小田急線で沿線火災!車両に一時燃え移り乗客は避難!

小田急線沿線 火災

9/10 小田急線で沿線火災!車両に一時燃え移り乗客は避難!

 
9月10日午後4時5分ごろ、東京都渋谷区代々木5丁目のボクシングジム付近から出火し 3階建てビルの1~3階の約60平方メートルが延焼しています。

現場は小田原線の参宮橋―代々木八幡間の線路脇です。


 

小田急電鉄は、現場脇の小田原線を走っていた新宿行きの列車(8両編成)を停車させ、乗客150人を避難させました。

その後、この車両にも一時火が燃え移り、屋根約15平方メートルが焼けましたが、まもなく鎮火しています。

東京消防庁によると、けが人などの情報はありません。

小田急電鉄によると、現場に停車した車両から乗客を降ろし、参宮橋駅まで誘導しています。

東京消防庁によると、車両に燃え移った火はまもなく消えたということです。

電車は8両編成の本厚木発新宿行きの各停電車です。

火災に伴って踏切の非常停止ボタンが押されたため、車両は火災現場付近で緊急停車していました。

焼損したのは7号車の屋根部分で、小田急電鉄は被害の確認を急いでいます。
 
 
スポンサーリンク



 
 

9/10 現場の惨状(目撃者目線から)

屋根から炎が上がる車両の中からは、「ドアを開けろ」と叫ぶ乗客の声が響いた。

10日、小田急線の火災を間近で目撃した男性によると、車両内の電気が消え、乗客は動揺した様子だったという。

火元の建物と線路を挟んだ反対側に住む自営業武藤淳さん(51)は、けたたましいサイレンの音で火災に気付いた。

建物から火柱が上がっており、そこに電車が走り込んで停車した。

屋根が燃え始めると、電車は少し進んでまた止まった。

車内では、乗客が火災に気付き、運転席に向かって「ドアを開けろ」と叫んでいた。

運転席から数人が出た後、乗降用の扉が開き、乗客が次々と線路に降り始めた。

しばらくすると、前方の参宮橋駅から数人の職員が駆け付けた。

抱きかかえるようにして乗客を降ろしていったが、全員が脱出するまでに20分ほどかかった。

武藤さんは自宅で窓を開けたとき、顔が焼けるほどの熱を感じたという。

外からは、沿線住民に避難を促す声が聞こえていた。

via:時事ドットコム

9/11 火元のジムで実況見分

 


 

9月11日午前から現場の実況見分が行われています。

9月10日午後4時ごろ、渋谷区代々木のボクシングジムが入る建物から火が出ました。

建物は1階から3階の合わせて80平方メートルが焼けましたが、中にいた人や電車の乗客にけがはありませんでした。

代々木署によると、火が出た建物には「オザキボクシングジム」が入り、ジムに出入りする関係者が「3階でたばこを吸った」と話しています。

そのため上階が火元とみて、ジム関係者らから事情を聴くとともに、失火の疑いも視野に詳しい出火原因を調べる方針です。

9月11日午後には火が燃え移った車両も調べる予定です。

via:ANN

9/11 小田急線火災、消防からの要請で警察官が停止ボタン押していた。緊急停止の8分間に延焼か

 


 
小田急線の走行中の電車に燃え移った火事は 現場に駆けつけた警察官が消防隊員から「消火活動のために電車を止めてほしい」と要請され、非常停止ボタンを押したことがわかりました

そしてちょうど現場付近に停車したために 車両に火が燃え移っていました。

目撃者
火が上がったなと思ったところに、ちょうど小田急線の各駅電車が入ってきた。なぜか、踏切の前で止まった。それで、燃え移ってしまった。
目撃者
消防士が運転士に、『早く動かした方がいい』みたいなことを、結構、怒鳴り声で言っていた。

調べによると、沿線火災を受けて、警察官が近くの踏切の非常ボタンを押したが間に合わず、ちょうど現場付近で車両が止まり、火が燃え移ったということです。

運転士が車外に出たところ、火事に気が付いて安全確認をした後、約8分後に電車を移動しましたが、その時には屋根に火が燃え移っていました。

小田急によると、車体はステンレス製なので燃えることはありませんが、屋根は高圧電流が流れる架線に近いため、絶縁体の役目を果たすウレタン樹脂で一部をカバーしていて、樹脂には難燃剤を混ぜているもののが、燃えないわけではないということです。

警視庁は火災発生当時のくわしい状況を調べる方針です。

9/11 自動ブレーキをかけずにそのまま走行していれば、車両に燃え移ることはなかったかも!?

9/10に起きた火災では、近くの踏切の非常停止ボタンが押され、走行中の小田急線の電車に自動ブレーキがかかり、火災現場の前で停車しました。

どうも偶然火事に巻き込まれた感が強いです。

識者は関係者間で当時の対応を検証する必要があると指摘しています。

国土交通省によると、非常停止ボタンは線路内に人が立ち入った際などの事故を防ぐために設置されており、「安全確保のため電車は速やかに停止することになっている」としています。

JR東日本の場合、首都圏の山手線などは自動で止まるそうですが、他では赤信号を確認してから運転士が手動で列車を止める路線もあるとか。

トンネルや橋など通過した方が安全と乗務員が判断した場合は、列車を進めた後に止めることもあるということです。

鉄道ジャーナリスト梅原淳さん
電車がそのまま走行していれば、電車に火が燃え移ることはなかったかもしれない。
 
小田急と消防、警察は当時の連携が適切だったか、検証する必要がある。

via:産経ニュース
 
 

9/12 石井国交大臣が検証を指示

 


 
今回の車両家裁について 石井国土交通大臣は、沿線で火災が発生した場合の消火活動の在り方について検証するよう指示しました。

石井国交大臣
火災が発生した場合の列車の運行と消防による消防活動の在り方等について、消防や警察とも連携しながら検討するよう私から事務方に指示しました。

石井大臣は合わせて小田急電鉄に対し、乗客の避難誘導や乗務員の対応に問題がなかったどうかも検証するよう要請しました。

国交省によると 地下やトンネルを走る列車で火災が起きた場合は次の駅まで走行させることが決まっていますが、沿線火災の対応については具体的な国の規定がないそうです。

また、警察や消防と鉄道各社の間でもルールはないということです。
 
 
 
スポンサーリンク


        [via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼     



小田急線沿線 火災