京都市伏見区路上刺傷事件→死傷事件

 

2017/12/31 京都市伏見区路上死傷事件

12月31日午後3時すぎ 京都市伏見区肥後町の路上で「人が2人刃物で刺されている」と通りかかった人から通報がありました。

20代の男性は右胸を刺され、40代の男性は左腕を切られました。

2人は病院に運ばれ、1人は心肺停止状態です。 20代の男性が死亡しました。

※男性2人は 27歳と45歳とわかりました。

男は黒っぽい服を着ていて、徒歩で逃走したということです。

現場付近にはバンパーが大きく壊れた車が止まったままになっており 警察が調べています。

警察は2人を刺した人物が逃走していると見て、行方を追うとともに、現場の状況を詳しく調べています。

現場は伏見区役所から西に400メートルほど離れた住宅街。

京都市伏見区役所の近くで、細い路地に沿って住宅やマンションが密集しています。
 


 

伏見署によると、刺された2人と男が口論しているのを通行人が目撃していました。

近隣女性
家の外で『あほか』などとけんかをする声が聞こえた。
そして家を出たら刃物を持った50代くらいの男性が放心状態で立っているのを見た。
そのあと、ふらふらと歩きながら逃げていくのを見た。

刃物のようなものを持った男が男女グループの中にいた男性2人を刺して、そのまま現場から逃走したということで、警察が、殺人の疑いで行方を追っています。

男は40~50代で、黒っぽい上下の服を着ていて、グループの男女とは顔見知りだと見られるということです。

 

2017/12/31 「男とトラブルについて話し合うためマンションに来た」


 

京都府警によると、死亡したのは猪飼将希さん(いかいまさき・27歳・大津市木戸)と判明しました。

もう一人の被害者である大津市の男性(45歳)は左腕などに重傷ですが、意識はあるということです。

警察によると 逃げた男は40~50代で上下とも黒っぽい服装をしていました。

現場には当時、猪飼さんら2人のほか、男女2人と子ども1人がいたということです。

一緒にいた男性(24)と女性(21)
人間関係のトラブルについて話し合うため男のマンションに来た。
猪飼さんは車から降りたところを、逆上した男に刺された。
男は包丁を持って逃げた。

近くには猪飼さんらが乗ってきたと思われる滋賀ナンバーのワゴン車が、前部のバンパーが破損した状態で止められていました。
 
京都市伏見区2人死傷事件

via:https://youtu.be/RThNsdZ3D0c

 
現場に刃物は残っておらず、男が持ち去った可能性が高いということです。

近隣女性
怒鳴り声がしたので外に出ると、サングラスをして帽子をかぶった男が放心状態で震えながら立っていた。
ワゴン車が周囲の家の壁にぶつかりながら蛇行運転していて、怖かった。
別の女性
クラクションの音が鳴りっぱなしだったので外を見ると、人が倒れていた。
女の人が『刺されるから出てきたらあかん』と大声で叫んでいて、近くに刃物を持った男がいて、走って逃げた。
https://mainichi.jp/articles/20180101/k00/00m/040/041000c 毎日新聞

2017/12/31 警察に出頭した中村正勝容疑者を逮捕

2人を刺したとみられる男は徒歩で逃走後、大阪府警四條畷署に出頭しました。

身柄の引き渡しを受けた京都府警が殺人未遂容疑で男を逮捕しています。

伏見署によると、男は中村正勝容疑者(50)

容疑を認めており、殺人容疑でも調べる方針です。

中村正勝容疑者
刃物で人を刺した。
相手の命はどうなってもいいと思って刺した。

刺された2人は現場近くにある中村容疑者の自宅とみられるマンションを車で訪れていました。

伏見署の説明では、猪飼さんと男性は、子ども2人を含む男女計7人で現場を訪れていました。

猪飼さんらと一緒にいた男性(24)と女性(21)は警察の調べに

(中村容疑者と)人間関係でもめていた。
皆で話し合うためにワゴン車で現場まで来た。
猪飼さんと男性は車を降りた直後、刺された。
中日新聞/京都新聞

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017123101001080.html  http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20171231000068
 
 



 
 

2018/1/1 中村容疑者が重傷男性の娘(21)と同じ職場でトラブルか!?

