本サイトには広告が含まれます
PR

【起立性調節障害】中学生は何科に行く?朝起きられないのは病気か?

【起立性調節障害】中学生は何科に行く?朝起きられないのは病気か?

中学生の起立性調節障害

朝起きられなくて学校を休みがちになる子が中学生には多いです。

そしてそれが単なる怠慢ではなく、「起立性調節障害」という名の病気であることも少なくありません。

「起立性調節障害」は自律神経のアンバランスによって起こると言われており、特徴的なのは思春期の子どもに多いこと。

症状は朝起きられないだけでなく、頭痛、めまい、立ちくらみ、倦怠感、食欲不振、冷えなど、さまざまです。

「学校に行きたがらない」いわゆる「不登校」とは違い、起立性調節障害はれっきとした「病気」です。

子どもは「学校に行きたくない」ではなくて「行きたいけどいけない」と訴え「だから、体調が良くなったら行くよ」というパターンが多く見られます。

朝起きられなくて そのまま学校を休んでしまったり、午後から授業に出てくる遅刻常習児童や生徒はどの学校にも一定数います。

その全員が「起立性調節障害」かどうかは別として、昨今はこれが大きく問題視されるほど 起立性調節障害人口は増えています。

朝起きられないのは「逃げ癖」パターンも確かにあるが…

中学生の起立性調節障害

普通的感覚からいえば、誰だって「学校に行きたくて仕方がない♪」とか「さあ、今日もはりきって学校に行くぞ~!」という気持ちで登校してるわけではないですよね。

特に理由がなくても何となしに「あ~、行きたくないなあ」と思ってるもので、それは誰にとってもごく当たり前の日常でしょう。

例えばいじめに遭っていて大きなストレスを抱えていることが原因で朝起きてこられない場合。いじめ問題を解決できれば、残る心の不調は心理カウンセリングなど適切な方法を導入すれば、時間がかかってもいずれは健全な精神を取り戻すことはできます。

しかし体の不調を伴っている場合は、そう簡単にはいきません。もし自律神経などの不調が原因で朝起きられないのなら、医療機関での治療が必要となります。

「そのうち治るだろう」などと安易に捉えたりすると、完全復帰までの時間が大幅に延びます。老若男女に関係なく、こういった不定愁訴は放っておいてはいけません。

起立性調節障害の中学生は何科にかかるのか?

中学生の起立性調節障害

起立性調節障害には専門外来もあります。つまりれっきとした病気として認識されているのですから、「朝起きられない」子どもを頭ごなしに叱るのはよくないです。

怠けから起きないのかどうかをしっかり見極めないうちは、やみくもに叱るわけにはいきません。

しかし逆に「調子が悪いなら寝てていいよ」ばかりを言っていると、子どもの方もそれをうまく利用して「逃げる癖」がついてきます。

本当に起立性調節障害かどうかを病院できちんと調べない限り、親の立場からの正しいアプローチはできません。まずは親が子に動揺する姿を見せずに、きちんと向き合っている姿を見せましょう。

中学生の起立性調節障害

子どもが「朝起きられない」と言い出したら、親としてどんな対応をしたらいいか?

親がうろたえないこと。「これは思春期にはあるあるなのだ」と受け止めること。子どもの前で 親が慌てふためくのはNG
親子で話し合いをする。何となく普通ではない感じがしたのなら、最寄りの小児科を受診してみること。

起立性調節障害を疑っても、すぐに専門外来にかからなくてもいいです。

小~中学生の子どもなら かかりつけの小児科に相談でOKです。高校生なら内科でいいでしょう。

起立性調節障害の治療で大切なこととは?

