オカメインコのしつけの初めの一歩は放鳥時の合図を覚えさせること!

オカメインコのしつけの初めの一歩は放鳥時の合図を覚えさせること!

オカメインコのしつけ

オカメインコを手乗りにするには、生まれて間もない幼雛を挿し餌して育てる方法と ある程度育った中雛でお迎えして育てる方法があります。

人の手からご飯を食べさせてもらって大切に育てられてきたオカメインコなら ある程度大きく育った中雛からのお迎えでも 問題なくなついてくれますから大丈夫です。

オカメインコのしつけ

中雛とは、概ね巣立ち準備期から生後半年くらいまでの幼鳥をさします。

オカメインコの場合は一人餌になるのが遅い子が多い傾向があります。

これには個体差はありますが、「巣立ち準備期」は挿し餌が切れる前後の頃です。

飛び立つための羽ばたきの練習が始まったり、周囲の環境になじんできて活動的になる頃でもあり、それはまさに鳥の「社会勉強」が始まる時期です。

自然界では 鳥の雛は外敵から身を守る本能が備わっているので しばらくは巣の中でじっとしていて なかなか表に出てこない時期があります。

次第に巣から出てこようとしたり、羽を広げて羽ばたいてみたり…を繰り返す頃から 親鳥から自立して生活するための知識を身につけるために どんどん好奇心旺盛になっていきます。

実はこの時期こそが、オカメインコだけでなく、インコ全般のしつけの最適期です。

雛の好奇心がむくむく湧きあがる時期になると 仲間と一緒に暮らすルールを覚えるために いっしょに遊んだりケンカをしたりと どんどんやんちゃになってきます。

そしてその中から、鳥自身が生き抜いていくための様々なルールを学んでいきます。

オカメインコのしつけ

やんちゃ期のオカメインコは持ち前の好奇心から家電のコードなどを咬んだりすることもあります。

それを人が正していくには あくまでやんわりと、鳥を怖がらせないようにする必要があります。

つまり鳥同士でルールを学ぶのはむずかしくないですが、人が鳥にルールを教えてあげるのは大変なことなんですよね。

言葉が通じないし、インコも種によっては気性がまちまちなので「これが絶対!」というラインもないです。

しかもオカメインコは元来小心者。ビビりで ほとんどの子がガラスのハートの持ち主です。

なので、ひとたび人から怖い思いをさせられると 信頼関係が総崩れになって「手乗り」どころではなくなることはとても多くあります。

手乗りとして育てられたのに 手を怖がるオカメインコはたくさんいるんですよ。

ですから 叱り方・たしなめ方を考えながら 付き合うのが望ましいです。

本当にデリケートで(汗) ぴしゃり!と叱らずに やんわり・じわじわと歩み寄っていく必要があるのです。

とはいってもオカメインコのしつけを そんなに神経質に考えることはありません。

飼い主さんが一緒に遊んであげる中から 自然に少しずつ覚えさせていけばいいのです。

記事タイトルには「オカメインコのしつけ」と書きましたが、しつけというよりは家族として一緒に過ごすときのルールを教えることが初めの一歩になります。

「しつけ」というよりも「学び」に近いと考えてください。

なお、オカメインコのふんのしつけ(トイレ)についての見解は、こちら↓↓↓をどうぞ。

オカメインコにトイレのしつけはできる!?用を足せる鳥もいるけど…
そもそも鳥は1か所で排泄する習慣を持ちません。つまり同じ場所でトイレできない動物の代表格が鳥類だということ。発情や繁殖期などの諸事情による溜めフンは…




【オカメインコの初めてのしつけ】放鳥時にひとつ合図を決めることから

オカメインコのしつけ

まずは、オカメインコをケージから出すときには ちょっとしたしつけをしておくと後々楽ですよ~・・・というお話です。

中雛のうちはケージは単なる住まいでしかありませんが、これが成鳥になると状況は一変します。

オカメインコたちにとって ケージは「自分たちだけの聖域」「自分だけのテリトリー」になります。

例外なく、どの子もそうです。

縄張り意識が強くなると、オスでもメスでも、特に発情期には 飼い主がケージに近づくだけでも 威嚇してくることがあります。

これは持って生まれた本能なので仕方がありません。

それをある程度まで緩和あるいは回避させるには「パブロフの犬」的な条件反射を、幼鳥のうちにオカメインコに覚えさせるといいです。

それにはオカメインコと飼い主との間で、ケージの出し入れの合図を決めることがいちばん簡単な方法です。

名前を呼んで指を差し出すとか、言葉や擬音「ピー」でも何でもいいので、なにかひとつ合図を決めます。

そして鳥をケージから出すときには その合図を発しながら指に止まらせることを繰り返していきます。

これを繰り返すことで、オカメインコの方も「合図があればケージから出られるぞ」と悟るようになり、反射的に指に止まるようになります。

オカメインコのしつけ

放鳥のはじめの一歩からこのしつけをしておくことで、発情期などに指をかまれたりする危険性が激減します。

個体差がありますので、これが絶対!とは言い切れないですが・・・

それでもこういう簡単な条件反射をつけていくことが、オカメインコのしつけの基本になります。

飼い主さんが繰り返し教えるのは手間ですが、オカメインコ側は、これくらいならストレスもなくて簡単です。

ごほうびやおやつで釣るという手もありますが、本当はそれはあまり良くないやり方です。

それは肥満や病気を誘発する可能性が高まるから。

言葉やしぐさなどでわかってもらえるようにするのがベストです。

これを読んでいる限りでは「大変だなあ…」と思うかもしれませんが、オカメインコは元来とても賢い生き物ですから、そんなにむずかしくはないですよ。

放鳥するとケージに入れられないとか、入れようとすると飼い主が噛まれて手におえないといったトラブルはかなり多いです。

鳥と人がお互いに気持ち良く付き合うためにも、こういったルールやしつけを若鳥のうちから教えておくといいです。




子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人で、これは鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)に役立つ情報や体験談を集めたコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新します。