猫虐待死の税理士を東京地検が起訴!公開裁判で罪に問うのが相当

猫虐待 税理士起訴 大矢誠

2017.8.29 熱湯やガスバーナーで猫を殺した疑いで男を逮捕

熱湯をかけるなどして猫を殺したとして、警視庁は、大矢誠容疑者(52歳・税理士・さいたま市見沼区御蔵)を動物愛護法違反の疑いで逮捕していました。

大矢誠容疑者は「自分がしたことは有害動物の駆除で、法律違反になるとは考えていない」と開き直っています。

逮捕容疑は埼玉県深谷市の廃屋周辺で、2016年4月から2017年4月にかけて計3回、捕獲器に猫を閉じ込め、熱湯を浴びせたり、ガスバーナーで焼いたりして殺したというもの。

大矢誠容疑者は2016年1月~2017年4月に少なくとも13匹の猫に対して虐待や殺害行為をしたことを認めていました。

その様子を録画し、匿名のファイル共有サイトに投稿していました。

2017年5月に動画を見た人から通報を受けて 警視庁が調べていました。
 
 
スポンサーリンク



 
 

9/6 「猫殺した容疑者に懲役刑を」署名運動で37000人分の署名

動物I語法違反で逮捕された大矢誠容疑者に対して、農園カフェ勤務の綿引静香さん(44)が9月6日に、懲役刑を求刑するよう求める約37000人分の署名を東京地検に提出しました。

動物愛護法は犬や猫などの愛護動物を殺傷した場合、2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科すと定められています。

法務省によると、2016年に検察が扱った同法違反事件は90件ほど。

起訴された事件は33件あったものの、このうち29件が罰金刑を求めた略式起訴という、意外に軽い措置です。

ただ、中には裁判が開かれて懲役刑が求刑されたケースもあります。

綿引さんは男の逮捕が報道された8月末から、ネット上で懲役刑の求刑を求める署名を呼びかけていました。

「男の残酷な行為をネットで支持する人たちがいる。男が厳しい刑を受けることで動物虐待の抑止になれば」と話していました。

9/16 ネコ虐待死の罪で税理士を東京地検が起訴!公開裁判で罪に問うのが相当

9月15日に東京地検は 大矢誠容疑者を動物愛護法違反の罪で起訴しました。

東京地検は「犯行態様などを考慮し、過去の事例との比較もした上で、公開の裁判で罪に問うのが相当と判断した」と説明しています。

起訴状によると、大矢誠容疑者は2016年4月~2017年4月、埼玉県深谷市内で猫をケージに閉じ込めた上、熱湯をかけたりガスバーナーであぶったりして計3匹を殺したとされています。

大矢誠容疑者はその様子を撮影し、サイトに投稿していました。

この事件をめぐっては、裁判で罰金刑ではなく、懲役刑を求刑することを東京地検に求める署名が、約6万筆集まっているということです。
 
 
スポンサーリンク


 



多頭飼育崩壊 ネコ53匹