のサインを早期に発見するのは意外と難しいです。

鳥の体は羽毛で覆われているので、体重が落ちて痩せてきても ぱっと見ではなかなか気づきづらいものです。

皮膚に腫瘍ができていても羽毛に隠れてしまって気づけないことが多く、鳥が自分でその部分をつついてしまい、出血して初めて腫瘍に気づいた…なんてこともよくある話です。

インコの病気のサインに早い段階で気づくにはどうしたらいいか?

いちばんカンタンな方法は、人が鳥から気づかれない位置から静かな環境で鳥をじっくり観察することです。「鳥から気づかれない観察」がキモです。

【インコの病気のサイン】飼い主が見ていない時の膨羽やうとうとが多い

観察しているときにインコが羽を膨らませていたり、午睡以外で目を閉じてうつらうつらしていたら、どこか体調がすぐれない可能性がゼロではありません

人の気配を感じた場合、インコは羽を緊張させて「いつもどおり」をよそおいます。そのため体調不良の初期にはなかなか病気のサインを見抜くことが難しいかもしれません。

逆に飼い主が見ているところで羽を膨らませたり頻繁なウトウトがある場合は、病気がかなり進行していて、気づいたときには手遅れ…という可能性もあります。

【インコの病気のサイン】餌を食べているフリ!砕いてるだけで食べていないこともある

鳥は「名俳優」な生き物で、餌を食べているフリまでします。

餌箱の中の餌をつついていても確実に食べているとは限りません。シードの皮をむいていても食べているとは限りません。

種子の皮をむいて砕いているだけのこともあるので、意識的に観察を続けないと初期の異変を見過ごしてしまうこともあります。

【インコの病気のサイン】排泄物を見れば体調は見抜ける

名俳優なインコの演技に飼い主が騙されてしまうことはしばしばありますが、どんなに演技派でも飼い主を騙せないことがひとつあります。それは排泄物…フンと尿の異常です。

人と同じくインコも排泄物は健康のバロメータで、色・形・量・大きさ・水分量などを見れば、概ね健康状態の良し悪しの見当がつきます。

もし糞の量が少ないのであれば餌を食べていませんから、食欲がない→食欲が落ちてる⇒体重は? いつから食べていない?…等の異変に気づきやすいでしょう。

また、糞や尿の色や水分量がおかしい場合は細菌・真菌・寄生虫などの可能性もあるので、早い段階で病院で検査をすれば、大事に至らずにすみます。

インコのフンの異常からわかる病気の例

フンが大きい・・・卵管炎
おしっこが黄色い・・・オウム病(クラミジア症) 肝炎
フンがお尻から垂れ下がっている・・・ジアルジア
フンが黒い・・・メガバクテリア(マクロラブダス)
血便・・・胃腸炎 中毒 消化管内異物(放鳥時などに鳥が異物を飲み込んだ)
緑色のフン・・・亜鉛中毒 ※青菜や着色料を食べて緑色になることもあります
フンの水分が多い・・・消化管内異物 そのう炎 卵詰まり 腹水 胃腸炎 肥満
多尿・・・痛風 ヘキサミタ 中毒 肝炎
食べた餌がそのまま排泄された・・・消化管内異物 消化管内真菌症

餌を食べているふりは見抜きにくいですが、糞の数は絶対にごまかしがききません。獣医からこう教わりました。

糞の数が25個以下の場合は インコが餌を食べていないか、体調不良を疑った方が良い

白っぽい尿のみの糞が多い場合は水分ばかりを摂取していて餌をあまり食べられていない…ということです。

私は毎日、うちの子の糞の数をチェックしていますが成鳥のマメルリハインコで、1日に大体30~45個程糞をしています。
引用元:インコの急死体験から得た気づきと獣医から教わった小鳥飼育の極意

