当サイトにはアフィリエイト広告が含まれます
PR

オカメインコのアルビノ?ホワイトフェイスルチノーとスノーホワイト

全身真っ白、純白のオカメインコを見た人は、一瞬それがオカメインコだなんて思わないかもしれません。

え!?よく見ると冠羽も顔も姿もオカメインコだけど…真っ白なの!?

全体的に色味が地味~な鳥…といったイメージが強いオカメインコの仲間ですが、ここで紹介する2種の純白オカメインコ「ホワイトフェイスルチノー」と「スノーホワイト」の美しさは息を呑むほどです。

見た目がまったく同じに見えるこの両者、「アルビノ」ではありませんし、品種も特徴も実はだいぶ違います。

オカメインコのアルビノ?ホワイトフェイスルチノーとスノーホワイト

オカメインコアルビノ

生後5週の彼女
くちばしの周りがごはんまみれで
せっかくの美人が台無しですが、

これはまだ挿し餌を
卒業できてなかったころのうちの姫です。

オカメインコホワイトフェイスルチノーの女の子。

生まれたての姫
オカメインコアルビノ

オカメインコの両親が持つ遺伝子と
遺伝の法則を把握していれば
生まれたてのこの段階
性別はメスだと断定できます。

オカメインコアルビノ

右側の2羽はどちらもホワイトフェイスで、
色柄が全然違いますが、
同胞  どちらもメス。

ちなみに左にいる小さな子は
シナモンパールのメスです。




オカメインコにアルビノはいません

全身真っ白なオカメインコのホワイトフェイスルチノー。

真っ白い個体を一様に
「アルビノ」とも呼ぶ人がいますが、
厳密には「アルビノ」は突然変異個体

そのため、アルビノとホワイトフェイス・ルチノーとは
まったくの別種とする考え方があり、

真っ白な個体だからといって
すべてを「アルビノ」と呼ぶのは
正しくありません。

オカメインコホワイトフェイスルチノーは
ルチノー遺伝子(メラニン色素欠)と
ホワイトフェイス遺伝子(リボクローム色素欠)の
両方を持つタイプです。

全身が純白のとても美しい個体で、
赤目(成鳥ではブドウ色)
くちばしと足はピンク色。
爪は白です。




オカメインコホワイトフェイスルチノーは「ルチノー」スノーホワイトは「パイド」

オカメインコアルビノ

この真っ白なオカメインコのホワイトフェイスルチノーにも
全身純白でそっくりさんの別品種がいます。

それがパイドの完全な色抜けの
「クリアパイド」

ホワイトフェイス遺伝子を持つ個体は
「ホワイトフェイスクリアパイド」と呼ばれ、
ホワイトフェイスルチノーとは似て非なる品種です。

ホワイトフェイスクリアパイドは黒目で、
これがいわゆる「スノーホワイト」です。

このホワイトフェイスルチノーは、
外見上のオスメスの違いがないので、
見た目で性別判定はできません。

早い段階で雌雄判別したい場合には、
DNA鑑定をすれば正確にわかります。

ただ一般的なほっぺがオレンジ色の
「ルチノー」と同じように
個体数はメスが圧倒的に多く、
オスは少数派です。

ホワイトフェイスルチノーは
ほっぺの白い「ルチノー」ですから、
おなじみのルチノー から
色味をすべて抜いて
真っ白にしたのと同じです。

オカメインコアルビノ




オカメインコスノーホワイトは稀少品種なのではないか…と想像するのだけれど?

オカメインコアルビノ

この記事に掲載した純白オカメインコは
全員が「ホワイトフェイスルチノー」

我が家には「スノーホワイト」はいないので
残念ながら自分で撮影した写真を掲載できませんが、
見た目は同じです。

スノーホワイトはブチが全然入らない
全身真っ白で黒目のオカメインコですから、
かなり稀少なのではないかと思いますよ。

100%真っ白って、
狙って交配してもなかなか出ないです。

どこかにチラッとブチが入りそうで。

いずれにしても スノーホワイトは
早い話が「黒目版」ホワイトフェイスルチノー
なので、ぱっと見の区別がつきません。

多くの方が見かけたことがある純白オカメは
ほとんどがホワイトフェイスルチノーでしょう。

オカメインコホワイトフェイスルチノーは
ペットショップではあまり見かけないかもしれませんが、

もしどこかで出会ったら
オカメインコらしからぬ気品に
うっとりすると思います^^




インコ本のおすすめ 
インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。
 


ペットの室内の悩みに最適な空気清浄機 

インコ飼育
オレンジログ