中村正勝容疑者(50歳)は「重傷の男性の娘と以前、同じ職場で働いていた」と話していて、男性の娘との間に何らかのトラブルがあったとみられます。

重傷の男性や娘、それに猪飼さんらは、トラブルを巡る話し合いをしようと中村容疑者の自宅近くに車で乗り付けたところを襲われています。

男性側が話し合おうと呼びかけ、男性が娘や知人の猪飼さんらとともに中村容疑者宅に向かい、到着後、男性や猪飼さんが車から降りようとしたところ、中村容疑者が刃物を出したということです。

中村容疑者はかばんに刃物をしのばせて現場に行き、トラブルになっていた男性側と話し合いを始めると間もなく刃物を振り回したことがわかりました。

中村容疑者は警察に対して「相手の命がどうなってもいいと思った」という趣旨の供述をしていて、警察は猪飼さん殺害容疑についても立件を視野に調べる方針です。

朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASL114JM9L11PLZB001.html

2018/1/1 司法解剖と家宅捜索

司法解剖の結果、猪飼さんの死因は出血性ショックと、心臓の周囲に血液が溜まって圧迫される「心タンポナーデ」であることがわかりました。

猪飼さんは右の胸を正面から刺されており、これが致命傷になったと見られ、路上で倒れていました。

一方、腕を切られた被害男性は、切られた後に乗ってきた車に乗り込んで 車内で家族らといたところを消防隊員に保護されています。

1月1日、伏見署は中村正勝容疑者のマンションを家宅捜索しました。

中国新聞

http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=399421&comment_sub_id=0&category_id=256

2018/1/2 中村正勝容疑者を殺人未遂容疑で送検

中村正勝容疑者が2日午後に送検されました。

2018/1/3 死亡した猪飼さんは助けに入って襲われていた

死亡した猪飼将希さんは、中村正勝容疑者から刃物で切りつけられた自営業男性(45)を助けようとして襲われた可能性のあることが2日わかりました。

捜査関係者によると、男性は事件当時中村容疑者と面会するため、知り合いの猪飼さんや娘ら男女計6人とともに、ワゴン車で同容疑者の自宅マンション前を訪れていました。

目撃者の証言などから、男性らは到着直後に中村容疑者と口論となり、中村容疑者がかばんから刃物を取り出して男性を切りつけたことが判明。

この時、猪飼さんは男性を助けようとして近づき、胸などを刺されたということです。

京都新聞

http://kyoto-np.co.jp/top/article/20180102000077

2018/1/4 中村容疑者は娘の上司でストーカー行為もあった

 


 

被害男性によると、1~2年の間、中村容疑者は男性の娘と京都府内の物流会社で上司と部下の関係だったということです。

しかし娘と中村容疑者はトラブルになり、娘は付きまといなどもあったとして、2017年12月初めに仕事を辞めています。

男性によると、一人暮らしの娘は繰り返し家に押しかけられたり食事に誘われたりし、買い物代や携帯電話料金をせびられることもあったということです。

退職した後もつきまといが続き、娘から相談を受けた男性は、話し合おうとして娘を通じて連絡し、大みそかの午後に車で容疑者宅に向かいました。

事件当日は、中村容疑者と話し合うため午前、娘が電話で中村容疑者に約束を取りつけ、被害男性と猪飼さん、娘(21)と娘の夫(24)らがワゴン車で中村容疑者宅に向かいました。

車を近くに停めて男性と猪飼さん、娘夫婦の4人が中村容疑者のマンションへ向かうと、中村容疑者はマンション前でセカンドバッグを脇に抱えて立っていました。

男性が「部屋で話をしよう」と話しかけると、中村容疑者はバッグから刃物を取り出し威嚇。

娘夫婦は駐車場へ車を取りに戻り、猪飼さんは騒ぎを聞きつけた近隣住民に「出てきたらあかん」と声を張り上げたということです。

その後 車が戻ってきたため乗り込もうとしましたが、午後2時55分ごろ、猪飼さんは右胸を刺され、男性も左腕を切りつけられました。

事件では男性や男性の娘をかばうように中村容疑者に立ちはだかり、男性は「猪飼さんは自分を犠牲にして、みんなを守ってくれた」と話しています。

産経新聞

http://www.sankei.com/west/news/180104/wst1801040013-n1.html

2018/1/12 中村正勝容疑者を殺人容疑で再逮捕

猪飼将希さん(27)を殺害したとして、殺人容疑で、中村正勝容疑者(50)が再逮捕されました。

再逮捕容疑は、2017年12月31日午後2時55分ごろ、伏見区肥後町の路上で、猪飼さんの胸を刃物で刺して殺害した疑いです。
  
   
スポンサーリンク


 




京都市伏見区2人死傷事件