【インコの病気のサイン】嘔吐!首を横に振るときにも要注意

フンや尿の異常はケージの掃除で気づきやすいですが、嘔吐がないかも確認してください。フンきり網やトレイの敷き紙なども意識してしっかりと観察することです。

ケージの下部ではなく側面の金網もしっかり見てみてください。

金網に汚れや餌の粒子らしき固形物がくっついていませんか?そういうのがくっついていたとしたらそのインコが嘔吐した可能性があります。

鳥は嘔吐するときに首を横に振る習性があるので、吐しゃ物が飛び散って周囲にこびりつくことがよくあります。

下のトレイに吐しゃ物が落ちていなくても周辺にそういう汚れがあれば、嘔吐が疑われます。

ケージ周辺の壁にもそういう痕跡がないか? また 鳥自身の体が汚れていないか?そこまで しっかりチェックしておきましょう。

【インコの病気のサイン】短期間の体重の増減がはげしい

定期的な体重測定はインコの体調の異変にも気づきやすいので、体重をチェックする習慣をつけるとよいです。

オカメインコの場合は 強いストレスを受けただけでも数日で5~10グラム程度 体重が落ちてしまうことが普通にあります。

急に体重減少すると心配になりますが、それが病気によるものかどうかは飼い主さんがしっかり観察して
見極めるしかありません。心配であれば、早めに小鳥の病院を受診すべきです。

短期間で体重が10~20%減少するのは病気の可能性が高いです。体重が3割減ってしまっていたら、それはかなり危険な状態です。

オカメインコの体重は平均で90グラム程度ですから、70グラムを切ってきたら危ないと考えて間違いないです。

飼い主さんは日々入念なインコウォッチングを習慣化しましょう。その配慮が 愛鳥との楽しい時間を長く共有することにつながります。

オカメインコの心不全!突然死を招く病気のサインが意外すぎた【体験談】

オカメインコの飼い主の体験談

これは私のオカメインコ(メス・6歳)ふくちゃんの闘病談です。

ある日の放鳥タイムに私はふくちゃんの異変に気がつきました。右肩が不自然に上にあがってるのです。

オカメインコの右肩が上がっている!痛がらないけど何かおかしい…

それに気づく直前までふくちゃんは普通に飛んで遊んでいたので、

どこかで羽でも傷めたのかな?

…と思ったのですが、それにしては本人も痛がってはいないし、食欲もあり、いつもと変わった様子は見られません。

右肩が上がっている以外はいつも通りいたって元気です。

とはいえふくちゃん自身もどこか右肩が少し気になってるようなそぶりを時々見せていましたが、その時の私はそれを重大視していませんでした。

しかし、それから3日たってもふくちゃんの右肩は上がったままです。

なにか嫌な予感がした私はいつもお世話になっている小鳥のクリニックへふくちゃんを連れて行きました。

「この子は心不全を起こしている。飛ばしちゃだめだよ!」

小鳥の病院ではすぐにレントゲン撮影をしました。

心音や呼吸音の診察をしたとき、ドクターからこう言われました。

この子は飛ばせたら絶対にダメだよ!

その時に見せられたレントゲン写真…あまりにも大きく肥大したふくちゃんの心臓に私は絶句しました。

この子は心不全を起こしている。次に飛ばせたら急死することもあるからね。肩が上がっているのは心臓が肥大して まわりの神経を圧迫してるから。

思ってもみなかったまさかの診断に、しばし呆然。

それにしてもよく気がついたね。あと一歩遅かったら危なかったよ。

ドクターの聴診器でふくちゃんの心音を聞かせてもらったところ、トントントントンと聞こえるはずの鼓動が、トントン……何秒か止まり、またトントン…また止まり…の繰り返しでした。

この肩があがった状態が、まさか病気だなんて気づく飼い主さんは少ないよ。

とりあえず病名がわかったことはよかったですが、心不全…まさか命にかかわる病気だったなんて。

ふくちゃんの心臓に負担がかからないように、治療方法と今後についてドクターと相談しました。

心臓に負担をかけさせないためのクリッピング(羽切り)と食事制限をスタート

このまま心臓に負担をかけ続けることは命取りになるため、まずはふくちゃんが飛べないように翼をクリッピングしました。

さらに毎日、朝晩の降圧剤の投与が始まりました。

その降圧剤は一度でも投与し忘れると鳥が亡くなってしまう可能性があるとのことで、私にとって責任重大な任務でした。

病院からは食餌指導も入りました。

オカメインコのエサにひまわりの種が入っていたら抜くように。

ふくちゃんの心臓をこれ以上悪化させないための重要任務の本格始動です。

私は毎日アラームをかけ、投薬を絶対に忘れないように気を付けました。

また、放鳥したときにふくちゃんが飛び立とうとしないよう細心の注意を払うため、常に私が目の前にいる状態でケージから出したり、飛べないストレスがたまらないようにいっしょに遊ぶことにしました。

