キラピピペレットの食いつきの評判を知ってセキセイインコにお試しした話

セキセイインコの飼い主さんの寄稿です

我が家のセキセイインコには元々ハリソン社のペレットを与えていたのですが、ハリソンペレットは値段が高くて購入できるルートも限られているため、私は比較的入手しやすいペレットを探していました。

そんなある日、通信販売でキラピピペレットを見かけたので、試しに購入してみたのです。

国産ペレットは数種類のサンプル品を与える程度にしか使ったことがなく、あまり食いつきが良いものに巡り会っていなかったことから、このときの私の興味・関心はキラピピペレットに対するセキセイインコの嗜好性でした。

キラピピペレット購入前に色々なサイトの口コミを参考にしましたが「美味しそうに食べる」インコが多い印象を受けたことから

うちのセキセイインコが気に入ってくれたら 完全にキラピピペレットに切り替えてもいいかな

そんな前向きな気持ちからキラピピペレット小粒を選んだのでした。

キラピピペレットの食いつきの評判を知ってセキセイインコに試した話

キラピピの評判

私のセキセイインコは、キラピピペレットをとても美味しそうにモリモリ食べてくれました。

最初は当時与えていたハリソンペレットにキラピピを混ぜて与えていましたが、うちの子はハリソンペレットよりもキラピピの方が味が好みだったようで、キラピピペレットばかりを寄り好みして食べている様子が見られました。

キラピピは他のペレットに比べてサクサクした軽い触感が特徴で、私のセキセイインコもそのサクサク感を楽しんでいるようで、キラピピペレットを混ぜることによって明らかにいつもに増して食欲がアップしました。

キラピピペレットを食べたらフンがゆるくなった…

キラピピの評判

ところがペレット切り替えで困った現象が起こりました。キラピピペレットを混ぜるとフンがゆるくなるのです。

うちの子の通常のフンは 布製のものにフンを落としても ティッシュで軽く触れるだけできれいに片付けることができる、しっかりと形のあるものだったのです。

それがキラピピペレットを混ぜてからのフンは水分を多く含んだ、べちゃっとした形状になりました。

フンがゆるくなる点は気がかりでしたが、嗜好性はハリソンペレットよりも断然良かったため

こんなに喜んで食べているのなら、キラピピペレットに切り替えてみようか

…と考え、数日後には思い切ってキラピピに完全移行したのです。

キラピピの評判

相変わらずキラピピペレットの食いつきは抜群に良くて、毎朝私が餌の用意を始めると、エサ入れの前でソワソワしながら待っている仕草も見られました。

ところがキラピピペレットに完全切り替えを行うと、ますますフンがゆるくなりました。

ハリソンペレットを与えていた時とは比べ物にならないほどにフンの形が崩れ、素人の私の目には「下痢」のように感じるほどでした。

インコがどんなに水分過多のフンをしていても、フンの形が崩れていなければ それは「下痢」ではありません。

心配になって動物病院で診ていただきましたが このゆるゆるなフンは下痢ではなく「ペレットを消化しきれていない状態」との診断でした。

キラピピはセキセイインコの食欲が増進するほどのお気に入りペレットだった

キラピピの評判

フンのゆるさはあったものの、それ以外にはこれといって体調の変化は見られませんでした。

うちのセキセイインコの食欲面については、キラピピペレットを与えることで今まで以上に食欲が増進し、夕方までに餌入れにあるペレットを完食してしまう日が多くありました。

つまり味は大のお気に入りだったことは間違いありません。

また、キラピピペレットは動物が喜びそうなおいしそうなにおいがします。

それはドッグフードに近い匂いで、フンにもそのにおいが反映されているように感じました。

ハリソンペレットを与えていた時は フンのにおいを気にしたことがありませんでしたが、キラピピペレットを与えるとフンからキラピピのにおいがしていました。

換羽期以外のキラピピペレット1袋の使用だけでは羽の色つやの変化はわからなかった

キラピピの評判

キラピピペレットには鳥が吸収しやすい有機亜鉛が含まれていて羽艶をサポートする働きがある点を売りにしている商品です。

結局、我が家のセキセイインコには300gを1袋使い切りましたが、特に目に見えて羽の色つやが向上するような変化は見られませんでした。

キラピピペレットに含まれる亜鉛やセレンは、換羽期にこそ威力を発揮するのではないかと思います。




キラピピペレットのにおいに対するセキセイインコの飼い主の感想

キラピピの評判

キラピピペレットは「今まで試したインコ用ペレットの中で嗜好性はいちばん良かった!」と言えるほど 食いつきが良い餌でした。

私のセキセイインコは毎朝キラピピペレットを心待ちにしていて、サクサクとした触感を楽しんで食べている様子だったので、それだけにフンのゆるさが本当に残念でした。

キラピピは国産ペレットであり、メーカーのHPにはとても詳しく商品説明が記載されていて、原料にまつわるQ&Aなども掲載されているため初心者にもとても分かりやすく、消費者側からすると安心して購入できるペレットだと感じます。

コスト的にも300gの袋が1000円前後で購入できるため、気軽に試せる点もとてもありがたく好印象でした。

ただ、私にとってはフンのゆるさの他に、どうしてもにおいが気になることがネックでした。

決して不快なにおいではありませんでしたが、ケージの横を通るだけでもキラピピペレット特有のにおいを感じるため、においに敏感な人は気になってしまうかもしれません。

【参考】富士通脱臭機をペットに使った口コミ!インコ臭がくさい対策におすすめ

特に朝にケージのカバーを外すとき、キラピピペレットのにおいをきつめに感じたことを覚えています。

とはいえ、嬉しそうにキラピピペレットを食べる愛鳥の姿は飼い主としては嬉しく、フンの状態さえ良ければ 間違いなく我が家のセキセイインコの定番ペレットになっていたと思います。




キラピピペレットはプロバイオティクスを配慮した嗜好性の高い国産ペレット

キラピピペレットには機能性善玉菌である「ひかり菌」が配合されていて、腸内環境やそのうの健康を保つ働きに貢献します。

また、羽毛成分の「ケラチン」の元となる良質なタンパク質が豊富に使われていることから、スムーズな換羽を促進させるほか、配合された有機亜鉛が美しい羽艶をサポートしてくれます。

我が家のセキセイインコは元々が胃弱体質なこともあって、キラピピペレットを体質に合わなかった可能性がありますが、お試ししてみたユーザーとしては、キラピピペレットの嗜好性には文句なしの100点満点をつけます。

コザクラインコ1匹。シードから移行しましたが、何種類か試してこちらだけ食べました。成分とかはよく分かりませんが、シードよりは栄養面もいいはず。

オカメインコをこちらのフードとお水のみで飼育しているのですが羽根が艶々になるのでとても良い商品だと思います。
引用元:キラピピ インコ 小粒

シードからの切り替えに食いつきの良い国産ペレットを探している方
愛鳥には国産のペレットしか与えたくない方
換羽期をスムーズに乗り切りたい方

こういう飼い主さんには、一度キラピピペレットを試してみる価値はあると思います。

子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。