黒米で白髪が黒くなる!?黒米はブルーベリーより目に効く!?

雑穀嫌いが喜んで食べた雑穀ごはんとは?

わたしは雑穀が大好きです。

プチプチとした歯ごたえや色合いが食欲をそそるんですよね♪

もちろん味わいも好きです。

でも家族には雑穀米が不評なので、もう10年以上、雑穀入りご飯を炊くことがありませんでした。

特に中学生の息子が雑穀嫌いで、絶対ヤダ!と言う^^;

こういう栄養価が高いものは育ち盛りの子どもに食べさせたいのに・・・。

それで仕方なくずっと白米を食べてたのですが、なんと!その封印を破ることに成功しました。

色で一目で雑穀入ってるのがバレバレなご飯ですが、一口食べた息子曰く「これなら食べれる!」

雑穀嫌いにどうやって雑穀ごはんを食べさせたのかを紹介します。
 
 
スポンサーリンク



 
 

ごはんを片岡護さんのプレミアム雑穀ごはんに変えてみた!

最大の勝因は、これまで嫌っていたブランドの雑穀から、プレミアム雑穀に変えたことです。

有名シェフ愛用の雑穀米「シェフズ米」にしました。

これは西麻布のイタリアンレストラン『アルポルト』の片岡護シェフが厳選した雑穀です。

かなり昔ですが、榊原郁恵さんと井森みゆきさんがやってた料理コーナーで「まもちゃん」の愛称で呼ばれていた片岡シェフ。

今もよくテレビに出演していますが、この片岡護シェフが惚れ込んだブレンド雑穀で、実際にお店で使っている雑穀がシェフズ米です。

シェフズ米に入っているのは十五穀です。

キヌア、アマランサス、赤米、発芽小麦、発芽玄米、黒米、胚芽押麦、白ゴマ、黒ゴマ、とうもろこし、はと麦、もちあわ、もちきび、もち白米、うるちひえ。

赤米と黒米が入ってるので、炊き上げたご飯はお赤飯色になります。

食感はもちもち感が強くて、雑穀米というイメージが少なかったです。

あわやきびというと「鳥のエサ」というイメージがあってパサパサした食感が強いですが、シェフズ米はそんな雑穀のイメージとは違い、雑穀感を感じさせないもちもち食感です。

このもちもちのおいしさも息子がおいしく食べてくれた一因です。

ただ、彼の雑穀嫌いの理由は雑穀ごはんのパサパサ感だけではなく、雑穀ごはんの苦手解消には もうひとつの問題をクリアする必要があったのです。
 
 スポンサーリンク



 
  

息子が雑穀嫌いになった理由はかたさと食感だった。


 
10年ほど前には、毎食ではないですが、わが家は雑穀米を炊いて食べていました。

当時 初めは何も言わずに食べてた息子が だんだんそれを嫌がって食べたがらなくなったのです。

理由を聞いたら「かたいのが入ってるのがヤダ!」

当時食べていたのは 大豆が入っている有名メーカーの雑穀でした。

この雑穀には数種類のひき割豆が入っているので、少し歯ごたえがあったのです。

炊いてますから硬くて食べられないということはないですが、このゴリゴリとした食感が息子の口には合わなくて、すっかり雑穀ごはんが嫌いにしてしまいました。

ひき割り豆が入っていない雑穀に変えても、一度キライだ!という印象を植え付けてしまうと、子どもはちょっとやそっとではそれを食べてはくれません。

思い起こせば 当時食べていた雑穀は、シェフズ米と比べると雑穀感が強くてポソポソ感もありました。

そういう触感は雑穀なのだからある意味当たり前なのですが、シェフズ米の場合は普通のご飯を食べてるのと 風味も食感もあまり変わらない感じがします。

見た目は「これでもかっ!」という雑穀ご飯色ですが。
 
 スポンサーリンク



 
 

シェフズ米にはキヌアとアマランサスも入っていた!

その後 キヌアやアマランサスがブームになったときに、これらを単独でご飯に入れて炊いたことがありましたが、これも息子には不評でした。

これら雑穀類の栄養価は大変高いので食べ盛りの子どもの食事にはぜひ取り入れたいところですが、嫌いなものは食べてくれません。

残念ながら 私自身もキヌアとアマランサス、あまり風味自体を好きになれませんでした。

そんなキヌアとアマランサス、実はシェフズ米にこれらがしっかり入っているのです。

でも入っているのがまったくわからない。

私が苦手だった あの独特の風味が それとわからない割合で配合されているようですね。

十年ぶりくらいに久しぶりに食卓に上がった雑穀米に一瞬「えっ!?(やだな!!)」という顔をした息子でしたが、一口食べてみて「あ!これなら食べられる!」と言って もりもり食べてました。

母としては「してやったり」ですw
 



 
 

黒米は白髪に効く!?そして ブルーベリー以上に目に効く!?


 
黒い食べ物というのは、概してみんな髪を育てる効果が高いといわれています。

黒ゴマも黒豆も、そして黒米も。

黒米は稲の原種であり、古代米の一種です。

白米と比べると栄養価が高く、ビタミンの他に、鉄分、亜鉛、リン、カルシウム、マグネシウムなどミネラル類が豊富に含まれます。

黒米の健康効果は、★糖尿病予防 ★胃潰瘍予防 ★視機能の改善 ★美肌効果 ★髪を健康に保つ といわれていますが、さらに昔から黒米は腎虚体質に良い効果があるとされています。

腎臓の弱りが白髪の原因でもあるので、黒米を食べていると白髪が黒髪になると言い伝えられているのです。

黒い色素はアントシアニンで、高い抗酸化作用や視機能の改善がよく知られています。

アントシアニンというとブルーベリーに多く含まれている成分ですが、黒米にはブルーベリー以上にアントシアニンが多く含まれているのです。

現代人はパソコンやスマホの見すぎで、眼精疲労な人多いですが、黒米のアントシアニンが目の疲れの緩和や視機能の改善に効果が期待できます。

シェフズ米のごはんは黒米の色素でご飯がお赤飯のような色になりますが、それも好きな人には食欲をそそるのではないでしょうか。

母としては 息子が納得してくれて、また雑穀が食べられるのはすごくうれしいです^^

雑穀が苦手な人でも、シェフズ米なら おいしく食べられるかもしれません。