飛ばなくなったら体重増加!ペレット切り替えで食餌制限スタート

病院の受診から数日後、ふくちゃんに投薬の効果が現れ始めたのか、上がっていた右肩が次第に元の位置に戻ってきました。

病院を再診した時にも再びふくちゃんの心音を聞かせてもらいました。

このときの心音も多少乱れてはいたものの、しっかり鼓動は聞こえていて、素人でも前回との違いがはっきりわかり、治療効果が確実に上がってきていることを実感できました。

ただ、このときにふくちゃんの体重を計ったのですが、83gから92gまで増加していました。ドクターから

羽をクリッピングしたせいで飛べなくなってしまったから、鳥の胸にある一番大きな筋肉を使わなくなってしまったための体重増加だね。体重増加も心臓に負担がかかるので、今後は体重管理もしっかりしていきましょう。

…とのアドバイスを受けて、食餌をシード食からペレットを中心とした内容に移行し、さらにダイエットを強く意識しながらの闘病生活を続けていくことに決まりました。

ふたたび 投薬に食餌制限を組み合わせた闘病生活を続けた後に病院を再受診したところ、前回92gまで増えていた体重が85g程度まで落ちていました。

心音も落ち着いた状態を維持しており、ふくちゃんの状態がさらに快方に向かっていることがわかりました。

最近のふくちゃんは少しずつ羽が伸びてきて、ジャンプ程度に飛べる?ようになってきています。

そこで心臓に無理のない範囲で動く時間を増やしていってます。

オカメインコと二人三脚の闘病生活10カ月

この投薬治療が始まってから早10カ月。

現在もふくちゃんを思いきり自由に飛ばせてあげることは出来ませんが、少しくらいなら飛んでも肩が上がらない程度にまでになりました。

投薬治療は薬代だけで(降圧剤3本・1本で1週間分ほど)7200円かかっていて、決して安いものではありません。

そこに定期的な診察が加わると1万円強の治療費がかかりますが、ふくちゃんの命には代えられない出費です。

私の自宅から小鳥の病院まで遠いので、降圧剤の3本目をあけたらすぐ病院に電話をして、次の分を郵送してもらっています。

その病院側の配慮がとてもありがたく、そのおかげもあってこれまでふくちゃんとの二人三脚の闘病生活をがんばってこれたのです。

毎日投薬を続けていると、ふくちゃんもそれが日課だと認識してくれたらしく、自ら口をあけて飲みたくもないお薬を我慢して飲んでくれるようになりました。

また羽が伸びてきてしまうとどうしても習性上 飛んでしまうので、先日病院でクリッピングしてきました。

心不全が発覚して初めの3か月間は、症状が落ち着くまで月1ペースで通院していましたが、今は2ヶ月に1度の通院ペースです。

その成果で状態は安定していますが…残念ながら心不全は完治することはありません。

ですが ふくちゃんは診察のたびにドクターに「シャーッ!」と威嚇するほど元気です(笑)

ふくちゃんの心臓がいつまでもつかは分かりませんが、唯一無二の大切な家族の治療に、私はとことん付き合っていく覚悟を決めています。

【追記】インコの心疾患は肥満だけが原因ではない!皮膚からの細菌感染もある

小鳥も人間と同様に循環器(心臓)の病気があり、小鳥の心疾患は聴診やレントゲン検査、超音波検査、心電図などで診断されます。

飼い鳥の心疾患は専門家でも未だよくわからないことが多い領域です。患者の臨床例で心疾患の報告がとても少ないこともその理由のひとつです。

インコがお星様になってから病理解剖に回した結果、死因が心疾患によるものと診断が下ることが多い…つまり生前の鳥の心疾患の診断はなかなか難しいのです。

インコの心疾患は肥満だけが原因ではなく、皮膚からの細菌感染(感染性の心不全)もあります。

心臓が悪いことに気づかずにいるところへはげしい運動をしたり大きなストレスがかかると、突然死するケースも少なくありません。

感染性心不全は若い鳥に多いのですが、心不全自体は加齢と共に増加します。高齢のブンチョウやラブバードに多い傾向があります。

心疾患の症状は ①突然死 ②運動不耐性(安静時は正常だが、運動後 特に飛翔後に呼吸促迫や疲れ、虚脱の症状) ③呼吸困難 ④腹水 ⑤咳 ⑥頸静脈怒張(頸静脈が膨らんだ状態)など。

