【四大死刑冤罪事件】免田事件…免田栄・元確定死刑囚

免田事件

祈祷師夫婦殺し

1948年(昭和23年)12月30日、熊本県人吉市の祈祷師・白福角蔵宅で白福夫妻(夫76歳・妻52歳)が殺害され、娘2人(14歳・12歳)が重傷を負い、現金が盗まれた。

犯行時刻は12月29日深夜から翌30日午前3時の間と推定された。
 
 

暮れの惨劇から年が明けた1949年1月13日。

警察は熊本県球磨郡免田町(現・あさぎり町)に住む免田栄(めんださかえ・当時23歳・1925年11月4日生まれ)さんを、玄米を盗んだ罪で(別件)逮捕。

免田栄さんは一旦は釈放されたが、1月16日に強盗殺人容疑で再逮捕された。

なぜ免田栄さんはこういう形で逮捕されたのか!?

それには免田栄さんが暮れにたまたま宿泊した宿「丸駒」が、警察官たちが関わる売春宿であったことに関係している。

実は地元の警察官たちは身寄りのない少女たちの保証人となって売春宿で働かせ、見返りを受け取っていたのだ。

免田栄さんはこの事実を知ってA子を気の毒に思い、身請けをA子の義母B子に申し出たのだが、B子は自身の売春斡旋が露見することをおそれて警察に相談した。

これを知った警察は自分たちの売春関与を隠すために、免田栄さんを合法的に抹殺しようとしたのである。

免田栄さんは宿で出会った接客婦のA子の身上話を聞いていたとき…ちょうどその日の夜が明ける直前に熊本県人吉市で強盗殺人事件が起こっていた。

だから免田栄さんにはアリバイがあり、殺人事件現場に行けるはずなどなかったことも承知の上で警察は免田さんを逮捕したのである。
 
 




 
 
逮捕当時23歳だった免田栄さんは持病で体調を崩しており、座っているのがやっとという状態だったという。

そんな免田容疑者に警察官たちは容赦ない拷問を加え続けた。

食事を与えない。
眠らせない。
怒鳴る。
殴る。
蹴る。
足首を縄で縛って天井吊りにする。
裸に冷水を浴びせる。
房には暖房がなく、トイレにも行けない。

そして毎日、こんな風に怒鳴られ、ののしられた。

警官
俺たちは戦争に負けても 天皇陛下から公職を戴いた。
お前ら水呑み百姓といっしょにするな!

免田栄さんは警官のこのセリフ↑を強く覚えているという。

免田さん
死刑囚として、権力というものの恐ろしさをずっと味わってきました。
天皇はその頂点にいるんです。

免田栄さんは1925年(大正14年)11月3日生まれだったが、戸籍上は11月4日としている。

それは明治天皇と同じ誕生日では畏れ多いということで、一日ずらして届け出られたからであり、当時はそんな時代だったのである。

免田さん
日本は公(=権力)の犯罪に甘く、私(=個人)の犯罪に厳しいんです。
私を裁いた田中耕太郎(第二代 最高裁長官)は「司法の安定のためなら、国民の一人や二人が犠牲になってもやむをえない」と明言していました。
 
すべてお国のため、天皇陛下のためです。
だから冤罪が作られても、心が痛まないのです。
 
 
スポンサーリンク



 
 

死刑判決

免田栄さんは拷問に耐え切れずにでっち上げの自白調書を認めてしまった。

免田さん
4人を襲い、山中に逃げた。
返り血のついた服を小川で洗い、12月30日に丸駒に泊まった。

実際に丸駒に泊まったのは12月29日だったが、A子たちも「30日だった」と証言した。

免田栄さんは公判では否認に転じるが、拷問によるものとはいえ自白の事実は重かった。

他の冤罪事件にも言えることだが、虚偽であっても一度自白してしまうとそれを覆すのは難しく、現代でさえ「自白は証拠の王」とされている。

裁判所は目の前にいる被告人の話よりも、警察官や検察が作った調書を重視する。

しかも運が悪いことに、免田栄さんの最初の弁護人は明らかにやる気がなく、被告人が自白してしまっている事実があったためにやりにくかったのかもしれないが、免田さんの死刑判決確定までに時間はかからなかった。

1950年3月23日、熊本地裁は免田栄被告に死刑判決を言い渡した。

被告人側は控訴するが、1951年3月19日に福岡高裁は控訴を棄却。

さらに上告するも1951年12月25日、最高裁は上告を棄却。

1951年1月5日に免田栄被告の死刑判決が確定した。

絶望の中で、免田栄死刑囚は獄中の収容者といろいろな話をしたという。

当時の拘置所は人権などに配慮がない一方でゆるいところがあり、収容者同士の交流が許され、スポーツも盛んだったそうだし、小鳥や猫などを飼うこともできた。

収容者同士でお互いの身の上などを話し合ううちに仲間もできた。

仲間からは「本当は人なんか殺していないがどうにもならない。もう諦めた」と打ち明けられたり、友人の執行を何度も経験した。

当時は執行が決まると数日前に知らされるシステムだったから、執行される前に挨拶することもできたのだ。

免田さん
房の扉には食器を出し入れする八寸四方の食器口があるんですが、そこから手を入れてきて「今日でお別れです。お世話になりました」と握手を求められました。
 
私は何も言えず、ただ手を握り返すだけでした。
70人は見送ったと思います。

友との別れもつらいが、明日はわが身である。

筆舌に尽くしがたい苦しみが続いていた。

そんな中で免田栄さんの心の支えになったのは聖書だった。

房内で手にしたガリ版刷りのパンフレットの「死の影の谷を旅すとも、災いを恐れず。汝、我と共にあればなり」(旧約聖書)…この言葉を読むと心が落ち着いたという。
 
 
スポンサーリンク



 
 

