オカメインコの脂粉対策とPBFD初期症状!脂粉は健康のバロメータ

オカメインコの脂粉対策とPBFD初期症状!脂粉は健康のバロメータ

オカメインコの脂粉対策

中型インコ、大型インコ、白色オウムの飼育で困ることのひとつは脂粉が多く出ることです。

脂粉とはケージの周りや放鳥の際に周囲に舞って 家具などに付着したりするオカメインコから出るフケのような白い粉のことです。

オカメインコ飼いはこの脂粉を「オカメ粉」なんて呼んでいたりします。

鳥類は気嚢と呼ばれる呼吸システムが備わっていますが、ハウスダストやウイルスに対しては弱い生き物なので、通気と換気に注意してあげる必要があります。

また、インコと一緒に住んでいる人に喘息やアレルギーがある場合、脂粉はそれらの原因にもなり得るので しっかり対策をする必要があります。

脂粉はキメが細かく、しばらく放置してしまうとこびりついたりして 掃除機だけではなかなか吸い取りきれない場合もあります。

また、換羽期に関わらず 脂粉は毎日出てくるものなので こまめに対策をしつつ 掃除を楽にしたいものです。




オカメインコの脂粉対策とメリット・デメリット

オカメインコの脂粉対策

アクリルケージは脂粉回避にはメリット大だけどデメリットも押さえておいて!

鳥の脂粉対策にアクリルケージを使用する人も多いかと思います。

アクリルケージは粉塵対策のためだけではなく、保温・防音効果や 体調を崩した時の看護病棟にも使えますので、確かにひとつ持っていると役立つアイテムです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アクリルバードケージ[マグネット両開き・スリムタイプ]W670×H650×D48…
価格:49680円(税込、送料無料) (2018/11/8時点)

 

楽天で購入

 

ですが、やはり鳥自身の健康のためには、アクリルケージを使う時間や頻度は ほどほどにするべきです。

どうしても防音したい場合や、鳥の体調不良時の看護ケースに使うのはいいですが、ここに常時愛鳥を入れっぱなしにしてしまうのはおすすめできません。

オカメは意外と呼吸器が弱い子が多いですからね。

「部屋が汚れるのが嫌だから」という飼い主の都合だけで アクリルケージの中に入れっぱなしにするのでは あまりにも鳥がかわいそうです。

そこまで潔癖すぎる方はペットを飼おうとは考えないと思います。

といっても「鳥のせいで部屋が汚れて・・・」と愚痴る可能性がある人はたくさんいらっしゃるでしょう。

厳しいことを言いますが、そういう方は、特にインコは飼うべきではない!とここで断言しておきます。

脂粉を嫌がる気持ちはとてもよくわかりますが、鳥に非があるわけではありません。

実は脂粉が出るのは健康の証、一種のバロメータでもありますから、脂粉が少ないことの方が逆に喜べないことです。

空気清浄機を活用してクリーンな環境づくりの一助に

オカメインコの脂粉対策

空気清浄機なども使用して、人も鳥もお互いにクリーンに快適に過ごせる工夫をしましょう。

シャープのプラズマクラスターはうちでも使っていますが、超おすすめです。

空気清浄器を選ぶならこれ一択!と私は考えています。

鳥に水浴びさせるのも脂粉対策には効果的

オカメインコの脂粉対策

オカメインコに水浴びをさせるのも 脂粉対策にはとても効果的です。

脂粉が出るのは健康な証拠です。

脂粉を意識的に少なくするのは難しいですが、水浴びが好きな子であれば、水浴びや霧吹きで軽くシャワーを吹きかけてあげるのもひとつの方法です。

でも、乾燥地帯に生息しているせいなのか? オカメインコは水浴び嫌いな個体も多いですけれども。

どちらかというと男の子の方が女の子よりも水浴び嫌いが多いような気が、個人的にはします。

女の子は卵を保湿するために湿度を求めることが多く、そういった母性本能的からなのか、男の子よりも水浴びの頻度が多いように感じます。

でも基本的にオカメインコは 文鳥やジュウシマツなどのフィンチ類とは違い、あまり頻繁に水浴びをしませんね。

オカメインコの脂粉対策

水浴び嫌いのオカメインコなら、時々霧吹きを使うのもいいと思います。

もちろん鳥が嫌がらなければ、の話ですが。

我が家では霧がミストになるタイプのスプレーボトルを使うと 身体が濡れるのを嫌う子でも それほど嫌がらないで なんちゃって水浴びをしてくれますよ。

脂粉が出ないことを単純に喜んではいられない!PBFDの可能性もある…

オカメインコの脂粉対策

脂粉はその名前の通り、少し脂っぽくて片栗粉状の粉です。

フケみたいなので どうしても好ましいと思えるものではないですが、実はこれは鳥の健康のバロメーターのひとつでもあります。

脂粉が普段より減るのはPBFDに罹患している可能性があるからです。

PBFDとは「オウム類くちばし・羽病」とも呼ばれる、くちばしと羽毛の病気です。

サーコウイルスというウイルス感染により発症し、オカメインコやヨウム、白色オウムが罹りやすい病気です。

感染している鳥の脂粉や糞などから感染するため インコ同士の同居や接触、ケージの使いまわしは避けることが大切です。

新しい家族をお迎えするときに数日間鳥を隔離する必要があるのも、こういった病気の感染を防ぐためです。

オカメインコの脂粉対策

PBFDの症状としては 脂粉の減少、変形した羽根が生えてくる、急激に羽根が抜け落ちる、くちばしの変形や腫瘍化、下痢、免疫不全・・・などが挙げられます。

ウィルスを保有していて3週間くらいで発症するケースもあれば、数か月から数年かかって発症するケースもあります。

これだけ潜伏期間に開きがありますので、すぐに落鳥せずに10年以上生存したケースもありますが、やはり陰転は難しいようです。

PBFDに限らず、小鳥の羽根や脂粉などは健康状態を知るのには重要な部位です。

ケージの掃除や鳥に触った際にどの程度の脂粉があるのかは 日ごろからしっかりと確認しておきましょう。

それから、PBFDウィルスは消毒に対してかなり強いので、ケージなどを消毒する際には 通常アンテックビルコンS(消毒薬)を使います。

気になる方はこの辺りの情報は動物病院に相談してみて その指示に従ってください。