※鳥の場合、X線検査をしても心臓の形から心疾患を識別するのは難しい。

ストレスの食欲不振を隠していたオキナインコが低血糖症になった【体験談】

オキナインコの飼い主の体験談

我が家にはコザクラインコ2羽とオカメインコ1羽がいますが、「インコがもう1羽増えるくらいどうってことないな」と安易に考えて、里親募集サイトからオキナインコの里子のお迎えを決めた時のエピソードです。

環境が変わっても動じない(ように見えた)オキナインコの里子

そのオキナインコ(3歳・ムギ)は放鳥すると家の中をグルグル自由に飛び回ったりして最初からにぎやかでハイテンションでした。

とっても元気いっぱいで食欲旺盛にも見えたので、何の問題もなく飼っていけると思っていました。

お迎えしたばかりのムギは曲に合わせて体を動かしたりととても活発だったのですが、数日後のある日、異変に気付きました。

あれ?ムギが静かだな…。

いつものムギならケージの扉を開けるとパーッと外に出てくるのに、その日はなかなか出てきません。

次の日もケージの止まり木でじっとして目を閉じていたまま 動こうとしません。

2~3日ほど様子を見ましたが相変わらず元気がありません。

大好きなおやつなら…と思って大好物をあげようとしても食べてくれず、そこで初めてムギが餌を食べていないことに気づきました。

餌は砕かれていたので食べていると思い込んでいたのですが、食べているフリをしていただけだったのです。

低血糖が原因で体調不良に陥っていたオキナインコ

元気がどんどんなくなっていくように見えたムギを、私は小鳥の病院に連れて行くことにしました。

長時間の移動はきつい思いをさせるので迷いましたが、背に腹は代えられない状況でした。

診察や検査の結果わかったムギの体調不良の原因は、低血糖症と脱水。

病院で震えている小さい体に針をさしてブドウ糖を点滴をしました。私たち人間でも注射は怖いのに、あんな小さな体に針をさすのはとても見ていられませんでした。

興奮状態でいつも以上に運動量が多くなっていたところで、いきなり知らない場所に連れてこられた環境の激変や警戒心からのストレスを強く感じていたのかもしれませんね。

低血糖症は運動量に対して食事量が足りなかったことが原因です。

獣医からはオキナインコに適切な食餌と量を与えることや、ストレスのない生活の改善をアドバイスされました。

早くに動物病院を受診したお陰でムギは大事に至ることなく、今でも他のインコ達とも仲良く元気に過ごすことが出来ています。

たまたま見かけた里親募集から軽い気持ちでムギを引き取った…までは良かったですが、いきなり知らないところに連れてこられたインコの身になれば、緊張やストレスを受けて興奮状態が続くのは当然のこと。

私はインコの気持ちなどまるで無視した軽率な行動をとっていました。新しい環境に慣れるまでしばらくは静かに過ごさせるべきだった…と猛省しました。

インコの肺炎初期症状は喉をクルクル鳴らす呼吸音だった【体験談】

オカメインコの飼い主の寄稿

私の愛鳥はオカメインコ(オス)名前はコピー、享年11歳。

11月のある日、コピーが呼吸をするときに「クルクル」と喉が鳴っているような音が聞こえているように感じました。最初は僅かな音だったので、本当に音がしているのかどうかが微妙なところでした。

当の本人はいたって元気そうで、食事もよく食べるし水も飲んでいて、

気のせい?音が聞こえる気がするだけで、変な鳴き方をしているだけなのかな?

…とちょっと不思議に思う程度でした。

しかし、段々とその音がはっきりと聞こえるようになっていったため「これは何かの病気なのでは?」と不安になってきました。

音が鳴っているかどうかが分からないかすかな程度の時からはっきり聞こえるようになるまで、1週間ほどでした。

小鳥の病院を受診したところ、獣医からは

寒暖差が厳しくなってきて、呼吸器に炎症をきたしている可能性がある。とにかく温かくして安静に過ごさせるように。

…とのことでしたが、レントゲンや血液検査を行っても、詳しい原因は分かりませんでした。

この時は栄養剤入りの餌が処方され、血液検査、レントゲン検査などで、病院代が10,000円ほどかかりました。

オカメインコの住環境を保温・過湿して様子をみることに

獣医の助言どおりに環境を整えることから始めました。

家の中では換気をよく行いつつも寒暖差が発生しないように、換気の時も暖房器具はつけたままにしました。

また、ケージから外に出すのも体調をみて、回数や時間を考えてから行いました。

病院で処方された栄養剤入りの餌はなるべく細かくすりつぶして、消化に負担がかからないようにしました。

オカメインコの変な呼吸音が咳に変わってきた

病院受診後、1週間ほどたったころから、コピーから咳が出るようになったので、餌を少し湿らせて食べさせるようにしました。エサが喉を通りやすく、むせ込まないようにするためです。

