オカメインコの卵詰まりの症状と見分け方!予防と卵が詰まる原因の話

オカメインコ 卵詰まり 卵秘

鳥の産卵のメカニズム

オカメインコ 卵詰まり

左からシャチハタネーム印、ヒメウズラの卵、オカメインコの卵、ジュウシマツの卵

鳥の卵の重さは体重の3%といわれます。

これは一般的に言われていることで もちろん例外もあります。

例えば上記の卵を例に見ても ヒメウズラは体重が50グラム、オカメインコは100グラムなのに、卵の大きさはほぼ同じです。

産卵・・・卵・・・というと まず思い浮かぶのは家禽の卵(鶏やうずらなど)かもしれません。

鳥類は日照時間の増加が発情の引き金になります。「光」という刺激から性腺ホルモンが分泌されて、発情してしまうメカニズムがあるからです。

それに加えて、鳥は卵が一定数になるまで産み足そうとする習性があるものもいます。

これらを利用して 養鶏場では一晩中灯りをつけたままにして産卵を促します。

つまりバタリ―ケージという金網でできたケージに鶏を入れ、産むそばから卵を取り上げていくわけです。

こうすることで、最小限の物理的空間で最大限の収穫ができます。

こういうのを考えると何だか切なくて、卵を食べたくなくなるのですが・・・

(w_-; これが現実です。

また、飼い鳥はオスがいなくてもメスだけでも発情し、産卵します。

発情が長く続けば、多くの場合、産卵も続きます。

そんなとき飼い主が不用意に「また産んじゃったの~」とばかりに 産んだ卵を次々に取り上げてしまうと、鳥は

まだまだ全然数が足りないんだよ!

・・・とがんばって卵を産み足してしまうケースが多いのです。

人や一般的な哺乳類とは明らかに違う鳥類の生殖メカニズム。

ペアで交尾したからといって、必ずしも産卵につながるというわけでもありません。

生命の誕生は 未だにわからないことだらけです(>_<)

オカメインコ 卵詰まり

これはうちのビッグマミーが産んだお玉たち。1サイクルで連続8個産卵。

うち、有精卵が7個。ここから5羽が孵り、元気に育ちました。

鳥類の産卵サイクルと卵詰まりのメカニズム

オカメインコ 卵詰まり

ほとんどの鳥は、排卵から産卵までに要するのは24時間かかります。

卵ができるのは1回に1個のみ。

一度に2個以上つくられることはなく、その卵を24時間以内に生み出すことができない状態が「卵詰まり」と呼ばれるものです。

鳥類の産卵は2種類あります。補充性卵生と非補充性卵生です。

補充性卵生はニワトリのように、卵を取り除くとまた産んでしまうタイプで、一般的な鳥は「非補充性卵生」で、一定期間に一定数を産むタイプです。

オカメインコの産卵最高記録は連続80個

オカメインコ 卵詰まり

オカメインコは「非補充性卵生」のはずなのですが、実際は飼い主が卵を取り上げると産み足す子が多いです。

飼い鳥化されている影響だろうか?

うちのオカメ女子たちも、卵を次々に取り上げていったら、連続して9個も産卵してしまったことがありました。

当時の私は 産卵シーズン最中に卵を取り上げることは良くないのを知らなかったため、不用意に卵を取り上げてしまったのです。

その9個産卵した子は決して多産系ではなく、通常なら5個くらいしか産卵しないオカメインコだったのです。

私が不用意に卵を取り上げたことで、およそ倍数の産卵をしてしまったのだと推測します。

卵を取り上げたからといって必ず生み足すかどうかは個体差があるので一概には言えませんが・・・

産卵が止まるまでの間に卵を取り上げたいときは 擬卵(ギラン)とすりかえる方がいいです。

不必要な産卵は高リスクであると同時にエネルギー消耗も高いので 絶対にNGです。

卵を除去する時には必ず擬卵を足して 数の帳尻を合わせておきましょう。

ちなみにオカメインコは毎日産卵しません。1日おきに卵を産みます。

そしてオカメインコの産卵最高記録は、連続80個です。

80個って・・・信じられない(汗)数だと思いませんか?これ、連続して…ですよ。

鳥類はフンをするのも卵を産むのも一穴なのですが、うまれたての卵が汚れていないのはなぜか?というと、鳥の排泄器官(排泄腔)は産卵時に反転し、卵管口が排泄口に重なるからなんです。

だから卵が排泄物と接触することなく産卵されるんですね。

なんとも不思議な構造だなあと思います。

オカメインコが卵詰まりの症状とは?

オカメインコ 卵詰まり

卵詰まりになったメスはふつう巣箱から出てきて、傍目からも いかにも具合が悪い様子を見せます。

バランス感覚がおかしくなるため、脚がぐらつき、とまり木に止まっていられなくなり、床に降りてしまうことが多いです。

この異常は、卵が輸卵管の下部で詰まり、障害物となってしまうことが原因です。

卵が詰まっているため圧力がかかり、周囲の神経系が影響を受けるせいだといわれています。

オカメインコが卵詰まりが起こりやすいのはどんなとき?

