本サイトには広告が含まれます
PR

コザクラインコは鳴き声がうるさい?呼び鳴きの意味と防音対策体験談

コザクラインコは鳴き声がうるさい?呼び鳴きの意味と防音対策体験談

コザクラインコの飼い主の体験談

コザクラインコは声が大きく、よく鳴くため「うるさい」とネガティブなイメージを持たれてしまうことがあります。

たとえペット可の物件でも、集合住宅では飼いづらいかも…と不安になるかもしれませんが、本当のところはどうなのか?

実際にコザクラインコを飼育している私が、本当にコザクラインコはうるさいのかどうかや、マンション住まいのわが家でどのような対策を取っているのかを紹介します。

コザクラインコの鳴き声は大きいの?

.
体が大きいのでセキセイインコよりうるさい
最低限の防音対策は必要。壁の薄い集合住宅だと心配かも。アクリルケースの活用やケージの配置の工夫が必要なことも。

コザクラインコの鳴き声は確かに大きいです。マンションなどの集合住宅や住宅密集地に住んでいる場合、何らかの防音対策が必要です。

しかし、鳥が鳴くのは自然のことなので、鳴くな!と言うわけにもいきません。人間の都合でここにいるのですから、お迎えした人間の責任でなんとか工夫するしかありません。

保温する季節はアクリルケースを利用

わが家の住まいは比較的壁がしっかりした分譲マンションのせいか、未就学児がいるお隣さんの声も聞こえてきたことがありません。

とはいえ、幼児の声より鳥の声の方がよく響いてうるさいだろうと思うので、油断は禁物です。

そこでわが家では、保温の目的でコザクラインコのケージをアクリルケースで覆っています。結果的にこれが防音の役目も果たしてくれることになり、騒音が少し軽減されたように思います。

アクリル製のケースは透明度が高いので、部屋の雰囲気を崩さずインテリアの邪魔になりません。ケージをただ室内に置くだけよりも格段に見栄えが良いので人気があります。

中にいるインコも外がクリアに見えるため、視覚的にはストレスを感じづらく、飼い主とのコミュニケーションを取りやすいことがメリットです。

生まれた国や暮らしていた地域によってインコの気温への耐性は異なりますが、季節の変わりめや寒暖の差が大きすぎる時には保温が必要になる場合もあります。

老鳥になると調整能力が落ちますので、雛鳥ほどではないにしても保温による温度調整が必要です。そんな場合に保温目的でインコアクリルケースを利用する方が多いです。

インコアクリルケースはアクリル板で覆われているため、保温対策に適しています。

インコが日常を過ごしているケージを丸ごとアクリルケースに収納できるので、インコに保温や隔離が必要になった時、プラケースや水槽に移動させられるよりもだいぶ鳥のストレスが軽減されます。

また、アクリルケースの中に内部の気温に見合ったワット数のペットヒーター(保温電球)とサーモスタットを設置することで、ケース内の温度を一定にキープできるため安全・安心です。

ただしアクリルは意外と耐熱性が弱いので、ヒーターを取り付けるのであれば少し大きめのワイドタイプや電球のワット数の調整が必要です。

インコアクリルケースのおすすめは保温効果!防音効果はどれくらい?
『インコ飼いなら一家にひとつほしい!』アクリルケースは優れた飼育アイテム。「アクリル工房」のインコアクリルケースの選び方と注意点を紹介します。防音効果はどのくらい?保温に使うときの注意点は?アクリル素材ならではの特徴と気を付けるべき点は?にお答えします。

ケージの置き場所や室内の防音対策にも気を配る

防音の目的で家の中でなるべく壁から遠い位置にコザクラインコのケージを置いたり、壁に簡易的な防音材を貼ったりすることも十分に効果があります。

ただし、エアコンを使わずに窓を開け放って生活する季節や、ベランダで日光浴をするときは、大音量のコザクラボイスが響き渡ってしまうので、周囲に気を遣います。

.

.

コザクラインコの鳴き声の意味とは?

コザクラインコの鳴き声にはどんな意味がある?

