【四大死刑冤罪事件】松山事件…斎藤幸夫・元確定死刑囚

松山事件 冤罪 斎藤幸夫死刑囚
 
1955年(昭和30年)10月18日未明、宮城県志田郡松山町(現・大崎市)の農家から出火し、焼け跡からこの家に住む一家4四人…家主(当時54歳) 家主の妻(当時42歳) 夫婦の四女(当時10歳) 長男(当時6歳)が遺体で発見された。

遺体解剖の結果、長男以外の頭部に刀傷らしきものが認められたため、放火殺人事件として捜査本部が設置された。

警察の現場検証で発見された薪割りが凶器と見られた。

聞き込みにより妻の派手な男関係が明らかになり、痴情・怨恨説、無理心中説まで浮上したが捜査は難航し、11月末で捜査本部は解散したのだが、その後の12月2日、宮城県警は東京都板橋区の精肉店に勤めていた斎藤幸夫(さいとうゆきお・当時24歳)さんを別件の傷害容疑で逮捕した。

傷害を認めた斎藤幸夫さんは松山町の放火殺人事件で激しい追及を受け、拷問に耐え切れずに12月4日に嘘を自白。

その後に起訴されてからは一貫して否認を続けたが、1957年10月29日に仙台地裁で死刑判決を言い渡された。

1959年5月26日に、仙台高裁が控訴を棄却し、死刑判決を支持。

1960年11月1日に最高裁が上告を棄却し、斎藤幸夫被告の死刑が確定した。
 
 




 
 

斎藤幸夫死刑囚の第一次再審請求は棄却されたが、第二次再審請求でようやく再審が開始されることになった。
 


 

他の冤罪事件と同様に、松山事件でも違法な捜査や裁判が行われていた。

再審で問題になったものに「真犯人しか知りえない秘密」がある。

被疑者が「犯行現場の囲炉裏のある部屋に大きな自在鉤があった」と述べていたので現場に行って確認したら、本当に自在鉤があった。
それまでは知らなかった。

斎藤容疑者を取り調べた警部は この自在鉤の存在を「秘密の暴露」としたのである。

※自在鉤(じざいかぎ)…いろりの上から下げ,鍋や釜を掛けてつるす道具。

東北の民家で囲炉裏の近くに自在鉤があるのは特に珍しいことではないが、そもそも事件後の現場検証で警官たちが自宅や囲炉裏の周辺を捜索しているので、これは秘密の暴露にはなり得ない。

それなのにどういうわけか裁判所もこれらの証言を認めていたのである。

さらに、血痕の鑑定書も捏造されたものであることが判明した。

自宅から押収された斎藤幸夫さんの掛け布団に付着していた血痕と被害者の血液が一致するという鑑定書を、再審判決は捏造と認めた。

最初に行った鑑定が警察の思惑通りの結果ではなかったため、ひそかに再鑑定させた「二重鑑定」の事実も明らかになった。

枕や敷き布団には血痕などなく、掛け布団にだけ血痕がついていたのはなぜか!?

犯行時の返り血を浴びたまま布団に入るはずはないし、拭いたときに残っていたなら 掛け布団以外にもついているのが自然である。

しかし裁判官たちはこの点の不自然さも全く無視していた。

被告人に有利な鑑定書は確定審の公判には提出されておらず、二重鑑定の事実も長年にわたって秘密にされていた。
 


 

そもそも、最初の鑑定書が採用されていれば死刑判決を受けるはずはなかったのだ。

再審無罪の判決は、これらの点を厳しく批判している。

このような捜査・訴追の方法は被告人らに弁明の機会を全く与えないもので、手続きの公正・公平さを疑わしめるものである。

これらは鑑定人のミスではなく、警察による捏造である。

実は被害者の血液ではないことが明らかになりそうだと思った警察は、大学から証拠品の掛け布団を借り出していた。

これは本来、ありえないことであり、しかもこの証拠品は起訴から2年3ヶ月もの時間を経て提出されている。

その上、この鑑定書が決め手となって斎藤幸夫被告に死刑判決が下されるのだが、提出が遅すぎることを当時の裁判所は問題視することもなく、そのまま死刑が確定してしまっていた。
 


  
斎藤幸夫さん
死刑台から生還しました。

1984年7月、仙台地裁前で再審無罪判決を受けて釈放された斎藤幸夫さんは支援者たちに囲まれて満面の笑顔を浮かべた。

『鉄格子なき 空の広さや 母と笑む』

当時の喜びを斎藤幸夫さんはこんなふうに詠んでいる。
 


 

この無罪判決を受けても検察側は控訴せずに、すんなり無罪が確定した。

拘留期間は28年7ヶ月に及び、刑事補償金7500万円を受け取ったものの、支援者に分配された後、老いた母と暮らしていくにはあまりにも少ない「自由の代償」…斎藤幸夫さんは晩年、生活保護を受ける生活だったという。

結婚もかなわず、国などを相手取った損害賠償請求訴訟にも敗訴。

高齢の母が施設に入所してからは酒の量が増えて肝臓を患い 斎藤幸夫さんは2006年に75歳でこの世を去った。
 
 
スポンサーリンク


 




松山事件 冤罪 斎藤幸夫死刑囚