大分 別府市 66歳女性殺人事件!包丁所持で長男を銃刀法違反逮捕

 
大分県別府市殺人事件

2017/11/3 大分 別府市 66歳女性殺人事件!

11月3日、大分県別府市で、66歳の女性が自宅で血を流して死亡しているのが見つかりました。

警察が殺人事件の可能性もあると見て捜査していたところ、36歳の長男がかばんの中に包丁を持っていたことから銃刀法違反の疑いで逮捕し、関連があるかどうか慎重に調べることにしています。

現場は別府市役所から北に約3キロ。別府大学近くの閑静な住宅街。
 


 
別府市女性殺人事件
via:事件現場(大島てる)

 

11月3日午後8時50分頃、大分県別府市上平田町に住む山野佐知子さん(66歳)と連絡が取れないと、弟から警察に通報がありました。

警察官が自宅に駆けつけたところ、山野佐知子さんが2階建ての住宅の1階にある部屋の畳の上でうつ伏せに倒れ、背中から血を流して死亡しているのが見つかりました。

警察によると山野佐知子さんは1人暮らしで、死後、数日たっていると見られるということです。

背中の傷は1カ所。

遺体の一部で腐敗が進んでおり、死後数日たっている可能性があります。

11月4日午前0時半現在、凶器のような物は見つかっていません。
 
 
スポンサーリンク



 
 

2017/11/4 山野学容疑者を銃刀法違反で逮捕

 
大分66歳女性殺人事件
 
別府市浜町に住む長男の山野学容疑者(36歳)から警察署で話を聞こうとしたところ、かばんの中に包丁を持っていたことがわかり、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕しました。

警察は4日午前2時すぎ、市内の飲食店で1人で食事をしている山野学容疑者を発見し、被害者家族として事情を聴く際、手提げかばんの中身を確認したところ、刃渡り約13.5センチの包丁が見つかったということです。

包丁は新品ではありませんでした。

警察は、遺体を詳しく調べるとともに、学容疑者が包丁を持っていたいきさつや、山野さんの死亡と関連があるかどうかについて慎重に調べることにしています。

2017/11/4 司法解剖の結果

司法解剖の結果、山野佐知子さんの死因は首の動脈を刺されたことによる失血死と判明しました。

死亡から7日から8日経過しており、背中などに10ヶ所以上の刺し傷と、後頭部に打撲の痕が残っていたということです。

 

2017/11/15 母親殺害容疑で36歳長男・山野学容疑者再逮捕

大分県警は11月15日、銃刀法違反容疑で逮捕・送検した長男の山野学容疑者(36歳・無職・別府市浜町)を殺人の疑いで再逮捕しました。

再逮捕容疑は10月27日ごろ、別府市上平田町の山野さん宅で山野佐知子さんの頭を炊飯器で殴ったり、首と背中を刃物で多数回突き刺したりして殺害したとしています。

死因は首の動脈を切られたことによる失血死でした。

山野学容疑者は認否について「黙秘します」と供述しているということです。

山野佐知子さんは11月3日夜、自宅1階の部屋でうつぶせに倒れて死んでいるのが見つかっており、4日未明、別府署が市内の飲食店にいた山野学容疑者の荷物を調べた際、かばんに包丁が入っており銃刀法違反容疑で現行犯逮捕していました。

山野学容疑者は別の家に住んでいましたが、山野佐知子さんが学容疑者と同居していた数年前、学容疑者の暴力行為について県警別府署に相談していたということで、県警は動機や経緯を調べています。
 
 

2017/11/17 凶器から長男・山野学容疑者の指紋検出!

山野佐知子さんを殺害した凶器と見られる血のついた包丁数本と炊飯器から 長男・山野学容疑者の指紋が検出されていたことがわかりました。

山野学容疑者は雑談には応じるものの、母親の殺害については黙秘を続けています。

2017/12/7 山野学容疑者を鑑定留置へ

大分地検は山野学容疑者の刑事責任能力を調べるため、鑑定留置を大分簡裁に請求し認められたと明らかにしました。

期間は公表していません。
 
  
スポンサーリンク



 
 




古美術商ら2人殺人事件