オカメインコの日光浴ガラス越しは効果なし?室内飼育はライトが必須

オカメインコ 日光浴

オカメインコも人間と同じく、日光にあたることでビタミンDを身体内に作り出します。

骨を健康に育てるためにビタミンDは必要不可欠ですが、室内で飼育されているオカメインコはビタミンD欠乏になっていることが少なくありません。

ビタミンDが欠乏することによって、骨粗しょう症やカルシウム欠乏症などの恐れが出てきます。

オカメインコも年を取ると骨折しやすくなってしまうので、健康のためには積極的に日光浴を行いたいものです。

穏やかな季節であれば日々日光浴することが健康な身体を作るためにも大切な習慣となりますが、住環境や季節次第では なかなか思うように日光浴させてあげられないのが実情ではないでしょうか。

ここでは日光浴についての基本事項と、日光浴の方法やコツをお伝えします。

オカメインコの日光浴ガラス越しは効果なし?室内飼育はライトが必須

オカメインコ 日光浴 ライト
日光浴は一週間に一度長時間まとめて日の光を浴びるよりも、毎日短時間の光を浴びさせるのが効果的であり、理想的です。

骨を育てるのに必要なビタミンDには一度に摂れる上限があるからです。

ですから毎日少しずつ継続して日光浴させた方が 継続的にビタミンDを作り出せることから理想的です。

ですが、季節や天候や飼い主の都合もありますので、なかなか理想どおりにはいかないですよねえ^^;

オカメインコに日光浴をさせる時間は1回に10~30分程度で大丈夫です。

あまりにも長時間の日光浴は季節や天候によっては日射病になる恐れもあるため、その時々で時間などを調節する必要があります。

もう一つ大切な点は、室内にケージを置いてガラス越しに光が当たっていても、それは明るいだけで、実質的な日光浴にはならないということ。

ガラスで紫外線がカットされているので 鳥体内ではビタミンDが作られません。

日光浴は直接日光にあたることが重要です。

外にケージを出してしまうと間違えて扉を開けてしまって逃がしてしまいそう・・・ 猫やカラスに狙われそう・・・など心配事は多いですが、窓を開けられる季節なら、室内の網戸越しでの日光浴が安全でいいと思います。

オカメインコの日光浴の時間と夏・冬の注意点

オカメインコ 日光浴 ライト

外で日光浴をする際は 扉にナスカンや南京錠を付けて 扉を開けられないようにしましょう。

愛鳥に季節感を感じさせることは健康に育てるために大切なことなので、季節や天気によって時間や場所を変えて できるだけ毎日日光浴させるのが理想です。

夏は直射日光に当てないように風通しのいい日陰で10分程度の短時間の日光浴にとどめ、冬は日なたで30分程度の日光浴がよいでしょう。

オカメ女子は特に注意!日光浴不足は卵詰まりの原因となる

オカメインコの卵詰まりの症状と見分け方!予防と卵が詰まる原因の話
卵詰まりになったメスはふつう巣箱から出てきて、傍目からも いかにも具合が悪い様子を見せます。 バランス感覚がおかしくなるため、脚がぐらつき、とまり木に止まっていられなくなり、床に降りてしまうことが多いです。

オカメインコが日光浴できない時は小鳥用スパイラルライトを利用しよう

オカメインコ 日光浴 ライト

仕事を持っているから 普段はなかなか日光浴をさせてあげる時間が取れないという方は多いと思います。

そういった場合は市販されている小鳥用のスパイラルライトの利用がおすすめです。

スパイラルライトは自然の太陽に近いので、日光浴と同じ効果が得られるすぐれものです。

市販のスパイラルライトでいちばん多く見かけるのは爬虫類用のものですが、これは小鳥には強すぎるのでダメです。

ですから必ず小鳥用のスパイラルライトを選んでください。