加茂水族館のクラゲドリームシアター!クラゲアイスやラーメンも!マツコの知らない水族館の世界 その2

加茂水族館 クラゲ

全ての水族館をまわり続ける男、水族館プロデューサー中村元(はじめ)さん(61歳)が、マツコの知らない世界に登場。

今回は【日本全ての水族館を巡った中村さん厳選!水塊が美しすぎる水族館 その2】加茂水族館(山形県)の紹介です。
 

クラゲに特化した水族館・・・加茂水族館(山形県鶴岡市)

 


 
自分が浮いているかのような浮遊感を味わえる水塊を楽しめるのが加茂水族館(山形県鶴岡市)

加茂水族館は水塊が美しすぎる水族館です。

水塊とは?

加茂水族館は1950年代に建てられ、2014年にリニューアルオープンした水族館で、廃業の危機から ある生物のおかけで復活した水族館としても有名です。

その生物とは クラゲ

50種類3万匹以上のクラゲの展示はギネスにも世界記録として登録されています。

シンカイウリクラゲ

  


  

キタカブトクラゲ

  


  
 

クラゲドリームシアターは「この水槽だけを見に行く価値がある!」

 


 
加茂水族館での中村さんのお勧めは 自分が浮いているかのような浮遊感を味わえる水塊。

直径5メートルの世界最大のクラゲ水槽 クラゲドリームシアター

中村
この水槽に最もお金がかかってるのですが、はっきり言って、この水槽だけを見に行く価値があるんです。

これはクラゲを見に行っているわけでもなく、美しさを見に行っているわけでもなく。

クラゲの浮遊感を通して、水の存在感が感じられるんです。

 
 
スポンサーリンク



 
 

クラゲを食べる会。クラゲアイスやクラゲラーメンを堪能!


  
クラゲに特化したことで、来場者が年間9万人から70万人が訪れる水族館に生まれ変わった加茂水族館。
 

中村
もうひとつおもしろいのが、クラゲを見せるだけでは回復はしなかったことです。

当時の館長が「クラゲを食べる会」を作って、クラゲアイスとかクラゲラーメンを出すようになった。

それがニュースになって、でお客さんが来始めたんですよ。

 


 

加茂水族館の料金とアクセス

■加茂水族館の入館料は 大人1000円 小・中学生500円です。


 
 
スポンサーリンク



 
 

マツコの知らない「水族館」の世界  2017.5.30