久留米看護師連続保険金殺人事件 (吉田純子) 黒い看護師事件

【この記事をパッと読むための目次一覧】

久留米看護師連続保険金殺人事件 吉田純子

久留米看護師連続保険金殺人事件

久留米看護師連続保険金殺人事件

1998年1月24日、看護師の吉田純子(当時42歳)は、看護学校の同窓生である堤美由紀(41歳) 池上和子(43歳)と共謀し、池上の夫に睡眠薬入りのビールを飲ませて昏睡状態にさせてから 静脈に空気を注射して殺害し、保険金3500万円を詐取した。

続いて1999年3月27日、吉田純子らは看護学校の友達だった石井ヒト美(42歳)の夫を睡眠薬で熟睡させ、チューブを使って大量のウィスキーを鼻から注入し、静脈に水を注射して自然死に見せかけ、保険金3200万円を詐取した。

詐取した金で吉田純子らは久留米市内の高級マンションを購入し、リーダー格の吉田は海外旅行や高級エステ通いなど贅沢三昧の生活を送っていた。
 
 

ところが2001年8月、石井ヒト美は犯した罪を後悔し、警察に全てを自供した。

石井ヒト美の自供に基づく裏づけ調査の結果、2002年4月28日、警察は吉田純子、堤美由紀、池上和子を逮捕した。

その後の調べで、2000年5月に堤美由紀の母親をインスリン注射で眠らせてから絞殺し、金を奪おうとした殺人未遂事件が発覚した。

さらに1997年にも、同僚の看護師から500万円を搾取したなどの数々の余罪も明らかになり、吉田純子らによる被害総額は約2億円に上ることが判明した。
 
  
主犯格の吉田純子は自己顕示欲が強く見栄っ張りで「人間は嘘をつくが、金は裏切らない」と公言する金欲・物欲の権化だった。

吉田純子は相手の弱みを瞬時にかぎ分ける天性の嗅覚の持ち主で、都合のよい架空話を次々とでっちあげて、共犯者たちを洗脳し、意のままに動かしてた。

詐取した保険金で購入した高級マンション内の共同生活では、堤美由紀、池上和子、石井ヒト美らに女王様と奴隷の関係を強要し、自分を「吉田様」と呼ばせて、3人をこき使っていた。

同性愛者だった吉田純子は堤美由紀に毎日のように関係を迫り、拒絶されると過去の男関係をあげつらって、堤を激しく罵倒していたという。
 
 

久留米看護師連続保険金殺人事件の起訴事実
◆吉田純子、堤美由紀両被告が1997年、同僚看護師から500万円を詐取(詐欺罪)

◆吉田純子、堤美由紀、池上和子の3被告が1998年、池上被告の夫に睡眠剤入りのビールを飲ませ、静脈に空気を注射して殺害。保険金約3500万円を詐取(殺人、詐欺罪)

◆吉田純子、堤美由紀、池上和子、石井ヒト美の4被告が1999年、石井被告の夫に洋酒や睡眠薬を飲ませ、鼻からチューブで大量の洋酒を注入して殺害。保険金約3300万円を詐取(殺人、詐欺罪)

◆吉田純子、池上和子、石井ヒト美の3被告が2000年、預金通帳を奪う目的で堤被告の母を襲撃(強盗殺人未遂、住居侵入罪)

◆吉田純子、池上和子両被告が2001年、夫殺害などを警察に相談しようとした石井被告を脅す(脅迫罪)

 
 

2004年9月24日、福岡地裁は吉田純子が一連の事件の主犯であると認定し、吉田に死刑を言い渡した。

共犯の堤美由紀は無期懲役石井ヒト美は懲役17年の判決が下った。

池上和子は公訴棄却となった(一審判決前に病死したため)

吉田純子らは控訴したが、高裁はそれぞれを棄却し、堤美由紀と石井ヒト美は上告せずに 刑が確定した。

吉田純子は上告したが、最高裁でも棄却されたため、死刑判決が確定した。

これは現役の看護師が人の命を救うための医療知識を悪用して連続保険金殺人事件に使ったということで世間に大きな衝撃を与えた事件だった。
 
 


 
 

吉田純子の生い立ち

 


 
吉田純子は1959年、福岡県山門郡三橋町(現・柳川市)生まれ。

4歳下の弟が一人いる。

父親は自衛官だったが、純子が幼い頃に除隊し、自動車修理工をしていたが、生活は貧しかったという。

母親はそんな家計を補うために内職をしたり、家政婦として働いていた。

弟は勉強も運動もよくできたため母親にかわいがられたが 姉の純子は成績が悪かったこともあり母親は純子に厳しく、見栄っ張りで虚言癖がある純子に体罰を与えることもあったという。

1975年に吉田純子は奨学金を受けながら、私立佐賀女子高校衛生看護科に入学。

1978年に虚偽の妊娠カンパで金を集め、学校に詐欺行為がばれて2ヶ月の停学処分を受けている。

どうやらこの頃から 吉田純子の悪の片鱗が見え隠れしていたようだ。

1979年には聖マリア看護専門学校(現・聖マリア学院短期大学)に入学し、ここで後の共犯グループとなる堤美由紀、池上和子、石井ヒト美と出会っていた。
 

 
 
福岡拘置所に収監されていた吉田純子死刑囚は、2016年3月25日に死刑が執行された。

56歳没。
 
 
スポンサーリンク


 



久留米看護師連続保険金殺人事件 吉田純子