本サイトには広告が含まれます
PR

義実家の墓に入りたくない!叔母の念が飛んできた恐怖の夜

20代女性 これは私が体験した、人の念の怖さを痛感した出来事です。

義実家の墓に入りたくない!叔母の念が飛んできた恐怖の夜

義実家の墓に入りたくない

あの日の午前0時すぎ、トイレに行くために部屋のドアノブに手をかけた時のこと。

何の前触れもなく(ザワザワザワ…)と耳鳴りのような雑音が聞こえ、心臓をぎゅーっと掴まれているような苦しい感覚に襲われました。

私の父方の家系は霊感が強い人が多く、私もその霊感を引き継いでいて、幼いころから不思議な体験をよくしてきたので、この時も

あぁ、何かがいるな…

…とすぐにわかりました。

義実家の墓に入りたくない

部屋のドアを開けてみると、トイレに続く廊下の途中にある玄関から嫌な空気が漂ってくるのを感じます。

雑音や心臓を掴まれたような感覚はまだ続いていましたが、

まあこれくらいなら…大丈夫だろうな…

…と不穏な空気を気にせずに玄関前を通りすぎようとしたのですが…

次の瞬間いきなり「ガシッ!」と足首を掴まれたような感覚があり、私はその場から動けなくなってしまいました。

義実家の墓に入りたくない

私の霊感は、視えないけど感じる+声が聞こえる…で、さらに始末が悪いことに寄ってくるのはただの浮遊霊ではなく、この世に未練を残している存在もでした。

何か訴えたいことがあるから、近づいてくる霊の存在だけがわかりますが、訴えられても「視る」ことはできないので、掴まれた感覚のある足首を見ても何もわかりません。

義実家の墓に入りたくない

その間にも、ずっと続いていた雑音がだんだんと大きくなっていきました。近くまで集まってきた感覚に気づき、次第に雑音が人の声になり、

ここから… 出して

…と訴えてきますが、足首の感覚を振り切って急いでトイレに行き、そのまま部屋へ戻りました。

そのまま何事もなく眠りにつきましたが、その日を境に毎晩、玄関で足首を掴まれては

ここから… 出して

…と訴えかけられるようになりました。

その都度それを振り切っていたので「そのうち諦めてここには来なくなるだろう」…とあまり気にしないで過ごしていました。




幽霊の激しい訴えに痛みを感じるのを忘れるほど卒倒して…

義実家の墓に入りたくない

そんな状態が10日ほど続いた夜、トイレに行こうと部屋のドアを開けるといつもより空気が重いのに気づきました。耳元の雑音もこれまで以上にひどく、一瞬でどっと冷や汗が出てくるのを感じました。

これは…今までとちょっと違うよね?今回はちょっとまずい?

そう思いながら玄関前を通ると、いつもなら掴まれるだけの足首に激痛が走り、

ダァンッ!!!

視えない何から足を引っ張られ、私は思いっきり床に転倒しました。勢い余って肩を強打しましたが、それ以上に

足首が痛い!!このままでは足がちぎれるのでは!?

…と思うほどの激痛です。

義実家の墓に入りたくない

それまでは耳元に集まってきた雑音がとつぜん明瞭な人の声になったとき、あまりの恐怖から足首の激痛すらも感じなくなりました。

ここから出せ…ここから出せー!!ここは私の家じゃない!!家族のもとに帰せ!!ここは嫌だ!!帰せ!!いやだぁぁ!!!ここから出せぇぇ!!!!

そんな断末魔の叫び声を聞いているうちに、こちらも叫ばなければおかしくなりそうな恐怖を感じて、私は耳をふさぎながら

ギャーーーッ!

…と叫ぶと、別室で寝ていた母が慌てて部屋から出てきました。そして電気をつけたその時、母が大きな叫び声を上げました。

いやぁぁぁー!!!足、足ぃーっ!!!

ハッと我に返った私が自分の足を見てみると…足首に赤黒い手形がくっきりついていました。

義実家の墓に入りたくない

ですがそのときの私には、その赤黒い手形を気にしている余裕なんてありませんでした。耳をつんざくような叫び声に叫び声で抵抗するのに必死でした。

視えないそれはずっと泣き叫んでいました。悲しみと深い寂しさ、恋しさが混ざったような声で…

霊:いやだぁぁぁぁ!!!!!出せぇぇぇ!!!!家に帰せぇぇぇ!!!!!

思わず私はその声に答えてしまいそうになりましたが、

聞こえてきた声には絶対に答えてはいけない!

…と祖父から言われていたことを思い出し、相手につられて応えたりしないように必死に自らも叫んで抵抗していました。

義実家の墓に入りたくない

すると次の瞬間、突然別の声が聞こえてきました。

Y美いい加減にしろ!A子(私)に手を出すな!移してやるから、こっちに戻ってこい!

