尾田信夫 世界で最も長く執行が延期されている死刑囚【マルヨ無線事件/川端町事件 】

尾田信夫 マルヨ無線事件 川端町事件

1966年12月5日の深夜、福岡県福岡市の電器店「マルヨ無線」に尾田信夫が強盗目的で忍び込んだ。

この事件は「マルヨ無線強盗放火事件」あるいは「川端町事件(かわばたまちじけん)」とよばれている。

尾田信夫(事件当時20歳)はこの店の元店員である。

尾田信夫はマルヨ無線の商品(ラジオ)を質入したことがばれてマルヨ無線を解雇され、少年院に送られていた。

その少年院で知り合った少年(当時17歳)と尾田信夫の2人で強盗を計画し、マルヨ無線に押し入って 現金22万円余りと腕時計2個を強奪している。

尾田信夫は宿直していた2人の店員をハンマーで殴り、現金などを奪い、逃走する時にストーブを倒して放火し、店員1人が焼死させた疑いがもたれていた。

もう一人の店員は自力で逃げ出して無事だった。
  

 
 
1968年の一審で尾田信夫には死刑判決が下された。

控訴審では、こう言って放火を否認した。

尾田信夫
激しく責められたことで、逃げるときにストーブを蹴ったと嘘の供述をしたんだ

しかし、1970年に控訴も上告も棄却され、尾田信夫の死刑は確定した。

共犯者の少年には懲役13年の刑が確定していた。

その後、この事件の再審請求が繰り返され、福岡高裁による検証は二度行われた。

そしてそこで ■ストーブは足で蹴ったくらいでは倒れないこと、■倒れても安全装置が働いて消化されること…が明らかになったが、現在も再審請求が開始されていない。

1970年11月12日に刑が確定した尾田信夫は「世界で最も長く死刑執行が延期された死刑囚」となったが、現在も「放火」に関しては一貫して否定を続け、福岡拘置所に収監されている。

尾田信夫
自分は強盗は認めるが、放火はしていない!
 
 
スポンサーリンク