【福岡小郡母子3人殺害事件】中田充を再逮捕!子供2人の殺害容疑!妻の死亡推定時刻が子供2人より前だった可能性が高い

中田充 福岡小郡母子3人殺害事件

2017.6.15 中田充容疑者を子供2人の殺害容疑で再逮捕へ

福岡県小郡市の民家で6月に母子3人が殺害された事件で、県警は来週にも中田充被告(39・福岡県警元巡査部長・妻への殺人罪で起訴後に懲戒免職)が子供2人を殺害したとして 殺人容疑で再逮捕する方針を固めました。

母子3人の遺体の状況などから妻・中田由紀子さん(当時38歳)が先に殺害された可能性が高く、中田充被告が子供2人も殺害した疑いが高まったと判断しています。

中田充容疑者は 6月6日、自宅で長男の市立小郡小4年、涼介さん(9歳)と長女の小1年、実優さん(6歳)の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。

子供2人の首にはひものようなもので絞められた痕があり、県警は現場に残された筋力トレーニング用のゴムチューブが凶器だったとみています。

県警は室内が荒らされておらず 外部から侵入した形跡もないため、第三者が関与した可能性は低いとみて捜査していました。

その後、医師の鑑定などから中由紀子さんの死亡推定時刻は子供2人より前だった可能性が高いことが判明。

中田由紀子さんに子供を殺害する動機も見当たらず、中田充被告が由紀子さんを殺害後に子供2人を殺害した疑いが強いと判断したものです。

事件は6月6日朝、中田由紀子さんの姉が1階台所で由紀子さんの遺体を、2階寝室で涼介さんと実優さんの遺体を見つけて発覚しました。

県警は当初、無理心中の可能性があるとみていたが、司法解剖の結果、3人とも首を絞められ殺害されていたことが判明。

中田被告は「(出勤時に)3人は寝ていた」と説明していましたが、県警は中田由紀子さんの爪に被告の遺留物が残っていたことなどから、6月8日に中田充被告を由紀子さんを殺害した疑いで逮捕していました。

中田充被告は3人の殺害を一貫して否認しています。
 
 
スポンサーリンク


[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