.
呼び鳴きは寂しい時、かまって欲しい時に大声で鳴く
ご機嫌で遊んでいて楽しそうに鳴くこともある。おしゃべりはしないが…
警戒。何かを訴えている、怖い時など

物理的な防音対策に頼れない場合は「鳥の幸福度を上げるためにさらに何ができるのか?」と考え「なぜ鳴くのか」その理由や根本原因考える必要が出てきます。

呼び鳴きは命の危機に匹敵する「不安」からくるもの

自然界において非捕食者であるコザクラインコのような小鳥たちは、身を守り生き延びるため、常に食べ物のありかや天敵の位置情報などを仲間同士で教え合います。

その際、より多くの仲間へ情報を伝えるため、遠くまでよく響く声が役に立ちます。

本来 生きるために重要な役割を果たしている鳥の声が、人間との生活の中で「騒音」となってしまうのは
悲しいことですが、鳥の声を単なる「騒音」とするか、家族の大切な「声」と捉えるかは、人間の裁量次第なので致し方ありません。

人間には仕事もあるし、買い物に出かけたり家事をしたりと、ケージの中で暮らす鳥の視界から見えなくなってしまう時間が、どうしても発生してしまいます。

そのとき、愛鳥が「行かないで!」「どこにいるの?」と激しく鳴くことがあります。これが「呼び鳴き」です。

群れで生活するコザクラインコにとって「ひとりぼっち」になることは、命の危機にも匹敵する極めて不安な心理状況にあります。

痛切なコザクラインコの呼び鳴きを減らすための3つの施策

コザクラインコの呼び鳴きは減らせるか?

.
呼び鳴きを減らす工夫をしてみる…会話する。かまう。かまわない。コザクラインコの満足度を上げる。放鳥で疲れてもらう。
ある程度は諦めて覚悟することも必要。鳥さんの個性もあるので仕方がない場合もある。

呼び鳴きはかまって欲しいとき、遊んで欲しいときなどにも起こります。

人間が社会生活を営む上で、愛鳥の視界からたびたび消えてしまうことは仕方がありません。鳥の全ての要求に完璧に応えることは現実的に不可能ですが、そのたびに愛鳥が痛切な思いを抱え、必死で鳴き叫ぶことは、決して仕方のないことではありません。

そこで以下の3つの方法を提案します。

呼び鳴きを減らすためにコザクラインコと「会話」する

呼び鳴きを減らすことは、わが家にとっても重要な課題のひとつでした。ご近所への騒音問題の他、呼び鳴き自体を愛鳥のストレスのあらわれと考えたとき、無視も放置もできませんでした。

そこでわが家では、とにかく鳥と「会話する」これを重視しました。

鳥は知能の高い生き物です。毎日話しかけていると、かなり多くの言葉を理解していることが分かります。

たとえば「1時間くらいで戻ります」などと伝えてから出かけると、だんだんと時間の感覚がつかめるようになるのか、納得してくれるようになりました。

ただし「1時間くらいで戻ります」と言って出かけたにもかかわらず、3時間後くらいに帰宅してしまうと、ちょっと怒られます。

そんなときはしっかり謝罪し、おやつを進呈するか一緒に遊ぶかして、誠心誠意 許しを請います。

そんなことを繰り返しているうちに、呼び鳴きは次第に軽減されるようになりました。

コザクラインコの「ちょっとかまってほしい」願望を満たす

またコザクラインコは「ちょっとかまって欲しい」ときに鳴くことがあります。

そんなときは名前を呼んだり「どうしたの?」「今日も可愛いね」など、顔を見て(見せて)声をかけたりすると、落ち着くことが多いようです。

鳥が静かにしているときにも「いいお天気だね」「ご飯食べた?」など、日常的に「雑談」のような会話を楽しんでいます。

私たちは共に暮らす同じ群れの仲間なのだと、人間の側からコザクラインコへ向けてこまめに確認したり、メッセージを送ることも大切です。

これらを繰り返すことで鳥が安心感を得られるようになり、結果として呼び鳴きの低減につながります。

コザクラインコの声と思いを受け止めて寄り添う

鳥が鳴くことを、完全に防ぐことはできませんし、彼らは寂しいとき、悲しいときにだけに鳴くわけでもありません。

楽しいとき、気持ちがいいとき、嬉しいときにも鳴いてくれます。

愛鳥の声を受け止め「なぜ鳴いているのか」「何を伝えようとしているのか」を考える努力を惜しまなければ、飼い主が無駄な呼び鳴きに悩むこともなくなるのではないでしょうか。

ハッピーインコライフ
▶インコ飼育本のおすすめ

鳥のお医者さんの「発情」の教科書

インコ・オウム、文鳥など、飼い鳥の発情について最新の情報を記載した初の書籍。鳥の専門医によるわかりやすい解説で、産卵や発情に伴う攻撃性上昇など、飼い主さんを悩ませる発情の問題を詳しく・具体的に深掘りします。
 
1章 鳥の体・性の話 
2章 発情期を理解しよう 
3章 発情抑制につながる暮らし方 
4章 ホルモン療法薬による発情抑制 
5章 発情に関連する病気
 
巻末付録:20鳥種別!発情抑制対策・お役立ちシート ご自宅の鳥さんの発情対策の具体的な数字がわかる!目安体重、1日の食事量、日長のタイプ、オス・メス別の発情行動の特徴などを20鳥種ごとに分けて記載。

インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。