中学生の起立性調節障害

起立性調節障害と診断されれば、血圧を上げる薬などを処方されることもあります。もちろん、症状に応じた対応ですから、どんな治療や薬を使うのかは個人差はあります。

病院での治療と同時進行で大切なのは、積極的に生活のリズムを整えていくことです。

特に思春期の子どもには肉体面だけでなく精神的な自立を促していくことが必要ですから、生活のリズムを正していくことが基本の「き」になります。

すごく時間がかかることもありますが、焦ってはいけません。子どもとまっすぐに向かい合って 心身の成長を気長に待つというスタンスが大事です。

中学生の起立性調節障害

朝起きられない遅刻常習者で、午後から授業に出てくるのが毎度のことだったりする人は多いのです。

斎藤一人さんの本にもそんなことが書いてありました。一人さんも中学生のころ、朝起きられなくて 午後からのんびりと登校していたと。

一人さんが起立性調節障害だったかどうかは定かではないですが…起立性調節障害の子の多くは、一人さんのように午後には動けるようになるものなのです。

だから無理のない範囲で午後から学校に送り出すのは問題ないです。

起立性調節障害の立ち直りのきっかけは「危機感」の感知

中学生の起立性調節障害

起立性調節障害の子どもの立ち直りのきっかけで多いのは「留年しそうだ!」「このままだと受験がヤバい!」そんな事態に直面することです。

危機が目の前まで迫ってきていて、いよいよにっちもさっちもいかなくなったときに「これじゃヤバい!」と気づくことで、一気に病気から立ち直るケースが少なくないのです。

思春期世代の起立性調節障害は、かなりメンタル面での影響が強いのでしょう。

自律神経の乱れは不規則な生活や不摂生でも起こりますし、そういう後天的な原因が引き金となって、この病気の診断が下るケースが多いです。

体の不調が先天的なものや体質によるものでなければ、親が子どもをサポートするのは難しくないです…子どもの生活習慣を監視して指導すればいいのです。

また普段から「自分から動きださなければ何も始まらない・変わらない」をしっかり教えることも、起立性調節障害の予防になります。

思春期が過ぎるまでの子どもは、体と心のアンバランスを自分の力だけではどうにもできないケースが多いですから、親がしっかり子どもを見守って適切に対処することが大切です。

「すっきり起きる」メカニズムを利用して「朝が弱い」を治す方法

中学生の起立性調節障害

朝起きられないことが 必ずしも病気であるとは限りません。

内科的な治療を必要としないなら、親が子の生活をしっかり正していくことが、起立性調節障害回復への第一歩となります。

まず「朝がつらい」「起きられない」から一日が始まるわけですが…大半の人が朝は苦手ですよね。それは誰でも同じこと。

でも起きなければ1日が順調に始まらないし、甘えていたらいつまでたっても普通の生活には戻れません。

できるだけ「朝がつらい」をなくすためには

食事と生活リズムをしっかりと整えること。
なるべくすっきり起きられるような工夫をすること。

朝すっきり起きるための工夫…たとえば この光目覚まし時計

中学生の起立性調節障害

ぐっすり眠れる⇒すっきり起きられる…この人体のメカニズムには、光が大きく関与しています。

朝起きたばかりで体がグダグダでも、朝日を浴びることで頭と体が一気にシャキッとするのは、光を浴びることが自律神経を整えるのに効果があるから。

だから、自律神経失調症にも朝日を浴びることが有効なのです。

そういうメカニズムをうまく利用して、朝の目覚めをすっきりさせる効果があるといわれているのが、光目覚まし時計です。

14歳の娘のために購入 遠方の中学に通う朝が弱い娘のために購入しました。かなり強力な光なので、確実に目は覚めると思います。布団から出るにはまた別に意志の力を要しますが、とにかく一旦目は覚めるので、朝娘を起こすのが楽になりました。以前は目が覚めていない娘を起こすためにしつこく何度も声をかける必要がありましたが、この目覚ましのおかげで、声をかける前には目は覚めているようで、1~2度声をかけると起きだしてきます。何度も声をかけるのがストレスだったので、買ってよかったです。自分の寝室で使用している目覚まし付きのシーリングライトより、目覚まし効果は高いと思います。

14歳の息子のために購入 どんな爆音の目覚まし時計を使っても全く朝が起きれず…どうしたものかと悩んでいたところ、光で起きやすくなるという情報を見つけ、こちらを使ってみることに。これまで寝つきが悪かった就寝時も赤色のライトに包まれることで不思議と安らかに眠れるようになり、白い光を浴びて起こしてもらうことで、びっくりするくらい寝覚めがよくなりました。おすすめは真っ暗闇の部屋の中で、枕元にこちらの目覚ましを置いて使うと、本当に効果を感じます。時間設定など、スマホと連動できる点も便利ですね。

引用元:光目覚まし時計 トトノエライトプレーン

朝起きられない方・起立性調節障害の方におすすめ

光目覚まし時計 【トトノエライトプレーン】

ぐっすりできない、朝起きられない方へ、光を浴びて生活リズムをととのえる、光目覚まし時計 トトノエライトプレーンがおすすめです。
 
眠る、起きるをととのえて、日中のパフォーマンスを上げたい方
逆転してしまった、昼夜のリズムを戻したい方
睡眠リズムをととのえて、美もととのえたい方
起きられなくて学校へ遅れがちなお子さんでお悩みの方
お腹の赤ちゃんのために、生活リズムが大切な妊婦さん
 
睡眠リズム照明 トトノエライトは、赤は寝付き、白は目覚めをサポートする特殊な光で、毎日の睡眠を効率化してくれます。赤ちゃんの寝かしつけから大人まで、睡眠環境を整えます。