O-157の遺伝子型が広域で一致!埼玉ポテサラと関西で同一遺伝子検出

ポテトサラダ O157 食中毒 マルシェ でりしゃす
 


 
群馬・埼玉両県の総菜店のポテトサラダを食べた複数がO-157に感染した問題で、国立感染症研究所で患者から検出された菌の遺伝子が一致したことがわかりました。

さらに同一の遺伝子型の菌が関西でも検出されたことが判明しました。

厚生労働省は9月1日、感染源や感染の広がりを把握するため、患者から発症1週間以内に食べた食事や旅行の有無などを聞き取り調査するよう 自治体に通知を出しています。

O-157患者の報告数は8月14~20日の1週間で144件。

これは過去5年で最も流行した年を超える水準だということです。

感染研で遺伝子を調査したところ、144件の大半の患者で菌の遺伝子型が一致していることがわかりました。

「VT2」と呼ばれる毒素を出すタイプです。

神奈川、千葉、埼玉、群馬など関東で流行しているだけでなく、滋賀、三重、香川、新潟、長野の患者からも同一の遺伝子の菌が検出されています。

厚労省は共通の汚染源の食物などが広域に流通し、患者からさらに感染が広がっている可能性があると判断しています。

自治体に対し群馬、埼玉県の患者から検出されたO-157と同タイプの菌を確認した場合、感染研で遺伝子型を調べると同時、プールの利用動物との接触など患者からも詳細な行動を確認するよう求めています。

感染源が特定されない中で学校給食が始まることから、自治体に対し給食を調理する事業者に感染予防の指導を徹底することも求めています。

また、 厚労省は、O-157に感染しても下痢や腹痛などの症状が出ない場合もあるため、自覚症状がない人でも手洗いの徹底などで注意するよう呼びかけています。
 
 
スポンサーリンク