オカメインコの脂粉対策で空気清浄機を使わない4方法を試してみた話

これはオカメインコの飼い主さんの寄稿です

我が家にはオカメインコのララ(オス・12才)がいます。

オカメインコを飼うのはララで2羽目で、1羽目のオカメインコはヒナの時に死んでしまったので、ララが実質的に初めてのオカメインコです。

それまでにも私はセキセイインコとコザクラインコなど小型インコの飼育経験があったのですが、オカメインコに関しては多少の知識はあるくらいで、その飼い方や特質については勉強不足のまま飼育を始めてしまいました。

そして実際に飼い始めてぶち当たった問題がオカメインコの「脂粉」でした。

「オカメインコは脂粉が多い」に飼い始めてから気づいて早急な脂粉対策を迫られ…

オカメインコの脂粉対策

ララが一人餌になった時から 一般的な金網タイプのケージでの飼育が始まりました。

それと同時に、室内に小さな羽が飛び散ることと 通称「オカメ粉」と呼ばれる白い粉が舞い散ることが気になり始めました。

オカメインコのケージ暮らしが始まると同時にオカメ粉が気になるようになって

オカメインコの脂粉対策

脂粉は見た目は粉のようでしたが、触れると少しべたつきがあるパウダーであることが分かりました。

床に落ちた脂粉を掃除機で吸っても、掃除機では完全に吸いきれていませんでした。

掃除の際にケージを動かすと、日々の掃除では取り切れなかった脂粉が壁や床に白くはりついていることにも気づきました。

ララには典型的なオカメインコの行動の「オカメパニック」が頻繁にありましたので、何かの拍子に驚くとパニックになってケージの中を飛び回り、それに伴ってケージの底に落ちた小さな羽や脂粉が部屋にも飛び散りました。

「脂粉は人間のアレルギーの原因になる」と知った私は、自分がそうならないための対策を考えなければ…と思うようになりました。

オカメインコのケージをサンルームに置くことで一定の脂粉対策にはなったけれど…

オカメインコの脂粉対策

ララが1~7才ころまで住んでいた自宅は特殊な間取りになっており、リビングの隣に小さなサンルームがありました。

そこで基本的にララのケージはサンルームに置かれることになりました。

サンルームとリビングの境にはガラス扉がついていたので、ガラス扉を閉めることでリビングに脂粉や小さな羽が入ってくるのを防ぐことができました。

サンルームはいわば「人が足を踏み入れることができるアクリルケージケース」のようなものでした。

扉がガラスだったのでリビングにいる家族の様子を見ることができたため、ひとりぼっちにされる不安をララが感じることはありませんでした。

またサンルームには窓があるので、通常は窓を開け放っておくことで 脂粉や細かい羽を外へ出すことができました。

さらにケージの隣に空気清浄機を置いて稼働させていました。

ララのケージの置き場所(サンルーム)と空気清浄機で 当時の「オカメインコの脂粉問題」と小さな羽の飛び散りはなんとか改善しましたが、その後の時間の経過とともに いくつかの問題点が浮上しました。

オカメインコの脂粉対策の要であるはずの空気清浄機の音でオカメパニックが起こった

オカメインコの脂粉対策

現在の空気清浄機はより静かな造りになっていると思いますが、5年前の空気清浄機は古い型で それなりに音がしました。

その音にララが驚いてオカメパニックになってしまうことがあって「これでは本末転倒だな」…と思うことが度々ありました。

引っ越し先にはサンルームがない!新たなオカメインコ用脂粉対策の必要性に迫られ…

オカメインコの脂粉対策

5年前に現在の家に引っ越しが決まりましたが、引っ越し先は一般的な間取りでしたから サンルームはありませんでした。

そこで引っ越し後はリビングにオカメインコケージを置くことになり、脂粉と小さな羽の飛び散りの新たな対策を考える必要が出てきました。




オカメインコの脂粉対策で空気清浄機を使わない4方法を試してみた話

オカメインコの脂粉対策

5年前の引っ越しと同時にオカメインコケージの脂粉の飛び散り対策を考えるにあたり、今回は空気清浄機を使わないことに決め、 ケージの新調  飛び散りを防ぐ工夫  定期的な水浴び  こまめな水ぶき …の4点を対策に挙げて実践してみました。

ケージのトレイに水を張る方法をアレンジして脂粉や羽の飛び散りを防ぐ工夫をした

オカメインコの脂粉対策

2年ほど前に近所にペットショップがオープンしました。

そこの小鳥売り場では鳥かごのフンきり網の下の引き出しに水をはって、脂粉や羽やごみを受けていました。

水を張ってあるので、下に落ちたものが何かの拍子に舞い上がることはありません。

これは我が家でも取り入れたいアイデアだ。

…と考えましたが、始終水を張っておくことはカビの発生などの衛生面で不安になりました。

そこで引き出しにペットシーツを敷き、吸水ポリマー部分を水で湿らせておくことにしました。

これならペットシーツに脂粉や小さな羽が吸い付いて舞い散りを防げますし、交換も簡単にできて一石二鳥でした。

オカメインコの脂粉対策で水浴びを定期的にさせる

オカメインコの脂粉対策

ネットで脂粉対策を検索したところ、定期的に水浴びをして脂粉をある程度落とす…というアイデアを知りました。

ララは自分から水入れに飛び込んで水浴びをしませんが、霧吹きでの水浴びが好きなので、定期的に霧浴びをさせるようにしています。

脂粉は防水効果があるのであまり効果はないのかもしれませんが、脂粉の舞い上がりは減りましたし、少しでも脂粉を落とせればいいや…という気持ちでやっています。

オカメインコケージを新調し半アクリルケージに変えた

オカメインコの脂粉対策

脂粉や小さな羽を完全にリビングに飛び散らないようにするために、四方すべてをアクリルで囲うのが一番いいと思ったので、はじめてオカメインコケージをアクリルケースに入れることを考えました。

しかしそこにララを入れっぱなしにすることに対する通気性と空気の悪さに不安を覚え、アクリルケースの導入は却下し、ほかに何かいいケージがないかと探しました。

そしてたまたまネットでよさそうなケージを見つけたのです。

それは2面がアクリル板で2面が金網になっているアクリルケージです。

冬の寒い時期は防寒も兼ねて金網部分に透明シートをつけており、そうやって覆うことで 脂粉や小さな羽の飛び散りをある程度抑えることができました。

オカメインコの脂粉の掃除はこまめな水ぶきで対応

オカメインコの脂粉対策

アナログなやり方ですが、脂粉対策にはこまめな水ぶきを心掛けています。

薄い布を用意して、ケージの掃除の際にケージ周りの床拭きと ケージの内部を水ぶきをしています。

水ぶきをすることで、空気清浄機がなくても かなりの脂粉や小さな羽を取ることができます。

引っ越し後は空気清浄機の使用を却下しましたが、これら4つの対策でも脂粉対策にはかなり成果があったように思います。

これに静音タイプの空気清浄機が加われば オカメインコの脂粉対策はより効果が上がるでしょう。

シャーププラズマクラスターレビュー!オカメ飼いにおすすめの最強空気清浄機はこれだ!

 

子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。