顔のない魚の動画と画像!新種の深海魚?オーストラリア東部沖で見つかる!

 


 

オーストラリア東部沖の深海で「顔のない魚」が水揚げされました。

ぬめっとしていて・・・奇妙でグロテスク!

見方によっては ちょっとかわいくも見えるけども^^;
 

顔のない魚 顔のない魚 顔のない魚

via:AFP

調査船「インベスティゲーター(Investigator)」号による研究航海で、この魚は見つかりました。

5月15日から1か月ほど 水深4000メートルのオーストラリア東部沖で 深海生物の調査を行っていますが、その際に上がった魚に顔がなかったというのです。

名前が出てこないところを見ると、これもやはり新種なのか?

これまでの「顔のない魚」の発見はただ一度だけ。1837年のこと。

パプアニューギニア沖で1度だけ確認されているので、発見は今回が二回目。

この魚には目や鼻(鼻孔)がなく、口は体の下に付いているため、顔がないように見えるんですね。

魚の頭部に2か所の点があることから、この部分が鼻孔なのでは?と考えられています。

口と鼻らしき点がだいぶかけ離れたところにあることからしても、かなりグロテスク感がありますねえ^^;

でも、実物が見てみたいなあ。ぬめっとしたゼラチン質の魚らしいです。

深海魚はその名の通り「深海」に住んでいますから、光が届かない海底にいる生物は目が退化してしまうものもいるといいますが、これもその一種かもしれませんね。

深海魚だと発光するものもいますし、人の手が届かないだけに謎が多く本当に神秘的です。
 
 
スポンサーリンク


[via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼      



メガマウス 深海魚