名古屋ドラム缶女性焼殺事件

名古屋ドラム缶焼殺事件

2000年4月4日午前0時頃、名古屋市千種区の路上で、川村幸也(当時36歳) 野村哲也(30歳)を含む犯行グループ6人が、喫茶店経営者・深谷茂樹さん(56歳)と妻・洋子さん(64歳) その妹・勝子さん(59歳)を襲撃した。

川村幸也と野村哲也は3人を角材で殴りつけ、逃げた深谷茂樹さん以外の女性二人を拉致し、車で瀬戸市の山中に連れて行った。

そこで二人に頭からビニール袋をかぶせ、ドラム缶に押し込め、焼殺した。

数時間後に二人の死体をチェーンソーで細かく切断し、遺棄して逃走した。
 
 
スポンサーリンク



 
 
この事件の数ヶ月前、川村幸也と野村哲也は 詐欺を働くために共同で会社を設立していた。

後に犯行グループのメンバーとなる野村哲也の同僚たち4人を言葉巧みに欺いて、社長などのポストに就かせた。

同僚たちとは、野村哲也が以前勤めていた運送会社にいた 牧田晃和(当時40歳)、佐藤光希(37歳)、白沢秀樹(45歳)、池田浩市(28歳)である。

同僚たちを重要ポストに就かせることで、詐欺行為が明るみに出ても 自分たちは責任を問われないと考えたからだ。

その一方で川村幸也と野村哲也は、利益は自分たちの手に入るように 自分らは元暴力団員であると騙り、メンバーたちに頻繁に暴力を振るうことで 会社の実権を着実に握っていった。

ところが思惑とは裏腹にこの会社は一向に利益が上がらず、すぐに資金繰りが悪化した。

急場をしのぐために川村幸也と野村哲也はメンバーにサラ金から借金をさせるなどして資金を調達するも、やがて行き詰ってしまった。

メンバーたちはこの状況に耐えられなくなり辞めると言い出したが、川村幸也と野村哲也は「辞めるなら、お前も家族もぶっ殺す」などと脅して辞めさせなかった。

そんなメンバーたちは川村と野村は絶対であり、逆らうことができない存在なのだと 次第に思うようになっていった。
 
 
その頃、金融会社を営んでいた野村哲也の父親から、240万円の不渡り手形の回収を引き受けた。

この手形を振り出したのが喫茶店を営む深谷茂樹さんだった。

回収に乗り出した川村幸也と野村哲也は、名古屋市内のホテルの喫茶店に深谷さんを呼び出し、手形金を支払う念書を書かせたが、その後も深谷さんが返済をする気配が一向に見られなかった。

そうこうしているうちに、元暴力団員だった野村哲也の父親から催促が来るようになった。

川村幸也と野村哲也は深谷さんへの怒りと野村の父親に対する恐怖から犯行を決意した。

殺害された深谷さんの妻と妹は、たまたま深谷さんと一緒にいたために犯行に巻き込まれてしまったのだった。
 
 
深谷さんからの通報で、愛知県警は犯行グループの行方を追い、間もなく共犯の4人を逮捕した。

共犯らの自供から2000年4月10日(犯行の6日後)、川村幸也と野村哲也は逮捕され、二人とも犯行を認めた。

共犯らは「川村と野村に5000万円の生命保険を掛けられて、言うとおりにしないと殺すと脅された」と供述した。
 
 


 
公判では一審・二審とも、川村幸也と野村哲也ともに死刑判決が下り、2006年6月9日に上告が棄却され、2人の死刑が確定した。

4人の共犯者のうち、牧田晃和と佐藤光希には無期懲役白沢秀樹と池田浩市に懲役12年が確定している。

そして事件から約9年後の2009年1月29日、名古屋拘置所で、川村幸也と野村哲也の死刑が執行された。

川村幸也は44歳没。

野村(後に佐藤に改姓)哲也は39歳没
 
 
スポンサーリンク