本サイトには広告が含まれます
PR

【孤独死と遺品整理費用】発見から後始末までの怒涛の体験談

【孤独死と遺品整理費用】発見から後始末までの怒涛の体験談

孤独死の後始末費用

40代女性 これは母が孤独死した時の私達3兄妹の立ち回りのエピソードです。当時私は48歳、姉は53歳、兄は57歳でした。母は80歳でした。

離れた土地で生活保護を受給しながら一人暮らししていた母は 自分のやりたいように自由に生き、時として突拍子もないことをする人で、私とはあまり仲が良くなくて疎遠状態でした。

孤独死の後始末費用

1月のある日、母の住む地の福祉課から私の元に電話がかかってきました。

お母さんと連絡が取れません!

私は遠く離れて暮らしていたため、連絡を受けてもすぐに飛んで行けませんが、その後の手続きに進むためには身内の承諾が必要だったらしく、

私たちには安否確認といっても部屋に入る権限はないんです。ただ、銀行口座の入出金の確認だけはできますが?どうしますか?

そう言われたので、私は今できることをお願いしました。

孤独死の後始末費用

母は、どれだけ私達が心配した時でも、人の心配をよそに呑気な返事が返ってくる人だったので「今回もそうであって欲しい」と思っていたところに、再び福祉課から連絡が入りました。

12月の半ばから出金記録がありませんでした。もしかしたら室内で亡くなっている可能性があります。
私はどうしたらいいですか?
こちらから警察に電話して安否確認してもらいます。つまり部屋に踏み込むということです。

警察からの連絡と身元確認のためDNA鑑定

孤独死の後始末費用

その後は、昼から夕方まで怒涛の展開の連続でした。

まずは警察から電話が入り、一連の事情の説明と、部屋に踏み込むための書類が必要だと言われました。

さらに私達親子のこれまでのことから母の人となりまで、あらゆることを尋ねられたのでひとつひとつ説明しました。

警察(刑事課強行犯係)による安否確認はその後でした。そしてその夕方 再び警察から連絡がきました。

お母様はお〇くなりでした。状況を見るに、〇後1カ月以上経過しています。〇体の損傷がひどくて本人確認ができないため、DNA鑑定で身元を確認します。

家族(子供たち)のDNAが必要とのことを告げられ、私たちは翌日 それぞれ最寄りの警察署でDNAを採取しました。

孤独死の火葬と葬儀

孤独死の後始末費用

本人確認が出来てからは、福祉課の方から「火葬をどうするか?」の連絡が来ました。

生活保護を受給している人は、家族が遺体の引き取りを拒否するのがほとんどだそうです。

今後の展開としては 遺体は病院からそのまま市が引き継ぎ、火葬したあと マンションの後始末を行うとのこと。つまり福祉課にお願いすると直葬となるので、私達に母のお骨は届きません。

子どもたちは3人とも疎遠ではあったけれど 自由に生きた母を、最期は引き取ってあげたい。

そんな思いから 葬儀と火葬は私たち3人で取り仕切ることにしました。

福祉課の方に葬儀社と遺品整理会社を知らせてもらい、どちらからも丁寧で誠意のある対応をしていただきました。

孤独死の後始末費用

数日後、姉が母の火葬に立ち会いました。

最後ですから、どうしても母の顔が見たいんですけど。

…と懇願したようですが 葬儀会社の方に

いえ、ご覧にならない方がいいです!

…ときっぱり、頑なに言われたそうです。

孤独死した母の部屋の遺品整理と特殊清掃費用は20万円

孤独死の後始末費用

私はというと、母の最期の暮らしぶりが見たいと思ったので 一度はマンションの遺品整理にも立ち会おうと考えました。

それは母が望まないだろう。いや、もし見てしまったら…自分が立ち直れなくなる気がする…。

そんな気がした私は、遺品整理の立ち合いを断念しました。

孤独死の後始末費用

母の遺体を引き取ったことで 警察に没収されていた通帳は そのまま私たち子供へ渡されました。

奇しくも発見されるまで母がその予算を目標に貯金していたかのように、葬儀までの費用でそのお金を使い切りました。

葬儀社の方が警察へ遺体を引き取りに行ってくださり、火葬の段取り、遺体の保管、火葬と葬儀を含め20万円程でした。

遺品整理会社の方とは何度か話し、母の部屋からお仏壇と形見となるような母のアクセサリーや着物、写真などを送ってもらいました。遺品整理と特殊清掃で20万円ほどでした。

遺品整理や特殊清掃の相場はわかりません。この額はあくまでも母のワンルームマンションでの額で、広さや処分するものの多さ、またシミや臭いなど特殊清掃の内容次第で値段も変わってくると聞きました。

身内の孤独死は今振り返っても現実離れした経験だった…

孤独死の後始末費用

そしてその後に新型コロナウィルスのパンデミックが起こり、母の暮らしていた遠い土地まで行けない状況になりました。

しばらく母のお骨は姉の家に預けられていましたが、2020年の秋のコロナが少し収まったタイミングで兄妹三人集まって母の住んでいた地に行き、納骨を済ませました。母は自分の母親と母の最後の旦那さんと共に納骨堂に入りました。

孤独死の後始末費用

身内の孤独死は 今振り返ってみてもあまりに急展開かつ現実離れした経験でした。

ショックのせいで記憶もところどころ曖昧だったりしますが、自分たちにできるベストは尽くしたと後悔はありません。

母の死亡連絡が来た時のよく晴れた冬の空を 未だに私は切なく思い出します。