警察庁が5件の懸賞金延長を決定!改めて情報提供を呼びかけ

警察庁懸賞金延長
 
警察庁は、東京都世田谷区で2000年12月末、宮沢みきおさんら一家4人が殺害された強盗殺人事件など5つの事件について、解決に結び付く有力情報に公費で懸賞金を支払う期間を2018年12月まで1年間延長することを決め、改めて情報提供を呼び掛けています。

上限額は各300万円。

懸賞金は社会的反響が大きい特異な事件が対象となります。

世田谷一家4人殺害事件の延長は10回目となり、これとは別に、地元の民間団体も上限1700万円の懸賞金を設けています。

世田谷一家四人殺害事件【上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件 】

他に延長するのは、2007年1月の京都市、大学1年の千葉大作さん殺害事件。

京都精華大学生通り魔殺人事件 (左京区岩倉幡枝町 大学生殺人事件)


 
 
2008年5月の愛知県豊田市、高校1年の清水愛美さん殺害事件。

豊田市生駒町 女子高生殺害事件 (清水愛美さん強盗殺人事件)


 
 
2010年10月の神戸市、高校2年の堤将太さん殺害事件。

神戸男子高校生刺殺事件 (堤将太さん殺人事件)


 
 
2010年11月の石川県加賀市、コンビニ店長の山崎外茂治さん殺害事件。

石川県加賀市コンビニ強盗殺害事件(ローソン加賀桑原町店における強盗殺人事件)