オカメインコ 卵詰まり

女の子鳥がふらふらして床に下りてしまったら、卵詰まりの可能性があります。

卵詰まりは初産多産の場合に良く起こります。

また寒い時期に起こりやすいです。なぜかというと、冬は日光浴不足になりやすいから。

冬季に卵詰まりがおきやすい理由は寒いからではなくて、日光浴不足にもあります。

寒い時期はガラス越しの日の光しか浴びられないことも一因でしょう。

ガラス越しの日光浴ではb波がほとんどカットされてしまうため、ビタミンDがうまく吸収されないのです。

ですから、直接日光が届く場所での日光浴でない限り 日光浴の効果はない・・・つまり明るい光に当たるだけでは日光浴にはならないのです。

日光浴不足の弊害は女の子オカメの卵詰まりだけでなく、老鳥の骨粗鬆症などもあります。

ビタミンDが不足すると、人と同じように 鳥も骨折しやすくなるので注意が必要です。

オカメインコの卵詰まりの原因は日光浴やカルシウム不足以外にもあり!

オカメインコ 卵詰まり

カルシウム不足

卵殻のカルシウム量は血中カルシウム量よりも多いということです。

だから卵がつくられる時には、食物や骨からカルシウムを総動員しているのだとか。

カルシウムが欠乏=低カルシウム血症になると卵殻がうまく作られなかったりして、卵詰まりが起こります。

カルシウムの適度な補充は産卵期には必須です。

初産・多産

オカメインコの1羽飼いでも、産卵してしまうケースは少なくありません。

飼い主さんが体を触ることで過発情を誘発してしまうことがよくあります。

飼い主としてはちょっとさびしい気持ちがするかもしれませんが、お年頃オカメインコへのスキンシップはほどほどにしたほうがいいです。

鳥は人に対しても恋をする生き物ですから。

運動不足

運動不足も卵詰まりが起こりやすくなる一因です。

出来るだけ大きなケージで飼うことや、手乗りの子であれば 適度に放鳥させてあげたいですね。

オカメインコが卵づまりかも?と思ったら気を付けるべき2つのこと

オカメインコ 卵詰まり

卵詰まりかな?と思ったら、軽度であれば、暖かい保温容器にいれて安静にしていれば、がんばって自力で産卵できることがあります。

ですが、あまり長引くと命に関わることもあるので、お医者さんに連れて行くのが賢明です。

そのときに詰まっている卵をお腹を押すことで壊してしまうと、腹膜炎を起こす可能性がありますから、女の子オカメをを捕まえる時の扱いはソフトにやさしく注意深く。

お医者さんに連れて行くために捕まえるにも ぎゅっと握るのは危険なので、十分に注意してください。

オカメインコの卵詰まりの医療現場での治療とは?

オカメインコ 卵詰まり

うちは幸い、今のところ卵詰まりを起こした子が出たことがないのですが、以前小鳥の病院を受診したときに、卵詰まりの時の処置を獣医師に尋ねたことがあります。

卵詰まりの処置には 低カルシウム血症の場合はカルシウム剤を注射するということです。

カルシウム不足やカルシウム代謝の異常で卵殻が柔らかなゴム状になってしまって、筋肉が卵を卵管から送り出せなくなっている状態が卵詰まりです。

だから注射でカルシウムを送り込んでやることは 手っ取り早い効果があるのだということです。

それでも卵を生み出せない場合は、卵の中身を吸い取ったり、殻を砕いて摘出したり、それでもだめなら開腹手術になるとのこと。

何度も繰り返し卵秘(卵詰まり)が続く場合は、卵管摘出という手もあるそうです。

オカメインコの卵詰まりの病院での治療費はいくらかかる?

オカメインコ 卵詰まり

※2018年当時の見解です。

触診して卵があるのがわかっているのに24時間産卵しない場合は「卵詰まり」の診断が下ります。

ですから苦しそうにしているときと同様に、病院に相談してください。

卵詰まりをオイルなどを使って自分で取り出すという素人の荒療治をする人もいますが、それではどうにもできない場合も多いですし、命に関わることもあるので、病院に相談するのが賢明です。。

治療費に関しては、うちの子が卵詰まりで病院のお世話になったことがないことから 病院や鳥の種類、治療内容によってケースバイケースですので、ここでは何とも断言はできません。

ただ、参考のためにひとつだけ書いておこうと思いますが・・・

うちのかかりつけの病院では 糞便検査と投薬だけで5000円前後かかります(初診料込みで) そこに注射代としてプラスアルファの数千円増しとか、外科的治療になれば1万円は優に超えるのでは・・・という推測はできます。

これはあくまでも、わたし個人の見解です。

小鳥を診られる病院も専門に診察できる獣医師もかなり少ないですし、ペットの医療費は割高なのが当たり前のようになっています。

卵詰まりといえども万単位の出費があるかもしれないことは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

オカメインコの卵詰まりを早期発見するには

オカメインコ 卵詰まり

卵詰まりを早期発見するには、当たり前なんですが、日ごろからよく愛鳥を観察することです。

特に、普段まめに体重測定をしていると、異変に気付きやすいですよね。

毎日は無理でも もしかして今 発情期かな?と思った時には その期間だけでも できれば毎日体重測定をすると、微妙ではありますが その測定値で卵があるかどうかを概ねチェックできます。

それよりもさらに確実な方法はお腹を触診することです。

お腹を触ると卵があるかどうかがほぼわかります。

それには、人の手で捕まえられて触られても大丈夫なくらい、小鳥と仲良くなっておくことも必要ですね。

オカメインコが卵詰まりかな?と思ったらどう対処する?