それは祖父の声でした。

次の瞬間、視えないモノの叫び声が止み、足首の激痛も嘘のようにすーっと消えていきました。

私が叫んでいる間に母が祖父に電話をして、電話口から私を襲っていたものに怒鳴りつけて助けてくれたのでした。




あの世の声を聴ける者の所にすがって訴えてきた叔母の霊

義実家の墓に入りたくない

足首の赤黒い手形はすぐに消えましたが、転倒して強打した肩が腫れ上がってしまい、そのまま救急外来へ行くことになりました。肩は脱臼していました。

その処置を受けている間にようやく頭が正常に働きだし、祖父の言葉を思い返したのですが

Y美って… この間亡くなった親戚のおばさんだよね?移してやるって、何のこと…?

この出来事を境に、私の身には何も起きなくなりましたが、私は祖父が叫んだ「Y美」が
気になって仕方がありませんでした。それで翌日、祖父に電話をして話を聞いてみたのです。

義実家の墓に入りたくない

3か月前に亡くなった親戚のY美おばさんが、婚家のお墓に入れられたのがどうしても嫌で「実家のお墓に自分のお骨を移してほしい」と何度も祖父のところに現れていたそうです。

しかし忙しくてすぐに対処してくれない祖父にしびれをきらし、Y美おばさんは霊の声を聞ける私に訴えかけてくるようになったのでした。

私が襲われた日から数日後に、祖父がY美おばさんのお骨を実家のお墓に移したので、それ以来 祖父のところにもY美おばさんは現れなくなったということです。

「除霊」「霊障害」対応の鑑定師

美鈴(みれい)先生

霊視・透視を用いて貴方の守護霊との対話により、未来透視や貴方の今の悩みをお答えします。霊視を特に得意分野としており、霊障や軌道修正等を行います。基本的に霊感・霊視・透視が占術のスタイルになりますので生年月日やお相手の名前は特に必要は無く、私に浮かんでくる言葉をお伝えします。

美鈴(みれい)先生に幼少期から感じていた霊障について相談しました。母の実家の風景まで見てくださり、今まで感じていた疑問が少しずつ、そういうことだったんだとスッキリしました(家の作りや、伝えていない過去の出来事、今わたしが感じていた体調不良などまでみてくださり驚きでした)自分自身のガードの張り方を先生に教えていただいたので実践していきたいと思います。

娘の体調不良は霊障によるものなのか聞きましたが、そうは見えない、とはっきりと簡潔に答えて下さいました。確信が持ちたくて、そのあと2人の先生にみてもらいましたが、やはり、霊障ではないと言われました。美鈴先生が仰っていた自律神経のこと、思い当たることだらけです。

不思議な事が2日立て続けにあり鑑定お願いしました。祖母を心配させないように感謝して過ごして行こうと思うと同時にメンタルが落ちていた私にはとても活力剤になりました。霊的な事でどう伝えたら良いかと悩んでいましたが、祖母からのメッセージを伝えて下さり感謝しています。

霊障、除霊、霊感について電話で相談させていただきました。藁にも縋る思いで人生で初めてこのような所を利用させていただきましたが、美鈴先生に相談して良かったです。本物の方っていらっしゃるんですね…夜中にどったんばったんする見えない不審者をどう追っ払うかと来訪された原因も分からず困っていたんですが、先生に教えてもらった特徴で後で家系を調べたらぴったり該当する人がいてびっくり。家で騒ぎ立てている霊に対する対処は勿論、少し霊感があるけど全くそんな物には関わりたくない私が今後すべき事や対応についてなど具体的にアドバイスいただきました。実行したその夜から家は静かです。

先日、徐霊していただいたTです。自分でコントロールするにはまだまだかかりそうですが、今まで得体が知れず恐ろしかったものが、不思議なほど怖くなくなり、より色々な事がクリアに分かるようになりました。過信せず、冷静に対処していけるよう、心掛けていきたいです。又、自分の手に負えないときは、力を貸して下さい!

先程体調不良の件で鑑定して頂きました。霊障との事でしたがこちらが言わない状況も話の途中で視えていらして話半ばで鑑定結果を聞く事が出来ました。先生の鑑定は2回目ですが、変わらす短時間の素早い鑑定で、しかもここまで視えるの?と本当にビックリするくらいお力は本物の先生です。言葉を濁さずハッキリとてきぱき鑑定して頂ける鑑定はこちらも気持ちよく、お財布にも優しいので実力、鑑定内容、金銭的な部分でも非常に納得出ます。

早速、お風呂に入りました。まさかアドバイスで「汚い」って言われるとは思わず、ゆっくり湯船につかり、自分で自分を苦しめている体をきれいにしました。自分の生き霊が自分を苦しめていたなんて思いもしませんでした。でも、言われてみたらその通りだと思います。

美鈴先生の数々の透視、霊視で驚かされることばかりでしたが、中でもスゴイと思ったのが、好きな彼と大バトルを展開している時に腰に痛みを感じ動けなくなっていた時のことです。先生に助けを求めると『彼の生き霊が憑いてるから除霊してあげる』とおっしゃられ、待つこと数分…。それまで、這って歩いていたのが嘘のように、腰の痛みがとれ、普通に歩けるようになりました。それと同時に気持ちもすごくすっきりしました。
引用元:美鈴(みれい)先生の口コミ