つくば母子殺人事件

野本岩男 つくば母子殺人事件

1994年(平成6年)11月3日、横浜市鶴見区の京浜運河で、ビニール袋に入れられ、重石をつけられた女性と女児の絞殺死体が発見された。

捜査本部はまず被害者の身元を割るため、首都圏で行方不明になっている母子の失踪時期、肉体的特長、服装などをチェックしていった。

10月29日、この被害者らと茨城県警つくば中央署が受け付けていた捜索願の内容と一致。

被害者はつくば市の主婦・野本映子さん(31歳)と長女・愛美ちゃん(2歳)と判明した。

その後長男・優作ちゃん(1歳)の遺体が横浜港近くの海で見つかった。

これらの状況から見て3人は10月下旬にどこかで殺され、遺体を海に投げ込まれたと考えられた。

捜索願出人は夫の野本岩男(29歳・総合病院医師)だった。

野本岩男は10月29日、勤めから帰宅すると妻子がいなくなっていた、失踪動機についてはまったく心当たりがないと言っていた。

捜査本部は夫に、母子三人が失踪した当時の事情を聞くと同時に、夫婦の身辺調査を始めた。

野本岩男の右手の甲の小さな傷は本人は飼い犬に引っ掻かれたといっているが、妻子殺害時についた可能性があると考えた。

また、捜査が進むにつれて、夫婦間のトラブルも続々と浮上してきた。

野本岩男は茨城県の農家の次男で、学業成績は優秀、筑波大学医学部を出て医者になっていたが、夫婦はその頃からの付き合いで結婚していた。

勤め先での野本岩男の評判は悪くなかったが、金銭欲、財欲が旺盛で、大坂や神戸など3ヶ所に投資用マンションを買っていたという。
 
 
スポンサーリンク



 
 
家宅捜索では妻・野本映子さんの日記が見つかっているが、そこには夫婦の荒廃した暮らしがつづられていた。

野本岩男は複数の女性と付き合い、借入金の利子返済などで いつも金に追われていた。

年上女房の映子さんは夫に文句を言いながらもやりくりのために働かざるを得ず、昼間の微生物研究所の事務員をはじめ、いろいろなアルバイトを続けていた。

時々、夫への当てつけに衝動買いしたり、ブランド品を身につけたりしていたが、そんな生活がいつまでも続くわけがなかった。
 
 
取調官は野本岩男の手の傷を追及するとともに、収集した状況証拠を並べ、早く白状して妻子を成仏させてやりなさいと説得した。

成り行きで犯した罪の重さにおののいていた野本岩男は、事情聴取18日目の11月25日、母子3人の殺害と遺体遺棄を自供した。
 
  
10月29日早朝、朝帰りした野本岩男は妻から離婚を切り出された。

そして慰謝料1億3000万円、妻のローン1000万円を払ってくれと要求された。

勝手な言い分に野本岩男は逆上し、妻を絞殺してしまった。

はっと我に返ると、母を失い、父が殺人者となってしまった子供2人が哀れになったため、眠っている長男を絞殺した。

亡くなった長男に添い寝していたが、出勤時間が迫ってきたとき、長女をどうするか迷った。

野本岩男は最初は自首を考えていたが、長女も殺して誰かの犯行に偽装することを思いつき、思い切って長女も絞殺した。

その後2日間、遺体を自宅に置いていたが、そのままにしておくわけにはいかず、10月31日早朝に3人の遺体を車に乗せ、首都高速の大黒埠頭に行き、非常駐車場から遺体を海中に投げ込んだ。

野本岩男は死体遺棄の前に新宿歌舞伎町に立ち寄って風俗店をはしごし、遺棄の翌日には愛人の看護師とともに北海道旅行の予約を入れていた。

このあたりはちょっと異常な神経だと言われても仕方がない。

3人も殺しておいてどういう心境なんだろう?と不思議に思うところだが、初公判から約1年続いた裁判の中では、野本岩男が何度か声を震わせ泣くシーンがあった。

妻・映子さんははずみで殺してしまったが、子供たちは自分の意思で殺そうと思って殺しているので、子供の話になると自分の罪の重さに耐えかねて、悲壮な顔をして泣き出すこともあったのだ。

野本岩男は逮捕後は捜査に協力的で、すなおに犯行を認め「弁解は何もありません」と反省の色が顕著だったから、この裁判には大きな争点はなかった。

争点は唯一、3人の家庭内殺人が極刑に値するかどうかだけだったといえる。

一審の横浜地裁では、検察側の死刑求刑に対して、無期懲役の判決が下っている。

裁判長
極刑をもって臨むについては 未だ隔たりがあり、無期懲役刑に処するのが相当であると判断する。

検察側、弁護側双方が量刑を不服として控訴された。

ところが1997年1月31日に双方の主張が退けられ、一審どおりの無期懲役が言い渡された。

野本岩男は一旦は最高裁へ上告したが間もなく取り下げ、刑が確定した。
 
 
スポンサーリンク