川俣智美 殺害遺棄事件 (筑波大学女子学生殺人事件:1999年)

筑波大学女子学生殺人事件 川俣智美

筑波大学女子大生殺人事件

1999年5月3日午前8時40分頃、茨城県つくば市高田の山林で、筑波大学・第三学群工学基礎学類・1年の川俣智美さん(当時19歳)の遺体が発見された。
 

 
現場は土浦学園線とエキスポ通りが交差する地点から1キロほど離れたシナ竹林。

あまりひと気がない寂しいところである。

近隣住人
普段は地元の人間くらいしか来ない場所。
こんなところで事件が起きるとは思わなかった。

市道から約10メートルはなれた場所で、川俣智美さんは仰向けで倒れていた。
 
首には絞められたような痕があり、司法解剖の結果、死因は窒息死とわかった。

遺体は死後2週間以上経っていると見られ、頭部の一部が白骨化していた。

川俣智美さんは靴下にパンティだけの姿で、首にブラジャーが巻きつけられていたが、現場付近で靴や服などは見つかっていない。

川俣智美さんの希望に満ちた大学生活がわずか3日で終わってしまった。
 
 
スポンサーリンク



 
 

「イタリア人と食事に行く」

川俣智美さんは神奈川県藤沢市出身で、音楽講師の父と学校教諭の母との間に生まれた一人娘。

湘南高校を卒業後、一浪して筑波大学に入学し、4月6日(入学式前日)に学生宿舎に入寮していた。

4月10日午後5時25分ごろ、同級生の女子学生が川俣智美さんを電話でコンパに誘ったが、先約があると断っていた。

川俣智美
イタリア人の友人と食事に行くから、コンパにはいけない。

同級生にそう言い残してから、川俣智美さんが筑波大学の学生宿舎を出たのは、4月10日の5時半頃だ。

それから30分後、長身の外国人の男と一緒に歩いているのを目撃されたのを最後に、川俣智美さんの行方はわからなくなった。
 
 

事件解決の鍵を握る外国人の存在

行方がわからなくなる3日前に、川俣智美さんは友人にイタリア人に話しかけられたと話していた。

最後に目撃されたのも外国人の男と一緒に歩いているところだ。

警察はその外国人男性が何らかの事情を知っているとみて捜査を開始した。

4月10日夕方に川俣智美さんと一緒に歩いていたところを目撃されたのは身長185センチほどの白人で、モンタージュが作成された。

さらに筑波大学のイタリア人留学生を全員調べたが、該当するものはいなかった。

この当時、筑波大学の周辺では、女子学生が外国人から声をかけられるケースが10件ほどあり、犯人は留学生を自称する付近に住む外国人の可能性も考えられた。

もし犯人が外国人であるならば、留学生である可能性は低くなる。

なぜなら、川俣智美さんの遺体が発見された現場は、川俣さんが最後に目撃された現場から車で30分ほどかかる場所であり、この地に長く暮らしている住人でない限り、たどり着くのは困難だと思われるからだ。

当時、つくば市内には正規に登録された外国人だけでも5580人いた。

そこには不法滞在者は含まれていないので、全ての外国人を調べ上げることは困難であり、捜査は行き詰った。
 
 
この白人男性は川俣智美さんが入寮した4月6日から9日にかけて、宿舎周辺で川俣さんと一緒にいるところを 複数の学生に目撃されているという。

「イタリア人」と言われても、日本人に欧米人の国を見分けるのは難しく、犯人は身分を偽った「自称イタリア人」の可能性もある。

智美さんの学生宿舎の部屋も調べられたが、荒らされた形跡はなく、ドアには鍵も掛かっており、不審な点はなかった。

死体遺棄現場は地元の人くらいしか足を踏み入れないような辺鄙な場所・・・そんなところに土地勘のない外国人が車で行くだろうか!?

やはり犯人は土地勘のある外国人であるような気がしてならない。
 
 
スポンサーリンク


 



黒沼由理 川崎市 殺人