オカメインコのアロマ死亡事例と香りが有毒な植物は普通に売ってる話

オカメインコのアロマ死亡事例と香りが有毒な植物は普通に売ってる話

オカメインコがアロマで死亡

「原因は、アロマディフューザー(発生器)でした。」

ペットのインコが急死したという女性が、愛鳥の死因についてツイッターでこう報告した。自宅でアロマを焚き始めてから1週間後に、インコの体調が急変したのだという。

実際、今回のようなケースについて、鳥類専門の動物病院「小鳥のセンター病院」(埼玉県川口市)の池谷(いけや)真樹院長はJ-CASTニュースの取材に対し、「鳥によって個体差はありますが、アロマを焚くことで中毒死や呼吸不全を起こす恐れはあります」と指摘する。

女性が愛鳥の死を報告したのは2018年1月26日のこと。

私の最愛の娘(オカメインコ)が昨夜亡くなりました。原因は、アロマディフューザーでした。気が付きませんでした。ショックです。(インコを)飼うにあたり、神経質に調べたつもりでしたが、アロマは分かりませんでした。拡散して頂く事で、2度と同じ不幸が繰り返されませんよう祈るばかりです。

女性の投稿は29日夕までに2万回以上リツイートされ、リプライ(返信)欄には「アロマが毒なんて…。知りませんでした」「知らなかった…ずっとアロマ使ってました」といった驚きの声が相次いで寄せられている。

この女性は29日のJ-CASTニュースの取材に応じ、急死したオカメインコは2017年8月に生まれたばかりの幼鳥だと説明。その上で、一連の経緯について、ツイッターを通じて次のように回答した。

まず、女性がアロマディフューザーを購入したのは1月17日。その日から、インコを飼っているリビングでアロマを焚き始めた。女性が寝るとき以外はほぼ一日中、スイッチをオンにしていたという。

アロマを焚き始めてから1週間後の24日、インコの体調が急変した。どんどん動きが鈍くなり、食事もあまりとらなくなった。

女性は25日に動物病院に連れて行ったが、風邪ではないかと診断され、ただ安静にさせるようにとの指示を受けたという。しかし、インコはその日の夕方に死んでしまった。当時の状況について女性は「小さな声を上げて落鳥しました。信じられませんでした」と短く振り返った。

花屋で売っている鳥に危険な植物はこんなにある!

オカメインコがアロマで死亡

「オカメインコに注意すべき」だけでなく、実はこれはほかのペットや小さい子どもにも共通する話です。

オカメインコに害がある香りについては、人工的な香りだけでなく、天然の花の香りにもNGなものがあります。

鉢植え・切り花問わず、園芸店に並ぶ植物には、意外と毒をもつものが多く存在します。

大半が煎じて飲まない限り 猛毒作用はないとされていますが、これから挙げる植物は オカメインコなどの小鳥が食べたらアウト!の可能性が高いと思われますので、注意してください。

トリカブト【過去に保険金殺人にも使われ猛毒植物の代名詞みたいな植物】

オカメインコがアロマで死亡

トリカブトはわりと園芸品種が多いので入手しやすいですし、花も美しいので 園芸種として人気があります。

が、トリカブトの根から抽出した毒などを使った保険金殺人なども過去に数件起こっていますよねぇ・・・。

そのせいもあってトリカブト=猛毒のイメージは巷にわりとしっかりと定着しているように感じます。

カロライナジャスミン【全草猛毒!誤ってお茶にしたら即入院…】

オカメインコがアロマで死亡

カロライナジャスミンは名前が「ジャスミン」という名前がついているのですが、マチンという猛毒の植物の系統で、全草有毒です。

日本ではこれを食べる虫も限られるくらいの毒草で、この葉っぱで作ったジャスミンティーを飲んで入院した…なんて例もあります。

テッポウユリ【極悪!香りだけでも毒!ほぼすべての生き物が嫌がる嫌われ者】

オカメインコがアロマで死亡

人間には無害ですが、犬猫から鳥類に至るまで ほぼ全ての生き物に毒なのが百合です。

とくにテッポウユリは切花で売られているので 家の中で生け花に使う人も多いですが、小動物には香りからして毒という、人間以外には毒草なので気をつける必要があります。

良い匂い♪と感じるのは実は人間だけです。

その清楚な佇まいとは裏腹に、テッポウユリは基本的にほぼすべての生き物が嫌がる嫌われ者なのです。

多肉植物 ウバタマ【一応栽培が許可されているものが出回っているのだが…】

オカメインコがアロマで死亡

via:日本新薬

Lophophora属のサボテンで、メスカリンという幻覚成分のある毒を含んでいます。

ただしサボテンは同定が難しく、学名が書かれて売られていることも稀なので、見極めにはよく勉強して見分ける知識がなければ、なかなか難しいです。

最近は多肉植物がブームになっていますが、サボテンに毒があるとか…個人的には 意外な感じがしないでもありません。

ミルクブッシュ【樹液が毒!発がん作用のある物質が含まれているらしい…】

オカメインコがアロマで死亡

サンゴのような形で可愛いので観葉植物として人気があるミルクブッシュですが、小動物や子どもがかじって体調を崩すことが多い毒草です。

ユーフォルビアという毒の多い植物の系統で、ユーフォルビアの中には、猛烈な心臓毒性があるものもあります。

ユーフォルビアも多肉植物のくくりに入ります。

スイセン【人間も間違えて食べて中毒事故が絶えない】

オカメインコがアロマで死亡

チューリップ【犬が食べて中毒を起こすこともよくあるらしい】

オカメインコがアロマで死亡

アサガオ【和朝顔・西洋朝顔・朝鮮朝顔すべて種が毒】

オカメインコがアロマで死亡

スズラン【可憐な容姿とは裏腹の…死に至る猛毒植物】

オカメインコがアロマで死亡

ニチニチソウ【花だけでなくすべての部位に毒性が!】

オカメインコがアロマで死亡

アジサイ【ペットが食べると死に至るケースも…】

オカメインコがアロマで死亡

エゴノキ【果実や果皮に毒成分が】

オカメインコがアロマで死亡

フジ【『鬼滅の刃』では鬼の毒】

オカメインコがアロマで死亡

シクラメン【人気の室内植物だけど特にペットや乳幼児は要注意】

オカメインコがアロマで死亡

クレマチス【トリカブトと同じキンポウゲ科の猛毒アルカロイドがヤバい】

オカメインコがアロマで死亡

ジギタリス【厚労省のHPにも掲載されてる自然毒】

オカメインコがアロマで死亡

ルピナス【食べられそうな立派な豆に猛毒アルカロイド!】

オカメインコがアロマで死亡

ポインセチア【毒性は強くないがペットや子どもの死亡例も…】

オカメインコがアロマで死亡




近頃大人気のアロイド・・・サトイモ科の植物も実はヤバい!

クワズイモ【サトイモ科】

オカメインコがアロマで死亡

ポトス【サトイモ科】

オカメインコがアロマで死亡

ディフェンバキア【サトイモ科】

オカメインコがアロマで死亡

スパティフィラム【サトイモ科】

オカメインコがアロマで死亡

オランダカイウ(カラー)【サトイモ科】

オカメインコがアロマで死亡

フィロデンドロン【サトイモ科】

オカメインコがアロマで死亡