室内の加湿も行おうと思いましたが、加湿器は相当手入れをしているものでないと逆にカビを増殖させるので使うのは諦め、加湿用の陶器に水を入れてケージの近くに置きました。

コピーが咳をしはじめてから3日後、もう1度病院を受診しましたが、肺炎を起こしていることしか分かりませんでした。

そのまま動物病院に入院し、簡易的な呼吸器を取り付けてもらって少しだけ楽になったように見えましたが、看護の甲斐なく、3日後にコピーは亡くなりました。

インコの肺炎の原因は気道炎や室内の汚れた空気の場合もある

変な音が聞こえてくる1週間前に、親戚の子どもたちが遊びに来て室内で走り回っていたストレスと、子どもたちが暴れまわることで舞い上がった埃を吸ってしまったことがコピーの体調不良の原因だったのでは?…と思いました(確証はありませんが)

オカメインコが急に体調不良に陥った原因は特定できませんでしたが、「老鳥なのだからもう少し環境に気を遣うべきだった」…と悔やまれました。

【追記】インコは呼吸器に影響が出やすいデリケートな生きもの

インコは寒暖差が厳しい時期に室内の空気がよどんだりスプレーやミストが充満するだけでも、呼吸器に影響が出やすいデリケートな生き物です。

特に老鳥は空気の悪さが肺に悪影響を与えやすいですから、こまめな換気や空気の清浄化が健康状態を左右する重要なポイントのひとつです。

特に雛や老鳥が気道炎を起こすと、肺炎になって亡くなることが多いので注意しましょう。

インコが鼻水を出したり、くしゃみを連発したり、鼻詰まりしている。…これを「風邪を引いたか?」「保温すればよくなるだろう」などと甘く見たり、スルーしたりしないでください。インコはヒトのような風邪をひきません。それは気道炎です。

鳥の呼吸器は複雑な構造をしていて、気道の炎症を見分けることが難しいと言われています。

気管炎、気管支炎、副鼻腔炎(洞炎)気のう炎、肺炎をそれぞれ臨床的に見分けるのが困難なので、ひとくくりにして気道炎と呼んでいます。
引用元:インコの気道炎

気道炎の予防には空気清浄機の使用がおすすめです。

オカメインコの脂粉対策!空気清浄機・集毛機・脱臭機のおすすめ7選
オカメインコの脂粉対策は空気清浄機がイチオシ!自分が使ってみて「これはおすすめ!」と思う空気清浄機のレビューをはじめ、羽抜け・インコ臭対策にもなるインコ飼いに人気の集毛機・脱臭機のおすすめも紹介します。

インコの副鼻腔炎!くしゃみと鼻水から始まった通院5か月・治療費15万円【体験談】

インコの風邪?くしゃみと鼻水【副鼻腔炎】通院5か月治療費15万円
インコのくしゃみ・鼻水・鼻づまりは風邪ではなく気道炎(副鼻腔炎)放置すると悪化して命の危険があります。ここではマメルリハインコの風邪症状から始まった重症の副鼻腔炎、そこに予期せぬ尾脂腺腫瘍の手術も加わった5カ月間の長期闘病の体験談を紹介します。

ハッピーインコライフ
▶インコ飼育本のおすすめ

鳥のお医者さんの「発情」の教科書

インコ・オウム、文鳥など、飼い鳥の発情について最新の情報を記載した初の書籍。鳥の専門医によるわかりやすい解説で、産卵や発情に伴う攻撃性上昇など、飼い主さんを悩ませる発情の問題を詳しく・具体的に深掘りします。
 
1章 鳥の体・性の話 
2章 発情期を理解しよう 
3章 発情抑制につながる暮らし方 
4章 ホルモン療法薬による発情抑制 
5章 発情に関連する病気
 
巻末付録:20鳥種別!発情抑制対策・お役立ちシート ご自宅の鳥さんの発情対策の具体的な数字がわかる!目安体重、1日の食事量、日長のタイプ、オス・メス別の発情行動の特徴などを20鳥種ごとに分けて記載。

インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。