ピアノ騒音殺人事件!最高齢収監死刑囚 大濱松三は今!?

この記事をパッと読むための目次

ピアノ騒音殺人事件

ピアノ騒音殺人事件(ピアノそうおんさつじんじけん)は、1974年(昭和49年)8月28日、神奈川県平塚市で発生した殺人事件で、近隣騒音殺人事件の第1号である。

ピアノの騒音が原因で同団地内に住む大濱松三(大浜松三)に 母子3人が刺殺された。
 

大濱松三の生い立ち

 


 
大濱松三は東京・亀戸の書店を営む家で生まれた。

小学校時代の大濱松三は成績優秀だったが、旧制中学に入ると怠惰になって、卒業後は親類の工場に勤めていた。

1941年、国鉄国立駅の職員になったが、1951年小額の公金を横領して逃げ、金がなくなるとひったくりをやって逮捕され、執行猶予付きの判決を受けた。

一時期はホームレスに転落していたりして、職場も転々と変えていた。

そんな大濱松三にも結婚話が来て、一時期農家の婿養子となったこともあったが、妻が別れた前夫と会っていることが我慢ならず、まもなく離婚した。

1963年頃、自分のステレオの音に苦情を言ってきた隣人と大喧嘩し、それ以来、騒音に異常反応を示すようになった。

近所のよく吠える犬を数匹殺して、警察に通報されたこともある。

取調べでは「近所のガラス戸の開閉音が、爆弾の炸裂音のように聞こえ、脳が破壊されるような気がする」とも言っている。

ところが大濱松三を精神鑑定した医師によると 大濱には精神病症状は見られず、知能も普通であり、責任能力はあるという。

ただし、道徳感情が鈍麻した精神病質には該当すると述べている。
 
 
スポンサーリンク


ピアノ騒音トラブル

大濱松三 ピアノ騒音殺人事件

大濱松三 ピアノ騒音殺人事件

via:naverまとめ

1970年(昭和45年)4月、再婚した大濱松三と妻は、神奈川県平塚市の県営横内団地の4階に入居した。

大濱松三 ピアノ騒音殺人事件
 


  
大濱松三 ピアノ騒音殺人事件
【ピアノ騒音殺人事件】via:事件現場(大島てる)

 

大濱松三には窃盗容疑で二度の逮捕歴があったが、当時は市内の工場に勤める 目立たないおとなしい男だと周囲からは見られていた。

ただ、性格がかなり神経質で、特に音に敏感だったので、自分がテレビを見るときにもイヤホンを使っていた。

しばらくしてから、大濱家の階下に奥村一家(親子4人家族)が入居してきた。

静かな二人夫婦とにぎやかな4人家族が、厚さ12センチの床を隔てて暮らし始めたのだが、これが悲劇の始まりだった。

自動車部品関係の会社員の奥村(以下敬称略)がは日曜大工が趣味だったので、よくトンカチの音を響かせていた。

それが気になった大濱松三は時々奥村に「うるさい!」と文句を言ったが、相手はそれに取り合うでもなく聞き流していたという。

そして3年後の1973年秋には、奥村家にピアノが運び込まれた。

奥村家の小学2年生の長女・まゆみがピアノを習い始めたためで、その後 毎日ピアノの練習曲が響いていた。

まゆみがピアノの練習をしている間中、大濱松三は大きな音をこれ見よがしに立てた。

ある日、まゆみがピアノの練習を終えた後、母親の八重子がちょっとピアノを弾いていると

大濱松三
一日一回でたくさんなのに、二回もやるとは何事だ!

・・・と怒鳴り込んできたという。 
 

47歳だった大濱松三はその頃失業しており、夫婦仲も冷えて離婚話が出ていた。

大濱松三のただでさえ音に神経質で そこに将来へのおびえや不安が重なっている心境に、ピアノの騒音がグサッと突き刺さるように感じた。

大濱松三
親が日曜大工でガタガタうるさくしているから、子供も遠慮しないんだ。

親の教育が悪いんじゃないか

こんな風に苦情を言っても、奥村夫婦は一笑に付していたという。

大濱松三
きっと仕返しをしてやる!

奥村一家に腹を立てていた大濱松三は妻にこう言って、刺身包丁を買ってきた。
 
 
スポンサーリンク



 
 

惨劇

1974年(昭和49年)8月28日、この日も奥村家からのピアノの音が聞こえ始めた。

暑さが増すにつけ、ピアノの音はさらに大濱松三のピリピリと高ぶった神経をさらにいらつかせた。

午前9時20分頃、下の階の36歳の夫が出勤し、33歳の妻がゴミ出しに外に出て行ったのを見た大濱松三は、刺身包丁を手に取ると、306号室に走りこんだ。

奥村家に乱入すると、大濱松三ははじめに8歳の長女を包丁で刺し、続いて隣にいた4歳の次女を刺した。

続けてマジックを手にとって襖に殴り書きをした。

大濱松三の殴り書き
迷惑をかけているんだから、すみませんの一言くらい言え。

気分の問題だ。

大体、来たとき(=入居したとき)も挨拶に来ないし、しもかバカヅラしてガンをとばすとは何事だ。

人間、殺人鬼にはなれないものだ。

そこまで書いたときに、ゴミ出しをしていた妻が家に戻ってきた。

そして妻も大濱松三の突き出した包丁の餌食になった。
 
 

犯行後、大濱松三は海で死にたいと思いさまよい続けたが、ついに死に切れずに3日後に平塚署に自首した。

出頭した大濱松三は罪の意識も見せずに、一部始終を自供している。

1975年(昭和50年)10月、横浜地裁小田原支部で死刑の判決が下りたが、当時騒音に悩んでいた人々の同情が集まり、大濱松三の助命嘆願活動も行われた。

この惨劇には「犯人の気持ちもよくわかる」という人が多かったのだ。

死刑判決を弁護士が不服とし控訴したが、大濱松三はこう言って控訴を取り下げ、死刑判決が確定した。

大濱松三
音の苦痛や無期懲役よりも、ひと思いに死んだほうがいい。

処刑によって自殺を遂げたい

ところが幸か不幸か…2017年7月現在、大濱松三の死刑は執行されておらず、再審請求も出されておらず、今年89歳になる大濱松三は最古参の収監中死刑確定囚となっている。

大濱松三の拘置所内での様子がほとんど外にもれ伝わってきておらず、ただ東京拘置所の中で生きているということがわかるだけとなってしまったという。

死刑囚の中には、いつ「お呼びがかかる」かわからないストレスや拘禁症により、精神に異常をきたす者も多いが、そうなると死刑執行はできなくなるという規則がある(これを利用して精神異常を装う者もいる)

大濱松三の場合も、もしかしたらそのケースなのかも…と個人的には推測するが・・・。

公判当時から「死刑になりたい」といっていた大濱松三は精神鑑定で免責されるとの見方はあったが、死刑判決は覆らなかった。

2017年10月現在 89歳の大濱松三死刑確定囚は東京拘置所に、今も執行されぬまま拘置されている。
  
 
スポンサーリンク