本サイトには広告が含まれます
PR

【任意整理で今月だけ払えない】そんな相談にも乗ってもらえた!

【任意整理で今月だけ払えない】そんな相談にも乗ってもらえた!

30代女性 これは月々の返済が10万円がとても払いきれない日々が続いたため任意整理の相談をしたときの話です。

友人からネズミ講にさそわれ、ネズミ講と気づかず50万ほどの商品を一括で買うために借金をしたのが事の始まりです。

そこから借金が膨らみ続け、気がつけば借金は100万円まで膨らんでいました。

このままでは結婚どころか 休みなく働き続けなければ返済なんてできない…と思っていたタイミングでよくある副業詐欺に遭ってしまい さらに支払い必要額が増加してしまいました。

一次的に実家の助けを借りていましたが、両親も年金生活の日々。

毎日必死に働いても給料は上がらず 税金は上がり お金は減る一方。

物価が高い東京から出ることも考えましたが、そもそも引っ越し費用さえ捻出できない状態でした。

当時の私は 生活費をスマホ決済から捻出せざるを得なくて 月々の支払いがつらくなる…という負のループに陥っていました。

 

副業詐欺に泣き寝入りし、どうにもやるせなくなってしまったときに、テレビCMで債務整理の広告を見たのが任意整理を知るきっかけでした。

正直「任意整理するのははずかしい」…と思っていたのですが、背に腹は代えられない状況でしたから、ネット検索で債務整理を依頼できる法律事務所を探して依頼をしました。

 

 

支払いスキームは、まずこちらの債務状況の聴取。

その情報をもとに法律事務所側で事実確認。

その間、こちらは着手金として一定額を分割して月払い。

その間に法律事務所側で事実確認と共に金額の確定をする…という流れでした。

着手金の積立てが完了したら本格的な和解交渉に入るということで、2021年12月現在、和解交渉を始めてもらったタイミングになります。

支払いは全て法律事務所経由。私からは直接各金融機関への支払いをしなくていい…というのがとてもありがたかったです。

また、和解交渉をはじめてからも同じ額を事務所に支払い続け、そこの金額から各金融機関への支払いを代行するということでした。

 

その法律事務所から支払いについて詳しく教えていただいたので、債務整理の知識がほとんどない私にはありがたかったです。

途中で一度、全体の流れがよくわからなくなってしまい、再度確認させてもらったことがあるのですが、その際もわかりやすく丁寧に教えていただきました。

今は月々の支払いを26,000円ずつにしているのですが、相談した初回については「資金準備のため」という名目で 支払いを5000円に減額してもらいました。

さらに 月の支払い額が決まってはいるものの、多く払えるときは多めの支払いか可能であることも教えていただきました。

現在、私の収入が減ってしまったため、任意整理で「今月だけ払えない」があるかもしれず、その分の支払いについても相談中となってます。

前職を退職したときに退職金が出ず、転職のタイミングが悪くてボーナスもなく、収入がガクッと減ってしまったためです。この相談がうまく行くことを願ってます。

広告

弁護士等への費用の支払いと和解後の支払いは?

弁護士等への費用は事務所によって異なりますが、債権者1社あたり4万円程度のことが多いようです。任意整理で利息をカットできれば、それによって支払総額が減らせますから、通常は弁護士等への費用を支払っても経済的メリットは十分にあります。

また弁護士等への費用の支払い方法については、分割払いに応じてくれる法律事務所などもあるため、相談してみるとよいでしょう。この時点で債権者への返済をストップしていますから、分割支払いであれば、毎月の支払額としては過度のものにはなりません。

万が一債権者が強硬で交渉が難航したり、依頼者の経済状況が悪化して和解後の支払いがむずかしくなってしまったような場合には、弁護士等と依頼者で相談の上、毎月の返済原資の見直しや自己破産・個人再生への方針変更をすべきか等を検討していくことになります。

万が一和解どおりの返済ができなくなってしまった場合には、再度の任意整理を行うこともできないわけではないですが、条件は最初の任意整理に比べて厳しくなるのが一般的です。自己破産や個人再生を検討する方が適切という場合もありうるでしょう。
全引用元:自己破産と借金整理を考えたら読む本 2016.09.20

【アース法律事務所】無料相談
アース法律事務所

債務整理・破産・個人再生・過払い金請求などが得意な法律事務所です。まずはお気軽に無料相談をどうぞ。