福岡美容師バラバラ殺人事件(江田文子/城戸文子)

江田文子 城戸文子 福岡美容師バラバラ殺人事件

1994年(平成6年)3月3日、九州自動車道玉名パーキングエリアのゴミ集積場から、女性の左腕と左手首がみつかった。

続いて山川パーキングエリアから右腕が発見された。

3月4日には、JR熊本駅構内のコインロッカーから同一人物の胸部と腰の部分が見つかった。

福岡・熊本寮県警は合同捜査本部を設置し、捜査に乗り出した。

3月7日、この被害者は福岡市天神の美容室「びびっと」に勤めていた岩崎真由美さん(30歳)と判明した。
 
 
捜査本部は岩崎真由美さんの足取りを追うと同時に、身辺調査に乗り出した。

岩崎真由美さんは売れっ子美容師だったが、2月20日に天神の店をやめ、近く親しい店に移る予定だったことがわかった。

岩崎真由美さんの自宅マンション、天神の店、事務所がある博多区のマンションなどが家宅捜索された。

すると美容師の事務所があった博多区のマンションから、岩崎真由美さんとの同じB型の血痕が発見された。

>>大島てる

事務所が犯行場所だとすると、仕事関係者が犯人である可能性が高いと考えた捜査本部は、岩崎真由美さんの同僚の元美容室経理係、江田文子(38歳)をマークし始めた。

江田文子と岩崎真由美さんは以前から仲が悪かったが、犯行の引き金は岩崎さんの転職のトラブルかと思われた。

岩崎真由美さんは天神の店の顧客名簿から上客を選び、新しい店のサービス券を送ったりしていたからである。
 
 
2ヶ所のパーキングエリアから発見された両腕・左手首と、熊本駅の胴体は、いずれも3月2日から3日の午後までの間に捨てられたものと見られていた。

江田文子は福岡市内のレンタカー会社で3月2日から2日間、車を借りていた。

さらに熊本市近郊の植木インターチェンジを3月2日・3日の両日、出入りした車の通行券から、江田文子の指紋が検出された。

また、左手首を包んでいた企業広告紙は、江田文子の知人宅にも配布されていた。

捜査本部はこれらの資料をもとに、3月15日に、まず死体遺棄容疑で江田文子を逮捕した。

江田文子は犯行を否認し、自分も犯人から脅迫されていると訴えた。

その証拠として、脅迫状と岩崎真由美さんの腕時計、システム手帳を提出している。

脅迫状には「次はおまえの番だ。バラバラにされるぞ」などと書かれていて、これら3点は博多区の事務所のポストにあったと 江田文子は説明した。

しかし、捜査陣はそれを簡単には信用しない。

4月5日、江田文子は岩崎真由美さんの殺人容疑で再逮捕された。
 
 
スポンサーリンク



 
 
連日の厳しい取調べで、江田文子はやっと犯行を認めた。

江田文子の供述によると・・・

江田文子は天神の店に出入りしていた30代の男と親しくしていたが、最近、岩崎真由美さんと男との仲を疑うようになっていた。

興信所に調べさせたがはっきりせず、2月末、博多区の事務所に岩崎真由美さんを呼び出した。

詰問するうちにけんかになり、江田文子は包丁を持ち出し、もみ合ううちに岩崎真由美さんの首に包丁が刺さり、岩崎さんは死んだ、と。
 
 

このことにより、脅迫状が偽装であり、切断に猟奇的な意味はなく、身元を隠すため、非力な女性が持ち運ぶために行った可能性が高まった。

しかしながら、身長150センチ、体重50キロのきゃしゃな女性一人でこんな凶行に及べるのかという疑問は残り、その後も共犯者の噂は消えなかった。

検察は単独犯行と断定し、4月26日に殺人・死体遺棄・損壊の罪で江田文子を起訴した。
 
 
一審の審理は福岡地裁で月一回ペースで行われた。

1994年7月1日の初公判で、江田文子は岩崎真由美さんを殺害・解体したときの心情を述べている。

江田文子
殺人については無罪を主張し、死体損壊については有罪を認めます。

殺害は過失とし、正当防衛であったということから 江田文子は殺人については無罪を主張している。

弁護士
解体はあなたひとりで?
江田文子
はい。
 
頭の中も感情も真っ白になって、時計が刻む音だけが聞こえていました。

証言台に立つ江田文子に検察官が包丁が写ったポラロイド写真を見せると

江田文子
包丁の柄の部分が違います!

・・・と食ってかかるようなそぶりと気性の強さを見せたという。

岩崎真由美さんを殺害した凶器は未だに見つかっていないのだ。

江田文子はどの家庭にもあるような出刃包丁とのこぎりを解体に使っていたというが、凶器は車窓から外に捨てたという。

そして分けたパーツをスーツケースにいれ、殺害現場のマンションからタクシーを使って自宅に持ち帰り、夫のいないのをみはからって、山中や駅ロッカーに遺棄していた。

福岡地裁
殺意があったのは明らか。
 
残忍きわまる手口で被害者に対する冒とくの程度は極めて悪質。
 
虚偽の供述を繰り返すなど反省が見られない。

19958年8月25日、検察側の求刑・懲役17年に対し、福岡地裁は懲役16年の判決を言い渡した。

一審判決後に、本人がつづったとされる獄中手記の中では、江田文子はこう言っている。

私は、判決文に記載される“罪となるべき事実”の大半を否定します。
 
私は第一審について嘘をつきました。でも、それは私だけではありません。
 
この審理に関わった皆がそうでした。

※1994年5月10日、江田文子は夫と離婚し、旧姓の「城戸」に戻っているので、現在は「城戸文子(キドフミコ)」


via:告白―美容師バラバラ殺人事件

 
 
被告側は 一審判決を不服として控訴。

福岡高裁
被告の自供で 被害者の遺体の一部が発見されたという秘密の暴露があったことや、他の客観的証拠を総合すると、一審判決に事実誤認はない

1997年2月3日、福岡高裁が控訴を棄却。

これに対して被告側は上告。

最高裁
被告側の主張は法令違反や事実誤認をいうもので、上告理由となる憲法違反や判例違反に当たらない。

1999年9月3日、最高裁は1・2審を支持し、上告を棄却。

江田文子被告の懲役16年が確定した。
 
 
スポンサーリンク


 



江田文子 城戸文子 福岡美容師バラバラ殺人事件