上石神井 45歳セーラー服男 竹田英俊容疑者 死体遺棄容疑で逮捕

練馬区上石神井 竹田英俊 死体遺棄

2017.8.24 死体遺棄容疑で竹田英俊容疑者逮捕

東京・練馬区で、父親とみられる男性を自宅の浴室に捨てた疑いで、男が警視庁に逮捕されました。

現場は、西武新宿線の上石神井駅から南に300メートルの距離にある団地の一室です。
 

 
死体遺棄の疑いで逮捕されたのは竹田英俊容疑者(45歳・無職)

2014年頃、竹田英俊容疑者は 練馬区上石神井の自宅で、男性の遺体をビニール袋に分けて詰め、自宅の浴室に捨てた疑いが持たれています。

竹田英俊 セーラー服男 死体遺棄

via:遺棄現場(大島てる)

 
遺体は白骨化して8つのポリ袋に分けて入れられ、浴槽のふたの上に置かれていました。

警視庁は、身元の確認を急ぐとともに、遺棄した経緯について、竹田容疑者を追及しています。

竹田英俊容疑者は生活保護受給の相談のため、8月23日夕に練馬区役所を訪問しています。

担当者に同居人がいるのか問われ、竹田容疑者は「父は3年前に死にました」と話しましたが その届け出がなかったため、区が警察に通報したことで事件が発覚しました。

調べに対し竹田英俊容疑者は容疑を認め、「遺体は父だ」と話しています。

竹田英俊容疑者
父は3年前に死にました。
  
置いておいたら腐ってしまったので、そのまま置いてます。
 
もしも死んだら一緒にいていいよと言われ、父の遺言で自宅に置いていた。
 
 
スポンサーリンク



 
 

8/24 竹田英俊容疑者は逮捕当時、なぜかセーラー服姿だった!

竹田容疑者について、近所の人は

近隣男性
つい最近見た時は、セーラー服みたいな格好をしていたりするのは見たことある。

セーラー服を着て出歩いていたという竹田容疑者の不審な行動を、多くの近隣住人が目撃していました。

近隣女性
4〜5日前かな。わたし、初めて見たからびっくりしちゃった。
 
ブルーのセーラー服に、赤いおリボンのついたセーラー服。

逮捕当時もセーラー服姿だったという竹田容疑者は、うつむき加減で無精ひげを生やしていたという…。

9/8 赤いスカーフの紺色セーラー服姿!実は付近では有名人!?


 
セーラー服男


 

逮捕時の竹田英俊容疑者の装いもセーラー服だったとか。
 
胸元に赤いスカーフがついた紺色のセーラー服姿…。

でもまあ、画像を見る限りでは、スカートまでははいてないので、完全女装という感じではないですね。

ちょっと安心した(爆)

しかし、竹田容疑者は上石神井付近では知る人ぞ知る有名人だったらしく「駅前で見た」「店の前を歩いていた」などの目撃証言は多いようです。

同じ団地の60代女性
セーラー服を着だしたのは今年になってからです。
以前から女性の洋服を愛用していたわけではないと思います。
近所のコンビニ店員
セーラー服は拾ったもののようで、毎日着ていました。

近隣女性によると 竹田容疑者の母親は30年以上前に家を出て行ってしまい、以来、父と子の2人暮らしだったという。

同じ団地に住んでいた叔母に世話をしてもらっていた時期もあったようで、家庭的には少々複雑だったようです。

叔母の引っ越してしまってからは、再び父親と2人暮らしでしたが、同じ団地に住む住民でも竹田容疑者のことを「顔も知らなかった」という人が多い。

週刊女性の記者の取材では、竹田英俊容疑者を知っている人が一人だけいたようです。

しかも知っているのは、その80代男性と竹田容疑者の間でトラブルがあったからだと。

80代男性
3~4年ほど前、ある日突然、竹田容疑者が家の扉を蹴ってきたんです。

なぜ蹴ったのか?と理由を尋ねるこの男性に竹田容疑者は逆ギレし、最終的には父親が謝罪することで収拾がついたと。

その後、竹田容疑者の父親の姿が見えなくなったので心配していたといいます。

竹田容疑者に父親の居場所を尋ねた団地の人もいたらしいのですが、竹田容疑者は「入院しています」と答えるだけだったという。

そして竹田容疑者の奇行が目立ち始めたのもこの頃…おそらく父親が亡くなった頃かららしい。

食事はアパート前の縁石に腰かけてパンをかじっていた。

入り口付近にある共用の水道で水を飲んでいた…などを近所の人が目撃していました。

近所の人には「気分転換してる」というようなことを言っていたらしいですが…室内に遺体があるのだから、部屋にいるのは相当きつかったのではないか!?と思いますね。

無職だから 次第に生活も困窮してきたようで、「2000円貸してほしい」と頼まれた男性もいたそうです。

コンビニのトイレを利用してヒゲを剃ったり身体をふいたりは日常的にあったらしく、店員も客も困惑し、近所のコンビニは出入り禁止になっていたという話も。

竹田容疑者には親しい人もおらず、居場所もなかったようです。

福祉事務所
民生委員も見回りはしていますが本人や近所から相談がないと動けない場合もあります。
貧困や孤立しても福祉のセーフティーネットに引っかからない人も確かにいます。

そして竹田容疑者はセーラー服姿で街をさまよっていた。

誰かに注目してほしいという願望の現われではなかったのか、と思わないでもないですが…百歩譲っても、その奇行に理解を示すのはムリ(;^_^A アセアセ・・・

via:週刊女性9/19号

 
スポンサーリンク


 



浪速区タワーマンション心中