名古屋アベック殺人事件

 
名古屋アベック殺人事件
 

1988/2/22 名古屋アベック殺人事件

この「名古屋アベック殺人事件」は翌年に起きた「綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」と共に凶悪少年犯罪の双璧と言われた事案である。

A男(19歳)をリーダーとする非行少年グループは「噴水族」と呼ばれていた。

グループを結び付けていたのはシンナーだったが、名古屋市中区栄のテレビ塔近くの噴水周辺にたむろしていたので、そんな風に呼ばれていたらしい。

A男・・・当時19歳・とび職・リーダー格
B男・・・当時17歳・とび職
C男・・・当時20歳・無職
D男・・・当時18歳・無職
E子・・・当時17歳
F子・・・当時17歳

男4人は暴力団の準構成員でもあった。
 

1988年(昭和63年)2月22日夜、A男たち6人はいつものようにテレビ塔周辺でたむろしていたが、皆ふところが寂しく、誰が言うとなく「バッカン」をやろうということになった。

「バッカン」とはアベックを襲って金品を強奪することである。

少女2人を含む非行少年グループ6人は2台の車に分乗して名古屋埠頭に向かった。

そこで2台の車を鉄パイプや竹刀で次々と襲い、計86,000円を手に入れた。

それに勢いづいたメンバーは、もう2~3件やろうということになり、大高緑地公園(緑区)入り口の駐車場に車を乗り入れた。

とっくに日付が変わった2月23日午前4時半頃、A男が駐車場内に停まっている白いチェイサーを見つけ、あれをやろうと言い出した。

即座に承知したのはB男で、シンナーでラリッていた仲間もそれに賛同した。

乗用車のアベックはX男さん(当時19歳・理容師)Y子さん(20歳)だった。

A男・B男らはまず2台の車で乗用車の退路をふさいで、X男さんを車から引きずりだし、鉄パイプや竹刀で滅多打ちにされた。

X男さんが気絶すると車内で腰を抜かしているY子さんを4人の少年が性的暴行を加えた。

検察側の論告
A男は「やきを入れたれ」と言い、C男、E子、F子は代わる代わる「熱いか。熱いか」といいながら、タバコの火をY子さんの肩、腹、背中、乳房等に押し付けた。

Y子さんは泣きながら「熱い、やめて」と哀願したが、A男は「ばかやろう。ぶりっこするんじゃない」と言いながら、この野獣たちはY子さんの背中にタバコの火を押し付けた。

A男とB男はライターの火でY子さんの髪の毛を焼いた。

E子はY子さんの髪の毛をつかみ引っ張って、その場に仰向けに倒し、ハイヒールを履いた左足でY子さんの左腕を踏みつけた。

F子もY子さんの右手をハイヒールを履いた足で踏みつけた。

さらにA男は 全裸にされて横たえさせられていたY子さんの両足首を持って広げ、■■にシンナーをかけ、タバコの火を腹部付近につけた。

Y子さんは放心状態だった。

その後立ち上がったY子さんに対しE子は手拳で腹を殴りつけ、それに他の3名も加勢してY子さんを手拳で殴打したり足蹴にしたりした。

 
 
スポンサーリンク


 
 
 
その後ふとA男は気づいた。

A男
こいつらをこのまま解放すると、顔を見られているから サツにタレこまれる。
男は殺して、女はどこかに売り飛ばそう。
それが駄目なら、女も殺すほかない。

A男がそう言い出すと仲間も「そうだな、早く片付けないとヤバい」と焦り始めた。

2月24日早朝、愛知県長久手町にある卯塚公園墓地にX男さんを連れて行くと、A男とB男がロープの両端を持ち、くわえタバコのままロープを引っ張りあい、X男さんを絶命させた。
 
2月25日午前2時、グループはスコップや懐中電灯を用意して、三重県大山田村(現・伊賀市)の山中に到着した。

2人を埋めるための穴を掘ると、中にY子さんを座らせ、首にロープを巻きつけると、A男とB男が引っ張り合って、Y子さんを絞殺した。

この様子をC男はタバコを吸いながらニヤニヤ笑ってみていた。  
 
 

2月23日朝、大高緑地公園で 窓ガラスが割られ、車体がボコボコにされている乗用車が発見された。

所有者のX男さんが行方不明になっていることもわかり、警察の捜査が始まった。

その後目撃情報などから、2月27日にA男、B男たちが逮捕され、彼らの自供どおりの山林から 男女の遺体が発見された。

新雪に覆われた2人の遺体は、土中から頭部を一部露出した形で乱雑に埋められていて、全身には激しい殴打の痕が認められた。

被害者の2人は理容師を目指しており、2人の交際は双方の両親も認めていたという。

Y子さんはX男さんのことを「お兄ちゃん」と呼んでいた。

検察側の冒頭陳述

現場に到着した一行のうち、A男B男C男は交代で すでに死体になったX男さんと、これから殺害するY子さんの死体を埋めるための穴を掘った。

E子
最後にしてほしいことある?
Y子さん
お兄ちゃんの顔が見たい。
お兄ちゃんと一緒に埋めて。

A男とB男が車に戻るとY子さんは目隠しされたまま涙を流していた。

A男は握り飯と缶ジュースを渡し 食べるように言ったが Y子さんは泣きながら

Y子さん
これを私と一緒に埋めて。
殺されるんでしょう。
お兄ちゃんと一緒に天国で食べますから。
お兄ちゃんが死んでるのに私だけ生きていてもしょうがない。
死ぬ覚悟はできている。
お兄ちゃんと一緒に埋めて。
最後にお兄ちゃんの顔を見せてください。