再審無罪判決

そんな折、免田栄さんに転機が訪れる。

教誨師として訪れた外国人神父が「再審制度」の存在を教えてくれたのである。

大正生まれで読み書きが満足にできなかった免田栄さんに「再審請求のことなら、この人に聞きなさい」と、政治犯を紹介してくれた刑務官もいた。

現在ではありえないことだが、免田栄さんはその政治犯の房に通って 再審請求に必要な法律知識などを教えてもらうことができた。

その後、免田さんは文字を毎日3枚だけ支給されるちり紙に書きつけて覚えた。

免田さん
こんなことで殺されてたまるか!ととにかく必死でした。
本当にやっていませんから。
命もほしいけれど、真実はもっとほしかった。

そして免田栄さんは1952年から再審請求を合計13回行い、このうち2件が受理された。

再審請求の費用は、支援者らのカンパによりまかなわれた。

さらに社会福祉法人・慈愛園の園長だった故・潮谷総一郎氏という強力な支援者とも出会いがあった。

たどたどしい文字で書かれた免田さんの手紙を読んで無実を確信した潮谷氏は「丸駒」のA子を探し出し、偽証したことを認めてもらったのだ。

これが第3次再審請求の柱となり、無罪への道が開けたのである。

実際のところでは 免田栄さんの再審請求申し立ては第5次請求まで全て棄却されている。

第3次請求は地裁の再審の開始が決定されたものの、検察の即時抗告により高裁で棄却となっていた。

そして最終的に第6次再審請求が承認され、1979年9月27日に再審が開始されたのである。

再審では A子の証言によりアリバイを証明する明確な証拠が提示されたことや 検察側の主張する逃走経路に不自然な点が見受けられたことなどが指摘され、1983年7月15日、免田栄さんは死刑囚として初の再審無罪判決を勝ち取ったのだ。
 



 

再審無罪判決を言い渡した当時の熊本地裁八代支部裁判長の河上元康弁護士は、朝日新聞の取材にこう答えている。

河上氏
灰色無罪じゃないでしょう?
全く間違ってた。
我々の先輩が間違った、ということなんですね。
 
いったい、この若造のぼくがね、まあ合議体ですけれども、思い切って無罪と言って大丈夫なのか、という気持ちになりますよ、そりゃあ。
 
しかし「どう考えても、これは動かない」と、そういう確信を持ちましたんでね。
「よし、これで行こう。納得できる判決が書けるだろう」と。
 
裁判というのは、はっきり断言できる事件ばっかりじゃないですよね。
そういう意味では、ぼくは幸運だったんじゃないのかな、と思いますね。

何度も再審が棄却される有名な事件を担当することに不安はあったが、検察に証拠をすべて開示するよう指示し、記録を精査することで、免田栄さんを無罪とした。

釈放された免田栄さんは、後に自分を取り調べた警察官や検察官、死刑判決を下した裁判官たちに会いに行ったが、すでに退官して天下ったり、弁護士になったりしている人々の言葉は「俺たちは仕事でやった」「今さら批判するな」という反省のかけらもないものだった。

最初に免田栄さんに死刑を言い渡した熊本地裁八代支部の裁判官・木下春雄は「ごくろうさん」とだけ言ったという。
 
 




 
 

冤罪のヒーローの末路

 
無罪が確定しても、未だに免田栄さんを犯人だと思う人もいて、故郷では暮らしていくことができずに 妻と共に福岡で生活していた。

一躍「冤罪のヒーロー」になったが、それは「世間」という新たな敵との戦いの始まるでもあったのだ。

免田栄さんには9071万2800円の刑事補償金が支払われたが、その半分以上は自動的に弁護費用として日弁連に差し引かれていた。

さらに、晴れて自由の身になり、記者会見を終えて祝宴を上げていた免田さんのところに 支援者を名乗る2人がそばに寄ってきて「支援に苦労したのだから謝礼しろ」と金品を要求されたという。

いかほどか?と聞くと

俺は弁護士に頼まれて証人探しに、宮崎から長崎、北九州と幾度もまわったが、費用は一銭ももらってない。
私も同じようなことを弁護士に頼まれて探し回った。
そうだ。
あんた(=免田さん)は社会に出たばかりだからわからんだろうが、刑事補償費が出るのだから、50万はもらわないとな。

無罪は確定したが、金儲けの道具として免田さんを利用するような連中がうようよいたことに、免田さんは幻滅したという。

その後、世間の関心ごとが事件から遠ざかるにつれ、多くの支援者が免田さんの元を離れていった。

しかし誹謗中傷の類は、いつまでも終わることがなかった。

「人を殺したのに、よくのうのうとしていられるな」…こうした封書や電話がずっと入っていた。

1990年に落語家の立川談志が「絶対やってないわけないんだよね」とテレビ番組で発言し、これにはさすがに免田さんも抗議し、後に謝罪がなされているが「これが世間の率直な心証を代弁したものなのだ」と改めて認識したという。

さらに社会復帰しても免田さんの拘禁ノイローゼ症状は続いていた。

拘禁ノイローゼとは刑務所や拘置所の房内など閉鎖された狭い空間に長時間置かれることで起こる神経症の症状で、頭痛、吐き気、呼吸困難などの症状を伴ったり、重度になると幻覚や幻聴が起こることもある。

長年の再審請求などの費用は莫大なもので、1億円近い多額の刑事保証金を受け取っても「儲かった」わけではないし、相変わらず世間はつらく厳しいのが現実なのである。
 
 
スポンサーリンク


 




免田事件