江東区神隠しバラバラ殺人事件 (江東マンション神隠し殺人) 星島貴徳服役囚が刑務所内で自殺の噂!?

江東区神隠しバラバラ殺人事件 星島貴徳

2008年4月18日夜、江東区のマンションで東城瑠理香さん(当時23歳)が部屋から姿を消し、同居していた姉が捜索願を出した。

玄関には少量の血痕が残されていたが、防犯カメラには東城さんがマンションから外出した姿は写っていない。

当時このマンションには住人が少なく、3分の1は空室状態であり、東城さん宅の両隣も空室だった。

東城瑠理香さんの失踪は密室内での神隠し事件として、世間は騒然とした。

5月25日、東城瑠理香さんの部屋の2つ隣に住む 星島貴徳(ほしじまたかのり・当時33歳)が住居侵入容疑で逮捕され、その後の調べで東城さん殺害の経緯が明らかになった。
 
 
事件当日、星島貴徳は暴行目的で東城瑠理香さんのアパートに忍び込んだ。

東城さんの頭を殴って気絶させた後、自宅に連れ帰って監禁した。

その後、行方がわからなくなった東城さんを探して、付近の住民を中心に聞き込みをしていた警察が星島の部屋を訪れた。

そのときには東城瑠理香さんは猿ぐつわをされ、星島の部屋に監禁されていたのだが、警察は簡単に事情を聞くとすぐに帰ってしまった。

このことで星島貴徳は、再度警察が訪れるのを恐れて、東城瑠理香さんの首を包丁で刺して殺害した。

そして遺体を包丁の2本とのこぎりでバラバラに解体し、少しずつトイレやごみ収集所に捨てていき、5月1日には全て処分し終えていた。

この間に家宅捜索で警察が星島の部屋に再度入っているが、捜査員が遺体が入ったダンボールを見逃したため、星島の犯行を掴むことはできなかった。
 
 

江東区神隠しバラバラ殺人事件 星島貴徳

via:東城さん殺害翌日に星島貴徳が受けたインタビュー動画

 
警察は東城さん宅で侵入者のものと思われる指紋を採取しており、星島貴徳にも任意で指紋採取をしたが、星島は薬品で指紋が読み取れないように細工していたため、照合不能となっていた。

しかしその1ヵ月後、警察が再び星島貴徳の指紋を採取すると指先の指紋が再生されており 部屋に残っていた指紋と一致し、逮捕に至った。

逮捕後、警察が下水管などからわずかに残った肉片を採取しており、それと東城瑠理香さんのDNAが一致した。

また、星島貴徳の部屋や浴槽から採取された血痕と東城瑠理香さんのDNAも一致している。
 
 
スポンサーリンク



 
 
江東区神隠しバラバラ殺人事件 星島貴徳

via:事件現場(大島てる)

 

2009年2月18日、東京地裁は星島貴徳に「性奴隷にしようと拉致し、事件の発覚を防ぐには被害者の存在自体を消してしまうしかないと考えた自己中心的で卑劣な犯行で、酌量の余地はない」と断罪した。

・・・としながらも、情状酌量はしている。

「この殺害では執拗な攻撃を加えたものではなく、残虐極まりないとまでは言えない」として、検察の死刑求刑に対し、無期懲役を言い渡した。

検察側は量刑不服として控訴。

2009年9月10日、控訴審の東京高裁が一審の東京地裁の無期懲役を支持。

その後、検察・弁護側ともに上告しなかったため、星島貴徳の無期懲役が確定した。
 
 
星島貴徳は岡山県出身。

地元県立高校を卒業後、業界大手のゲーム会社(セガ)に入社するが、4年で退職し、その後は派遣社員としてコンピュータ会社に勤務しており、逮捕当時の月収は50万円あった。

毎日のようにタクシーで通勤し、片道約2500円の料金の支払いではいつも3000円渡し「おつりはいらない」と言っていた。

星島貴徳は生後11ヶ月の頃に猫を追って熱い風呂に落ち、下半身に大きなやけどを負っている。

火傷痕のことでいじめられる息子に対して しつけと称して半ズボンを履かせるような厳しい父親と、そんな息子をかばうことなく、父親ににしつけを任せるような母親の元で星島貴徳は育ったことが、彼の人格形成に多大な影響を与えたと思われた。

星島貴徳はこの両足の太ももの火傷痕を気にして、思春期になるとプールを見学していた。

また火傷のせいで普通の女性と自分は同等に付き合えないというコンプレックスを抱えていた。

被害者の東城瑠理香さんとは面識はなく、屈折した性的趣味を満たすために若い女性を無差別に狙った犯行だった。

しかし、実は星島貴徳が狙っていたのは東城瑠理香さんの姉のほうだった。

彼女らが2人暮らししているとは知らず、星島貴徳は誤って妹のほうを拉致してしまったのだ。

一審・第2回の審理の検察質問の際に、星島貴徳被告は突然「私は絶対に死刑だと思います!」と大声で叫んでいる。

被告は犯行を心底反省・悔恨しているのかもしれないし、そういう状況などを捉えての量刑なのかもしれないが・・・今さら悔いても取り返しはつかない。

被害者が一人だったことや星島貴徳の生い立ちに同情の余地があるとされたことが判決文に盛り込まれ、求刑死刑に対して、無期懲役の判決が下されている。

そして最後に、千葉刑務所で服役囚が自殺したニュースが流れたときに 星島貴徳が刑務所内で自殺したという情報がネット上で流れたけれど、それはどうやらガセネタだと思われる。

星島貴徳は、どこかの刑務所で(千葉刑務所という噂があるが) 無期懲役を受刑しているはずである。
 
 
スポンサーリンク