A男は「みせてやれ」とB男に言い、B男はY子さんの目隠しをはずして死体を見せた。

Y子さんは声を押し殺し、涙を流しながらX男さんの死体の両手を縛ってあるロープを解いた。

その頃、A男B男C男D男F子は 首を絞めるためにロープをライターの火で焼き切った。

25日午前3時頃、A男は「それじゃやろうか」と言い、目隠しをした。

Y子さん
こんなことをしても警察につかまる

Y子さんの右側にA男、その左側にB男が位置し、A男がY子さんを穴の近くに連れて行った。

Y子さんは地面に尻をつけ両膝を立てた。

Y子さん
やるなら早くしてください。
一気に殺してください。

そこでA男はY子さんの左側に、B男は右側に立ち、その首にロープを2回巻きつけ、A男の「引っ張れ」の合図でロープの端をそれぞれ持って力いっぱい引っ張った。

しかし3分ほどして「はずれた」といって再度まき直した。

Y子さんは両足を痙攣させて、うつ伏せに倒れていた。

A男は「綱引きだ。ちゃんとひっぱれや」といいロープを引っ張った。

「念のためもう一回やる」といってB男とともにY子さんの首を三巻きにして後ろで交差させ、両名で両端を持ち 綱引きのような恰好で一気に引っ張った。

さらにA男はタバコを吸いながらロープを引っ張った。

 
スポンサーリンク



 
 

「少年だから死刑になるはずはない」

 


 

1989年(平成元年)6月28日、名古屋地裁は主犯格のA男(当時19歳)に死刑、B男(当時17歳)に懲役17年、C男(当時20歳)に無期懲役、D男(当時18歳)に懲役13年、E子とF子(共に当時17歳)に懲役5~10年の不定期刑を言い渡した。

当時19歳だったA男に死刑判決が出たのは

A男
少年だから死刑になるはずはない

・・・とうそぶいたのが裁判官の心証を悪くしたといわれているが、それよりも犯行の残虐性が極刑の最大の原因である。

名古屋地裁
Y子の首に綱を巻きつけたA男とB男は「綱引きしよう。このタバコを吸い終わるまで引っ張るんだ」などとふざけながら絞殺した。
その冷血非情さには、一片の情状酌量の余地もない。

20歳未満の少年への死刑判決は、永山則夫以来10年ぶりだった。

A男とB男は判決を不服として控訴した。

他の4被告は控訴せず、一審の刑が確定した。

1996年(平成8年)12月26日、名古屋高裁はA男に「矯正の可能性が残されている」として無期懲役を、B男に対して懲役13年の減刑を言い渡した。
 
 




 
 

遺族への慰謝、ほとんどなし

名古屋アベック殺人事件でクローズアップされたのは、被害者遺族への慰謝の問題だった。

少年法の厚い壁に阻まれて審理の結果を見守ることしかできなかった被害者2人の遺族は、この事件の後に加害者側に対して民事で慰謝料請求裁判を起こして、その請求が認められている。

その金額は、X男さん側が総額4926万3459円、Y子さん側が総額5218万3026円。

しかしながら、2003年8月の時点でX男さんの遺族が受け取った慰謝料の合計は798万6500円、Y子さんのほうは1572万9000円・・・まだ全然足りてない!とはいえ、これらは事件後15年間に支払われた総額なのである。

しかしこれが6人全員の支払い総額というわけではなく、B男C男D男は本人も家族も賠償金を支払う意志をみせておらず、話し合いの場にすら出てこなかったそうだ。

2遺族が受け取った賠償金はほとんどがA男の家族によるもので、E子とF子の2人もいくらかは支払ったらしい。

現在(2017年)はさらに14年が過ぎているけれど、その後にどのくらいの慰謝料が払われたのか…。

一般的に言って 加害者側からの慰謝料の支払いは速やかに履行されていないことの方が多い。

川崎同級生殺人事件のケースなどでも加害者の父親は1000万円の慰謝料を全額支払わなかった(いくらまで支払われたかは不明)

賠償金を取り決めただけで実際はきちんと払えない(払わない)くせに 加害者が情状酌量されたのでは、被害者遺族はたまったものではない。

慰謝料の支払いの有無は別として、無期懲役であるA男とC男以外の4人は服役を終えて社会に戻っている。

しかも家庭を持ち、子どもがいる者もいる。

その後の犯人たちを取材したルポを読む限りでは、彼らはX男さんとY子さんのお墓を訪ねたこともなければ、そのつもりもないという。

被害者遺族の無念と理不尽さを思うと、何ともやるせない。

その後の少年法の部分的改正により、家裁から逆送できる年齢が引き下げられたり、16歳以上は原則として検察官送致となったりと、少しずつ前進…しているかのように見える。

が、少年犯罪の処遇はまだまだ不十分というか生ぬるいと言わざるを得ない。

ネット検索で被害者の名前は知ることができるのに、成人を迎えている少年犯罪者の名前は少年法に守られているケースも多い(最近は週刊誌などで遠慮なく実名公表も顔出しもしているけれど)

どこかの番組で、少年法によりずっと実名が公表されないのは日本くらいのものだと耳にしたことがあるが、まずここからしておかしいし、だいたい凶悪犯罪に成人も未成年もないのでは。

少年犯罪にも身の毛がよだつような冷徹で残酷な事件は山のようにあるのに。
 
  
スポンサーリンク


via:現代日本殺人史/殺人百科データファイル

 




名古屋アベック殺人事件