オカメインコ 卵詰まり

こういう緊急時は、まず保温してあげるのが基本です。

プラケースやガラス水槽などに小鳥を隔離して、保温して少し様子を見てから、あわてず落ち着いて、臨機応変に対処してください。

アクリルケージがあれば、こういう場合に小鳥を移動しないですみます(いつもの鳥かごのまま過ごせる)

水槽に移動させるよりもずっと鳥にかかるストレスを減らせますから、看護病棟用にアクリルケージをひとつ用意しておくと重宝します。

看護ケース内の保温は 内部の空気を28~30℃くらいに温めます。

32度以上になると鳥が脱水症状を起こしますので、保温ケースを使っての温度管理には必ずサーモスタットを使いましょう。

卵詰まりは保温してあげるだけで、何とか自力で産み落せる場合もあるのです。

ただし、しばらく様子を見ていてもそれが難しいようなら できるだけ早く小鳥の診察ができる病院を受診してください。

最悪…落鳥してしまいます。

オカメインコの卵詰まりの予防のためにできること

オカメインコ 卵詰まり

過発情の予防(発情させすぎない)

重ね重ねいいますが、卵詰まり予防のためにいちばん効果があるのは発情させすぎないことです。

本能による発情はある意味不可抗力ということもありますが…だって本能として備わっているのだから「発情するな!」なんて言えませんよね。

そうではなくて、人間とのかかわりで過発情になっているケースが少なくない…だから人が関わって発情させ過ぎないように気を付けることが重要!という話です。

お年頃女の子オカメは、手乗りだとスキンシップで発情してしまうことがあります。

スキンシップ=飼い主が鳥の体を触りまくる…それによって頻繁に産卵してしまうとしたら、それは完全なる「過発情」状態です。

犬・猫は人に恋をしませんが、鳥は人に恋をします。これは飼い主さんがしっかり認識しておいたほうがいいです。

光(明るさ)の管理

1年中明るい環境で過ごしていて 飼い主と一緒に夜まで起きていることも、過発情の一因です。

この記事の初めの方にも書きましたが、発情はが大きく関与してます。

野鳥が眠る時間には静かな環境で暗くして 休ませてあげる方がいいと思います。

温度管理

発情には 飼育するときの温度も関係しています。

オカメインコに関していえば、彼らは本来寒さに強い鳥種ですから、老齢ではない健康な成鳥であれば 実は暖房にそんなに神経質になることはないのです。

北海道や極寒の地域などは別として、日本のほとんどは温帯に属しているので 健康体なら寒さに少しずつなれさせていけば、ヒーターを四六時中使う必要はありません。

四季感を感じさせる環境で過ごさせることが理想

食べるものに不自由がなく、住環境があまりにも恵まれすぎていると 鳥は四季感を感じることがなくなります。

その結果、1年中産卵してもいいと思ってしまうし、そうすると発情シーズンなど関係なく、年がら年中卵を産んでしまいます。

ヒナや老鳥であれば環境を整えてあげる必要がありますが、飼い主が過発情に悩むような若い鳥たちには、そんなに1年中ぽかぽか快適で常に明るい環境は要らないということです。

そもそもオカメインコは強くて丈夫で長生きする鳥です。

「オカメインコは弱い」神話がささやかれていますが、それは半分はウソです。

オカメインコの落鳥率が高いのは生後1年未満の幼鳥であって、それの時期を乗り越えた若鳥は先天的な疾患を持っていない限り とても丈夫で長生きします。

オカメインコの平均寿命は18年前後。

つまり犬・猫よりもはるかに長生きする個体が多く、20~30歳まで生きる子も珍しくはありません。

だから、オカメは弱い!なんて決め付けずに、若い子はあまり過保護にする必要はないことを知っておいてほしいと思います。

微量栄養素をしっかり補いながら日光不足を予防する

そのほかに大切なのは適切な栄養管理です。

ビタミンDカルシウム不足に気をつけて、日光浴を時々させること。

ガラス越しでは どんなに明るい光に当たっていても 日光浴にはならないことも知っておいてください。

紫外線のB波(UV-B)は、ガラスを通過することができないからです。

だから ビタミンDを取り込むには、屋外でUV-Bを直接浴びることが必要なのです。

冬場はどうしても屋外に出してあげることができずに、日光浴不足に陥りがちですから、そういった場合は事利用のスパイラルライトを使う方法もあります。

スパイラルライトの多くは爬虫類用ですが、それは小鳥には強すぎます。

小鳥には小鳥用のものを使いましょう。